fbpx
  • TOP

レンガでナチュラルガーデンの庭づくり!|オシャレな使い方 7選!

造園会社ぐりんぐりんがオススメするレンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選!の画像

 

皆さんが良くご存じのイングリッシュガーデンに代表されるように

今の庭づくりに”レンガ”はとても大きい存在です。

 

正直なところ日本庭園以外では、必ずと言っていいほど使われています。

 

それは当然なことなのかもしれません。

レンガの歴史は古く紀元前6000年のメソポタミア文明からだと言われています。

それから全世界に伝わっていったのです。

 

 

私たちが購入できるいろんなレンガ

そんな”レンガ”ですが、皆さんが想像するド定番のモノや

見ただけでは区別がつかないモノなど、種類は多いです。

 

しかし、それを全部ご説明するより

知っておいた方がいい、3つのことをご説明します!

 

 


1:赤レンガ、焼過レンガ(あかレンガ、やきすぎレンガ)

一般的に皆さんが想像する通りのレンガです。

粘土を型取りして焼き上げたモノで

粘土の中の鉄分で赤くなります。

 

とても一般的な赤レンガのひとつ

建築にも使われるとても耐久性がある強固なレンガです。

世界中の建築で使われています。一軒家や倉庫、東京駅など!

通常一個200円~300円ぐらいで販売されています。

生まれ変わった赤レンガの東京駅

 

これが経年劣化すると、本当に素晴らしい味わいが生まれるのです。

自然素材から作られた材料のすばらしさは”味”にある言ってもイイです!

 

立て替え前の東京駅のオリジナル赤レンガ

これは立て替えられる前の東京駅のオリジナル赤レンガです。

 

一部が欠けたとしてもそれが味に!

汚れやくすみは馴染みとして!

これは人工素材では成しえない、自然素材の特徴なのです!

 

似たような赤いレンガで焼いてない、安価なモノもありますので

使用する状況で使い分けてください。

そういうモノは一個100円以下の場合もあります。

 

2:耐火レンガ(たいかレンガ)

他のレンガと同じように粘土が材料ですが

耐火物質として耐火マグネシウムなどを混ぜて焼き上げています。

 

耐火性があり、火であぶっても熱をもつのは表面だけです。

裏側はまったく熱くなりません。

 

一般的によく見かける耐火レンガ

良く使われるのがバーナーで作業する作業台

BBQを行うコンロ台、ピザ窯など良く使われます。

一番ノーマルな物で一個250円ぐらいでしょうか。

 

炭入が無事に終了した釜

 よく見かけるピザ窯などは半球になっていることが多いです

これは熱効率を上げるためにそうなっているのですが

そのため耐火レンガは色んな形状のレンガがあります。

 

またピザ窯の中の下はピザを置いたりするので

耐火レンガのサイズがとても大きなモノもあります。

 

ですので耐火レンガで庭づくりする場合には

赤レンガなどの普通のと比べて”遊び”がしやすいです。

 

歩道の舗装として使われるアンティークの耐火レンガ

  

また色合いが白っぽく、アンティーク状態だと良い雰囲気を演出できます。

角がとれてまろやかさがありますし、耐久性、厚み、表面の味

すべてにおいて新品より魅力が増しています!

 

庭づくりに活躍すること間違いなしです!

 

3:不熱成レンガ、乾燥レンガ(ふねつせいレンガ、かんそうレンガ)

不熱成とは”熱で出来ていない”ってことです。

薬剤などで結合、くっつけている状態。

 

乾燥レンガはそのまま、粘土を型取って乾燥させただけ。

 

型をとって乾燥させただけのレンガの一種

赤レンガとかと何が違うかと言えば、耐久性が弱いのです。

人が歩く程度なら問題ありませんので、庭づくりには活用できます。

 

ただ車が乗るような場所などでの使用は難しいと思います。

また結露に弱く、冬場に霜がおりるような地域では割れてしまうこともあります。

 

レンガといってもいろんな用途にあったレンガの種類がある

ただ安いんです!赤レンガと比べて半値ぐらいで購入できます。

いろんなモノがありますが一個100円以下のものもあります。

条件にあうなら庭づくりの強い味方ですね!

 


 

 

 

では本題ですが、庭づくりにおいてレンガが使えるのは

一体どんな場所や役割でしょうか?

 

正直言いまして”レンガは何にでも使えるのです!”

 

いろんな用途で使われているレンガ施工の一例

その中でもナチュラルガーデンに良く合う

レンガを使ったオシャレな庭づくりに適した

その活用方法を10選!ご紹介します。

 

 


 

1:花壇

 

千葉県袖ケ浦市でぐりんぐりん/grengrenが施工したレンガの花壇
千葉県袖ケ浦市のナチュラルガーデン

花壇と言えば”レンガ”というくらいイメージは定着していますね。

サイズ感的にも扱いやすく、みなさんがDIYで挑戦する場合でも

完成したらすごい達成感があるでしょう!

 

そしてまたレンガとレンガの間(目地、めじ)も

モルタルを詰めることが多いのですが

それもやり方や表現の仕方が多彩です。

 

レンガそのものの使い方も同様です!

とても簡単に施工できる一段レンガ花壇

レンガを一段置くだけで、そこはもう花壇になるのです。

施工も簡単ですし材料費もかかりません!

一段レンガを置いただけの簡単なレンガ花壇

レンガも色んな種類、形があります。

これらはモルタルでしっかり固定してあります。

倒れにくいので安全性と安定感があります。

  

アンティーク感やナチュラルガーデンとしてのレンガ花壇

アンティークレンガを土に埋めただけです。

強度はありませんが、ナチュラルガーデンには最適なレンガ花壇です。

手作り感と柔らかさが感じられます。

 

世田谷区にある高さがあるレンガ花壇

高さが違うと感じる印象も違います。

こちらはかなり高めのレンガ花壇です。

 

しっかり硬い感じがしませんか?

レンガの面積が増え、植物の面積が少ないので強固な印象です!

 

 

 

レンガと言えば花壇と言うくらいメジャーな使い方です。

DIYでも楽しめますので、ぜひ挑戦してみてください!

 

 

 


 

2:アプローチ

  

アプローチとは広い意味で”通路”と考えます。

お庭にある人が通るための通路、玄関まで行くための通路という意味です。

ナチュラルガーデンの庭づくりによくあるレンガの通路

レンガ以外での材料は自然石とかタイルが多いです。

一つ一つが大きいものから10センチ角ぐらいの小さなものまで

タイルで考えるととても多くの種類があります。

 

レンガはその使い方やデザイン性で考えましょう!

 

公園でよく見かけるレンガの通路

レンガと枕木の通路です。

デザイン性と遊びが感じられます!

 

イングリッシュガーデンで見かけるレンガの通路

こちらは庭園の中のレンガ通路です。

レンガの置き方のパターンが違います。

いろんな置き方があるので楽しみましょう!

 

さらにこの通路ではモルタルなどの固定をしておらず

土に埋めて固定しています。

 

何年かたつとレンガが動いてデコボコになってきます。

ナチュラルガーデンにはよく見られることで

それも自然の風景の一部として味がでてきます!

 

 

 


 

3:駐車場

 

車という重たいモノが乗りますので

かなり頑丈に施工する必要があります。

 

もちろんレンガそのものも強固な種類を選択します。

 

一般的に多くみられる頑丈なレンガの駐車場

これは一般的によく見られる”レンガの駐車場”です。

赤レンガで施工方法の観点からも強固につくられています。

 

車の重さとかでへこむ心配が少ないです。

よく見かける劣化としてはレンガの割れがあるでしょう。

 

劣化したレンガの駐車場

これは目地をあけてない(レンガ同士の隙間がない)施工です。

おそらく車の重さで沈まないようにレンガの下はしっかりとコンクリートが入っていますが

レンガ同士の隙間をあけず連続して並べているので

経年劣化で動いてしまっている状態です。

 

目地(隙間)にもモルタルを入れる場合と

入れない場合ではかなり強度の違いがあることが分かります。

 

しかし一見してこっちの方がナチュラルガーデンの庭づくりには適していますね!

 

植物が定着しなかったレンガの駐車場

車のタイヤ部分だけレンガを使った場合です。

真ん中は”緑化ブロック”といって植物を植える隙間があるブロックです。

植物は枯れてしまっていますが。

 

この場合もレンガの下はしっかり頑丈に固定してあります。

この駐車場の場合、車はかなりゆっくり走ることが予想されます。

ある程度の強度があれば十分もってくれるでしょう!

 

 

 

駐車場でレンガを使う場合はレンガそのものの強度が必要です。

適しているかどうかは確認した方が良さそうですね。

 

目地をモルタルで固定すると頑丈ですが

植物が入る隙間は無くなります。

 

もし少しでも植物がはいってアンティーク調の駐車場にしたい場合は

目地にモルタルを入れない方がナチュラルガーデンの庭づくりには近づきます!

 

 

 


 

4:門、壁、塀

 

レンガは建築材です。

建築物をつくるために発達し広まってきました。

それを門とか壁、塀に使うのは当然の使用方法ですね!

 

一般住宅の塀としてのレンガ

歴史建造物では壁や塀までレンガが使われるのはよく見かけます。

レンガの中に鉄筋が入ってたりしますので

強度的にもかなり頑丈に作ることが可能です。

 

門の材料として使われるレンガ

門としても同じです。

最近の門はブロックを積んで色を塗って…よくありますね。

 

やはりレンガを使用すると一気に印象が変わります!

ガーデニング文化はヨーロッパの貴族の文化です。

洋風の雰囲気を演出するには壁や門などにレンガを使用することがオススメ!

  

みなさんのお庭をあっという間にヨーロッパ調のナチュラルガーデンにしてくれます!

 

アイアンと組み合わせたレンガの塀のパターン

アイアンと組み合わせると、もうそれはお城のようですね!

高級感が演出されます!これも一般住宅の塀です。

 

風遠しが良いレンガの塀

積み方でみせる場合です。

風遠しもよく、窮屈な印象を与えません。

環境的に完全な目隠しがいらないなら遊びがあっても面白いです!

 

お庭と通路を隔てるレンガの壁

”壁”というのはまさにコレです!

左側がお庭、右側が通路

 

敷地を分けるためのレンガの壁です。

しっかり場所の意味を分けてくれます。

 

ある程度の広さがある場合

または駐車場と隔てる場合など

いろんな場面でオススメできる使い方です!

 

 

 


 

5:オブジェ、鉢植えスタンド

 

イングリッシュガーデンで良くみかけるレンガの鉢植えスタンド

百聞は一見にしかず、ということでご覧の通りです!

鉢植えに高さをつけて景観をつくるための”台”としてです。

 

これはイングリッシュガーデンなどで良くみられますね!

 

庭のコーナーにレンガでつくった鉢植え台

レンガを組み合わせてデザイン的に鉢植えの台をつくります。

お庭でコーナーを高く設定したい場合など

こういったスタンド、台が活躍してくれます。

 

お庭の設計でコーナーに高さを持たせるとこは

全体の空間に一体感がでますのでオススメです!

 

また植物の管理も鉢植えの植物なので

背の高い樹木よりは扱いやすいと思います!

 

DIYですぐできるレンガの鉢植え台

ちょっとしたコトが絵になります。

特別なことがいらないのがレンガのいいところ!

 

何でも自分でやってみる

それが世界に一つだけのナチュラルガーデンの庭づくりの第一歩です!

 

 

 


 

6:水栓

 

レンガの水栓はよく見かけます。

とくに大きな公園とかに設置されていたりしますね!

 

構造的に簡単につくるなら

さきほどの”壁”から水道管を仕込んで、蛇口をつけるだけでOKです!

 

アンティークレンガの水栓

簡単ですね!

こちらはアンティークレンガで水栓柱をつくったものです。

 

 

昔の水道はレンガで水の道が作られていたそうです。

”水とレンガ”の関係は深い仲なのですね。

水道管を触るのは時として大変ですので

特に鉄製の水道管は注意が必要です!

出来るなら専門家にお願いした方が安心です。

 

レンガに水道管を埋めたあとで

水漏れを発見した場合は対処が大変ですからね。

 

 

 


 

7:BBQ台 ピザ窯

 

なかなか個人邸では設置することが難しいですが

ちょっと広めのお庭があってもなくても試したい設備です!

 

レンガで簡潔につくられたバーベキュー台

 

とても素敵なバーベキュー台ですね!

とても簡潔でコンパクト。

ちょっと工夫すれば移動させることも出来そうな大きさです。

 

個人のお宅でも設置可能なサイズ感です!

お好きな方はお試しください。

 

お化粧のための粘土を釜の上に塗る

 

ピザ窯です!

これがあればどんな時も遠赤外線で楽しめます!

 

これ、実際にピザを焼いてみて思うんですが、、、

炭に火をつけられれば結構簡単にピザが焼けるんですね!

ちょっと感動すら覚えました。

 

こちらも設置は簡単です!

大きさからしても台にうまく固定出来れば

”移動式ピザ窯”を製作することも出来そうです!

 

 


 

ナチュラルガーデンのレンガとは!

 

そもそも”レンガ”とは

人類の文化が始まったときから存在したものなのです!

 

建築やお庭に関しては”レンガ”ありきで発展を繰り返してきたのです。

 

つまり『庭文化はレンガありき』と言っても過言ではないのです!

 

これは日本の文化よりは欧米文化ではあると思いますが

みなさんのご自宅はどんな建築でしょうか?

 まずはそこから考えてみませんか?

 

この記事を書いたのは

ぐりんぐりん/grengren代表:横田 拓伸

 

みなさんの幸せなガーデンライフを演出します!

関連記事

  1. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  2. セメントを一切使わない空積みで積んだ石積み
  3. 初めて挑戦した新風体生花
  4. 千葉県香取郡の造園に向かうぐりんぐりん1号
  5. 杉の板の上にワイヤープランツの丸い葉っぱ
  6. ガーデンライト設置したら11月なのに早くもクリスマスっぽくなった現場

特集記事

  1. イングリッシュガーデンの原型と言われるコッツウォルズ地方の街並みを背景とした造園会社ぐりんぐりんのブログ画像
  2. 造園会社ぐりんぐりんが提案オススメするナチュラルガーデンの庭づくりのサイト画像
  3. 造園会社ぐりんぐりんがオススメするレンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選!の画像

プロジェクト一覧

  1. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  2. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  3. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  4. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  5. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事
  6. 軒下の最小スペースを使ってお客さんが楽しむ箱庭のお庭づくり
  7. 物語が始まりそうなナチュラルガーデン
  8. 一軒家の階段をあがり二階正面に広がるバルコニーをリゾート式のバルコニーガーデンに施工
  9. お客様のご希望で制作した花壇スペース

最近の記事

  1. 造園会社ぐりんぐりんが提案オススメするナチュラルガーデンの庭づくりのサイト画像
  2. ぐりんぐりん散歩で訪れた鎌倉の銭洗弁天で洗ったお金
  3. イングリッシュガーデンの原型と言われるコッツウォルズ地方の街並みを背景とした造園会社ぐりんぐりんのブログ画像
  4. カーネーションとモンステラの池坊の自由花を東京支部の研究会で発表する
  5. ドクダミで埋め尽くされたスーパーの裏に通り
  6. 造園会社ぐりんぐりんがオススメするレンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選!の画像
  7. 皇居で出会った初夏の季節の花の花菖蒲

お問合せ、ご相談

お庭づくりや記事に関する

お問合せやご相談は

コチラの”ご連絡フォーム”から!

PAGE TOP