• DIY

オシャレ砂利5選!DIYで雑草対策!ナチュラルガーデンの庭づくり

オシャレな砂利5選の画像

オシャレ砂利5選!DIYで雑草対策!ナチュラルガーデンの庭づくり


 

私が以前から気になっていたことがあります

それは皆さんにとって”お庭がやっかいなモノ”になっていることでした

 

”やっかい”とは?

めんどくさい、手に負えない、イヤな、どうしようもない、困った

など、どれも後ろ向きな言葉が並んでしまいます

 

今の時代のお庭の”あり方”について考えるキッカケでもありました

 

そこで私たちは今の時代にマッチした

お庭づくりの考え方を問い直しました

ただ自然がいっぱいなだけのお庭でいいのか?

 

たどり着いたひとつの答えがコチラ

DIYでオススメ!ナチュラルガーデンの庭づくり!2つのポイント

 

そしてもうひとつが今回のテーマ!

『砂利でオシャレに雑草対策!ナチュラルガーデンの庭づくりのコツ!』

たかが砂利であっても自然素材なのです!

 

目次


簡単に出来る!砂利敷きのやり方!防草シートと砂利

砂利、防草シートの敷き方

      1. 地面を整える
      2. 防草シートを敷く
      3. 防草シートを重ねる
      4. ピンで留める

砂利

オススメ砂利5選!

まとめ

次の特集記事は!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■簡単に出来る!砂利敷きのやり方!防草シートと砂利


砂利をお庭に敷けば、雑草が生えてこないって思いがちですが

実はそれだけでは雑草だらけになってしまいます!

砂利の他に”防草シート”というアイテムが必要なのです

 

シートって名前なのでペラペラの紙みたいなモノなのですが

それだけで全く違う効果が得られるのです!

 

今回は”雑草対策”というマイナス方向の言葉を超えて

どうせなら砂利でお庭をオシャレにしてしまおう!

前向きなワードでお庭づくりを楽しみましょう!

 

 

 

 

 

 


■砂利、防草シートの敷き方


ではDIYでも簡単に出来る

砂利と防草シートの敷き方、そしてコツ、ポイントをご紹介します!

 

DIYでは急ぐことはありません!

ゆっくり確実につくることで、後悔のないお庭づくりが出来ます!

 

今回は私たちが世田谷区の個人邸で実践した

砂利敷きを参考にしてご紹介します!

〈詳しくは⇒雑草対策!子供のため!安いオシャレな砂利|世田谷区の庭づくり!

 

 

 

 

 

 

 

1.地面を整える


 

何と言ってもまずは地面を綺麗にしましょう!

雑草を除去して、出来れば根っこから取りましょう

日陰で手付かずのドクダミで覆いつくされた細長いお庭

こちらの場合、最高に繁殖力が強い”ドクダミ”でした!

出来れば手で取ってほしいですけども、なかなか大変です

 

場合によっては除草剤を使ってもイイですが

じつはドクダミは除草剤だけでは死滅しないことが多いです!

 

ドクダミの根っこってどれだけ深く地面に張っているか

ご存知でしょうか?

 

ドクダミでいっぱいだった世田谷のお庭の除草を行った綺麗なお庭

私たちは実際に掘ってドクダミの根っこを除去しました

一般的には20センチから30センチの根っこを除去するよう言われていますが

実際は40センチ下にもドクダミの根っこが存在します

 

そしてドクダミの根っこが残っていると

また成長してきて地面から発芽してくるチカラがあるのです!

凄まじい生命力なのです!

 

除去が終わったら場合にもよりますが

地面を平にして踏み固めておきましょう!

 

 

 

 

 

 

2.防草シートを敷く


 

今ではいろんな種類の防草シートがありますが

大きく分けると”ビニール製”と”紙”です

 

これはビニール製で昔から存在するものです

農地とか空地に使われてきました

ただあまりオススメできません!

厚みも薄く、破れやすい、砂利を敷くと重さで傷みやすいこともあります

 

ただ安いです、1メートル幅で50メートルの長さ

¥4,580円(税込み、送料込み)

 

 

 

 

 

 

オススメは紙っぽい素材のこちら!

幅1メートル、長さ10メートルが2本で20メートル分

¥3,350円(税込み、送料込み)

 

砂利の重さにも耐えられますし

しっかりした素材で作られています!

 

防草シートを後から交換するのは

砂利をどかしたり、とても大変な作業です!

はじめから防草シートは良いモノを選ぶようにしましょう!

 

 

 

そして防草シートを敷くときに、大切な注意点があります!

 

まずは壁際の防草シートの処理ですが

最低でも1センチ壁に這わすようにしてください!

防草シートの敷き方

防草シートの素材はいろいろですが、紙製は折り曲げ線がつけられます

壁と地面の境目で折り目をつけ

壁に沿わせて防草シートを立てるようにするのです

 

最低1センチ!

 

もしその場所が人目につかないとか、家の裏庭だとしたら

見た目より、雑草が生えないことが重要だとすると

4センチぐらい立ち上げてもOKです!

 

 ポイント!

防草シートの壁際は1センチから4センチ立ち上げる!

 

砂利を敷くための防草シートの敷き方

防草シートを立ち上げる理由!

砂利がシートの下に入らないようにするためです

 

もうひとつは、シートの隙間から地面に太陽光が届くのを防ぐためです

日光は植物が育つ、とても大切な最低条件です

防草シートに隙間があるとそこから雑草は育っていくのです!

 

 

 

 

 

 

3.防草シートを重ねる


 

防草シートの幅はよく見かけるのは1メートルです

1メートルから長くて2メートル幅で販売していることが多いです!

 

つまりそれ以上の幅のお庭に敷くときは

防草シートを並べることになるのです

(逆に防草シートが長い場合はハサミやカッターで切って使ってください)

 

正確には”並べる”のではなくて”重ねる”!

これは守ってください!

防草シートの敷き方

 ポイント!

防草シートは最低10センチ重ねて敷く

 

砂利を敷くときの防草シートの敷き方

防草シート同士の隙間からやっぱり砂利が入りやすいです

また人通りが多いと地面が動いて、防草シートが動いて表面に出てきます

10センチほど余裕があれば、すぐには隙間ができませんし日光が地面にとどく確率も下げられます!

 

 

 

 

 

 

4.ピンで留める


 

最後に防草シートをピンで地面に固定します!

これはネット販売されている”U字ピン”です

20センチの長さで鉄製です!

200本で¥4,600円(税込み、送料別)

 

200本っていうと多いと思われるかもしれませんが

ピンは結構使います!

 

これは鉄製ですがプラスティック製もあります!

 

100本で¥1,958円(税込み、送料込み)

ちょっと鉄製を比べて太さがあるので、差し込みにくいのですが

値段と安全性を考えたらいいかもしれません!

 

 

 

しかも地中には水道管、ガス管などが埋まっている可能性があります

鉄製のピンはそれらを突き破ってしまう可能性が高まりますので

オススメはプラスティック製のピンです!

 

防草シートのピンの位置とスパン

〈画像の詳細⇒こんな仕事も!世田谷区成城の一戸建て建築前、防草シート設置だけ!

 

ピンの打つ位置とスパンですが

  • 防草シートの端っこ、重ねたところは50センチあけて打つ!
  • 防草シートの真ん中は1メートルづつ!

 

この上に砂利を敷くので風に飛ばされることもありません

防草シートの端っこ、重ねたところはしっかりピンを打ちましょう!

砂利が防草シートの下に入り込むのを防ぎます!

 

 

 

 

 

 

ゴムハンマーみたいなもので打つと楽です!

私が使っているものと同じものが

楽天で販売されていましたのでご紹介します

ショックレスハンマー ¥1,220円(税込み、送料込み)

 

ひとつあればDIYに役に立ちます!

レンガとか傷つけたくないモノを叩くときに必須ですよ!

 

 

 

 

 

 

防草シートが敷けたら次は砂利です!

砂利は防草シートの上にばらまくだけなので

お好きなモノを選びましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■砂利


 

砂利は石が細かくなったものです

自然のチカラで細かくなったものから

人工的に石を砕いて細かくしたものまであります

 

明るい色合いが子供ウケする砂利

〈画像の詳しいお庭⇒雑草対策!子供のため!安いオシャレな砂利|世田谷区の庭づくり!

 

どんな石の種類かは気にすることはありません!

ただ、自分のお庭をどうしたいのか?考えた方がいいです

 

輸入砂利でオシャレな庭づくり

〈画像の詳しいお庭⇒10年、20年未来へ、小鳥が舞う自然が潤うナチュラルガーデン!目黒区

 

それはガーデンデザイン的なモノじゃなくても

お庭を明るくしたいのか?シックにしたいのか?防犯もしたいのか?

ご希望に合った砂利があるのです!

 

砂利を敷くときのポイントはひとつ!

 

 ポイント!

  • 砂利の厚みは最低4センチ!

 

これは地面に太陽光が届かなくなる距離なのです

いくら防草シートが敷いてあると言えど、砂利の厚みは必要です!

 

それは雑草の種が飛んできたとき

雨などで砂利の下、防草シートの上に落ちます

雑草は土が無くても発芽、成長する強いモノもあります

 

その場合、より砂利の厚みがあった方が日光が届かないので

発芽する確率が下がります!雑草対策になるのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■オススメの砂利5選!


 

今の住宅にマッチしたオシャレな素材のご紹介です!

最近私たちがオススメしている砂利はコチラ!

 

10キロが3袋で¥3,300円(税込み、送料無料)

このお店では4センチの厚みで砂利を敷くように言っていますから

1平米(1メートル×1メートルの場所)に6袋必要です!

 

これはお庭を明るくしてくれて

色とりどりの砂利が子供の興味を引きます!

子供たちがお庭で安全に遊んでくれたら嬉しいですね!

 

 

 

 

 

 

次は一色だけの砂利です

ローズ色、ピンクに近い色合いです!

茶系のお庭や住宅でしたら、同系色なので統一感があります!

10キロ×3袋で¥3,600円(税込み、送料込み)

1平米に6袋は欲しいです

 

 

 

 

 

 

先ほどのシリーズです、今度はイエロー!

10キロ×3袋 ¥3,030(税込み、送料込み)

これも1平米に6袋欲しいです!

 

落ち着いた色合いですので、本当に使いやすいです

お庭をシックで落ち着いた雰囲気にしたい場合はコレでしょう!

 

 

 

 

 

 

和風な雰囲気をもった砂利です!

10キロ×3袋、¥2,670円(税込み、送料込み)

砂利を目立たせたくない場合、盆栽や樹木の根元など

和庭園にはすごくマッチする良い砂利です!

 

 

 

 

 

 

白い砂利は昔から人気があります!

一番お庭を明るくしてくれます

30キロ×1袋 ¥3,480円(税込み、送料無料)

1平米80キロぐらい必要とのことです!

 

 

 

 

 

他にもオシャレな砂利はいっぱいあるのですが

なかなかネット販売されていないようです!

輸入砂利もあって世界の砂利で楽しい庭づくりができます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■まとめ


砂利敷きはとても簡単です!

DIYでもチャレンジしやすいです庭づくりです

 

 ポイント!

  • 防草シートは端っこを1~4センチたてる
  • 防草シート同士は10センチ以上重ねる
  • ピンでできるだけたくさん打つ
  • 砂利は最低4センチ厚

 

たったこれだけでお庭を雑草対策が出来るのです!

除草と防草シートをキッチリ施工することをオススメしています!

それが今回の基礎になり、一番大切な工程です!

 

あとでやり直すのは大変ですからね!

DIYはケガに気を付けてゆっくりやりましょう!

一番大切なのは、楽しさと出来た時の達成感です!

 

また雑草を根っこから取ったり

砂利を搬入するのは大変なこともあります

 

弊社では無料でご相談を伺っています

お気軽にお問い合わせください!

相談してみる!

 

 

 

 

 

 


■次の特集記事は!


 

■簡単DIY!ナチュラルガーデンの庭づくり!石とレンガと枕木の道

■生産農家が語る!ナチュラルガーデンの芝生4種類と手入れとは?

■DIYでオススメ!ナチュラルガーデンの庭づくり!2つのポイント

 

 

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 世田谷区の個人邸のシェードガーデンの植栽工事
  2. 自由が丘で有名園芸店
  3. 造園会社ぐりんぐりんのコロナウィルスの対応について
  4. イギリス式の石積み
  5. これからが楽しみなおしゃれ観葉植物の仕立て
  6. 杉の板の上にワイヤープランツの丸い葉っぱ

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. ナチュラルガーデンの枕木のオススメ種類と使い方4選
  2. レンガ、石、枕木の道をDIYで作るサイト画像
  3. 庭づくりをどの業者に頼むのか?その見分け方のポイントはたった1つ
  4. 造園会社ぐりんぐりんのsns案内
  5. ウッドデッキのステップのDIYで簡単に作り方の画像

プロジェクト一覧

  1. 杉並区で施工したナチュラルガーデンのアンティークレンガの花壇と木製ベンチ
  2. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  3. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  4. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  5. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  6. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  7. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  8. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  9. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事

最近の記事

  1. 武蔵野市で施工した日よけパーゴラを3日間でつくる説明
  2. 感じの良い多肉植物の仕立て
  3. 無肥料プランター家庭菜園のトマトの発芽
  4. 造園会社ぐりんぐりんのコロナウィルスの対応について
  5. 人気がないオシャレなゴムの木
  6. ナチュラルガーデンの庭づくりにある家庭用温室
  7. 池坊目黒教室の花材のひまわり

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP