【動画】枕木、植栽、レンガ花壇|夏のメンテと植栽|世田谷ガーデン

世田谷ガーデンの夏のメンテナンスと植栽

2020年は長梅雨と猛暑になっています
地域では気温40度を超えて
植物たちも、暑さに痛んでいることも!

とても厳しい季節ですが
今年2020年に施工した”世田谷ガーデン”は
敷地内の大きな樹木によって木陰が出来ていました!

早春2月に私たちが施工したナチュラルガーデン
初めての夏を迎えて、剪定管理にうかがっています
広めのお庭なので場所によって環境が違うのが特徴です

             

早春の世田谷ガーデン

世田谷区のナチュラルガーデンの庭づくりで植栽した色んなグランドカバー

今年2020年早春に作庭したときはこんな様子
ひとつひとつが小さく、すき間だらけでした
これからの成長を期待して植栽しました

どのお庭でも、はじめは隙間がある植栽になります
植物の成長を見越して植え込みをしてるからです
季節の移り変わりと共に、植物は成長し、すき間が埋まります

             

世田谷ガーデンの今

2020年の早春に完工した自然素材の庭づくりを行った世田谷ガーデン

2020年の夏の様子です
植物が順調に育ってくれている様子
地面のセダムが育って、枕木のステップが埋まっています!

一部、環境に合わなかったのか
枯れてしまった植物もありました
それを埋めるように、他の植物が成長してくれたようです!

世田谷ガーデンの南側の夏の様子

こちら側は南向き、午後遅くまで日が当たるようです
植物はどうしても太陽に向かって成長しますので
住宅の方から見ると植物の裏側になってしまいます

出来るだけ一本の樹木の北側の成長を残して
太陽側(南側)を剪定、整理します
そうして全体のバランスを取っていきます!

夏の世田谷ガーデンの日陰の場所の樹木の様子

こちら側は”日陰”の場所
耐陰性がある樹木を選んで植栽していますが
やっぱり成長はゆっくりですね!

それに輪をかけて、柵より外の生垣についている害虫が
こちらの樹木まで侵入しているようで
かなり葉っぱを食べられる被害に!

今回は虫食いの葉っぱを剪定して
予定以上に隙間が出来てしまいました
どうにもならない事故ですね、残念です

目隠しのための樹木たちなのですが
害虫処理をしてもらって
今後どうなるか見守ります

2020年の早春に設置した目隠しのプランター植栽

こちらも目隠しのためのプランター植栽です
水が少なかったみたいで
下草類が無くなっていました

しかし目隠し効果はまだありますので
今回は植栽を少し行って
水やりを多めにしていただく方向で!

              

メンテナンス後の世田谷ガーデン

剪定管理はいつも同じ職人さんやガーデナーさんが担当
出来るだけそうなるようにしております!
今回は剪定の職人さんと3人のガーデナーさんで行っています

ガーデナーさんの特徴と強さは
植物の知識に飛びぬけている事と
仕事が好きでやってる方々が多いのです

植物のメンテナンスのかけては
スペシャリストが多いと思って良いです
今回の剪定は弊社代表の横田が担当してます

夏の剪定管理を行った世田谷ガーデンの様子

地面のセダムは刈込みを行って
枕木が見えるようになりました
それでもセダムのマットみたいな感じはキープ出来ていますね!

低木などはお互いに干渉しない程度に剪定
まだ成長してもらって
フワフワな感じを出したいですね

夏の世田谷ガーデンの花壇植栽メンテナンス

アンティークレンガの花壇は2つに分かれていて
左側は成長真っ盛りなので、そのままに!

花壇の作り方⇒初心者でもアンティークレンガで簡単DIY!おしゃれ花壇を作る!

右の花壇に関しては
傷んでいる植物もあるので、植物の整理整頓!
その上で”夏の植栽”を行いました

夏は園芸店に行っても植物が少ないと思います
季節やタイミングでどうしようもないですね
皆さんは初夏や秋に探された方が良さそうです!

コレから花を咲かせていく植物たち
クランベリーの実が楽しめるのもイイです!

アンティークレンガの花壇の夏の植栽

花が少ない時期には
カラーリーフや枝、葉っぱが面白い植物で
花壇に動きを出すのも効果的です!

夏の剪定管理を行った世田谷ガーデンの日陰の樹木

柵の外の生垣の害虫が
日陰の樹木たちの葉っぱを食べてしまっているので
致し方なく傷んだ葉っぱは剪定しました

当然日陰の植物は育ちがゆっくりです
こちら側は目隠しの意味合いもあるので
あまり剪定したくなかったのですが

対処として薬を撒いてもらいましたが
どこまで効果があるのか、環境的に難しいですね
モクセイ科の樹木の生垣はどうしても虫が問題になります

世田谷ガーデンの日向の場所へ続くセダムの小道

”簡易式水受けパン”も変わらず良さそうですね!
うまく環境になじんでいます
詳細⇒砂利と材木でガーデンパンを簡単DIY!4つのステップ!簡易式水受け

リールホースもオススメの”ロイヤルガーデナーズクラブ”の物です
シャワーヘッドの部分もしっかりと作られていますので
長く使えてとても良い商品です
詳細⇒【オススメ】No.1ホースリール、ロイヤルガーデナーズクラブの傑作!

コレらはお庭では必需品はないのですが
ガーデンライフを豊かにしてくれます!
少しでもお庭を楽しくしてくれるアイテムなのです!

             

まとめ

世田谷ガーデンの夏のメンテナンスの施工前と施工後

自分たちで作ったお庭をメンテナンス出来ることは
とても光栄なことです!
メンテナンスはより良いお庭にするための作業です

植物が予想通り成長してくれたら嬉しい!
予想外に育っても素晴らしい!
お庭は”管理”こそ、本当のお庭づくりと言えます

こういったメンテナンスを通じて
どんなお庭に発展していくのか
観察してみましょう!

作ったら終わりじゃなく、始まりなんだということです
植物とお庭は成長を続け、変化していきます
その育っていく様子を楽しんでみましょう!

造園会社ぐりんぐりんへのお問合せアイコン

お庭づくりとメンテナンスのご相談はコチラから!
どんなことも結構です
私たちとお庭を育ててみましょう!

造園会社ぐりんぐりんのLINE公式アカウントのサムネイル

私たちのLINE公式アカウントもあります
お友達登録してもらってご相談してください!
簡単ですのでオススメです

          

               

オススメ記事

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. オーストラリアの植物で江東区の企業さんの植栽工事
  2. 第7回目を迎えた世田谷区のアパートの花壇植栽メンテナンスのサムネイル
  3. 完成した千葉県のアルミ支柱と樹脂フェンス
  4. イギリスのコッツウォルズ地方のハニーストーンの直線的な花壇
  5. 庭園を彩る木製の動物の飾り物
  6. ベロニカ好きのフェンス裏の植栽工事

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. エアコン室外機カバーの作り方を説明する画像ボタン
  2. ナチュラルガーデンの花壇を何でつくる?オススメ素材画像
  3. タイルと自然石の比較とオススメの紹介
  4. 岡本よりたかさんが教える無肥料プランター家庭菜園
  5. 武蔵野市で施工した日よけパーゴラを3日間でつくる説明

プロジェクト一覧

  1. 夏の剪定管理を行った世田谷ガーデンの様子
  2. 杉並区で施工したナチュラルガーデンのアンティークレンガの花壇と木製ベンチ
  3. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  4. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  5. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  6. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  7. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  8. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  9. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム

最近の記事

  1. 目黒区個人邸の植栽工事
  2. 横浜市の個人邸の植栽工事
  3. 杉並区で施工した小さな花壇のシンボルツリーと植栽工事
  4. 池坊で初チャレンジの交ぜ生け
  5. 杉並区で行った雑草除去からの植栽お庭づくり
  6. オシャレな砂利5選の画像
  7. 横浜市で施工した芝生TM9の害虫被害発生

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP