• TOP

北側花壇!植栽から6ヶ月|理想の花壇になったのか!?狛江市個人邸

2020年5月に植栽した東京都狛江市の個人邸の北側花壇の6か月後の様子

以前、私たちが植栽を行った個人邸
狛江市の新築住宅ですが、半年たってご連絡をいただきました!
一部の樹木の剪定をご希望です!

こちらの植栽は”限られた予算の中で何ができるか”
植物の成長を考えた”植栽計画”を実施しました
さらに将来的な展望も見越して、土壌改良も行ったのです

植栽の様子はコチラ!
予算に合わせた樹木と植物!新築住宅の花壇植栽|おすすめホース!

いろんな希望などもあって
ちょっと厳しい環境ながら、チャンレジした植栽計画もあります
その結果が今回、拝見できることに!
とても楽しみです

 

半年前、5月の植栽

狛江市のコンクリート打ちっぱなし新築住宅

半年前、5月の様子です
コンクリート打ち放しの素敵な住宅です
こちらは北側花壇の様子です

まだ何もない状態で、土も状態も良くありませんでした
ちょっと粘土っぽい土で、建築ガラも入っていました
土壌改良は植物が入っていない時が、一番施工しやすいですね!

表通りの花壇に移植した樹木

向かって左側に”シマトネリコ”
右側に”オリーブ”を植栽しました!

シマトネリコはお客さんがお持ちになっていたモノ
オリーブは私たちがご用意したモノです
目隠しにもなっていますので、とても重要な樹木ですね

問題は一つ!
ココが、北側の花壇であるということです
当然、住宅がありますので影になります

夏は太陽が高いので、日も入りやすいですが
秋冬になるにつれ、日が入る時間も少なくなります
それがどのくらい植物に影響するのかは、予測でしかありません

植栽が出来上がった狛江市の新築住宅の植栽工事

植栽が完了したところです
簡潔でシンプル!植物の成長するスペースが必要です
植物を隙間なく植えてしまうと、すぐに成長が限られてきます

しかし、コチラは北側花壇です
あまり植物の成長は見込めない場合があります
そのときはあまり成長したいものとして、植栽のスペースを考えます

つまり”詰め気味に植物を密で植えるということです”

狛江市で行った新築j住宅の春の植栽工事

お客さんの望まれるイメージは”モジャモジャ”
植物がいっぱいにモリモリになって
花壇からあふれる感じです

この植栽の詳細は⇒
予算に合わせた樹木と植物!新築住宅の花壇植栽|おすすめホース!

5月に植栽された狛江市の北側花壇

そうなるには太陽が必須なのですが
どのくらい達成できたのでしょうか!?

半年後、11月の花壇

5月施工11月の北側花壇の様子

うん!頑張ってくれている様子ですね!
かなり部分的にモジャモジャに成長してくれています

ローズマリー、プリペット、ユーフォルビア、ラベンダー
調子が良さそうですね!
少しづつでも成長してくれています

這い性ローズマリーは理想的になっています
コンクリートに植物が絡むと、素敵ですね!
ツルニチニチソウもあるのですが、まだ伸びきっていません

これらは良い環境で育てられた植物ですので
植物自体に体力や栄養が豊富に蓄えられています
これが2年目、3年目になるとまた変化してきます

お客さんが希望したモジャモジャした植物の雰囲気がでている北側花壇

シマトネリコが元気ありませんね
葉っぱが少なくなっています
下の方は必要ありませんが、上の方は頑張って欲しい!

オリーブは頑張っています
目隠しの役割も果たしてくれていますし
少しですが成長も見られます

この角度からみると
モジャモジャ感が良く伝わりますよね!
とくにローズマリーの爆発ぶりが印象的ですね

まとめ

5月に植栽した狛江市の北側花壇の11月の様子

植物は”植えてみないと分からない”こともあります
植物の特性は分かっていますが
その環境に本当に適しているのか、それは未知数ですもあります

私たちがいつも使っている植物にしても
いつも新しい発見があるものです
こんなところに定着するんだ!という感動もあります

根っこの張り具合など
見えない部分も想像して植栽しています

もし、この狛江市の北側花壇のように
環境があまり良くない条件の中でも
植物を育てたいなら、何かしらできるコトもあります

造園会社ぐりんぐりんへのお問合せアイコン

まずは皆さんのご希望をお聞かせください
そしてお庭を拝見してご相談できることがあります
ご相談は無料です、自然石や材木、レンガを使ってお庭をつくりましょう!

造園会社ぐりんぐりんのLINE公式アカウントの画像

細かいところまで気を配ってお庭をつくる
そんな優しいお庭づくりを目指しています
皆さんに愛されるナチュラルガーデンの庭づくり!

オススメ記事

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 人気のサボテンがギッシリ入った温室
  2. 第7回目を迎えた世田谷区のアパートの花壇植栽メンテナンスのサムネイル
  3. 植栽を待つばかりの外構
  4. 足立区の病院のシンボルツリーとして古木オリーブの搬入植栽
  5. 人気サボテン専門店のイベント
  6. 目黒区の隠れた名店

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

代表:横田のインスタグラム

造園会社ぐりんぐりん横田の個人インスタグラムアイコン

造園会社ぐりんぐりん横田が、お庭づくりに関するお得情報を毎日配信するインスタグラム!

特集記事

  1. トマトの苗づくりの成長過程
  2. タイルと自然石の比較とオススメの紹介
  3. レンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選画像
  4. ナチュラルガーデンの庭づくり2つのポイントの画像
  5. レンガ、石、枕木の道をDIYで作るサイト画像

プロジェクト一覧

  1. 狛江市の幸せ家族のウッドデッキとウッドフェンスがあるお庭づくり
  2. 世田谷区で施工したローズガーデンの庭づくり
  3. 世田谷区の個人邸のナチュラルガーデンの庭づくり
  4. お庭と駐車場を兼ねた杉並区のナチュラルガーデンの庭づくり
  5. 武蔵野市で施工した子供たちがデッキで遊び果実を収穫できるナチュラルガーデンの庭づくり
  6. 足立区の病院で施工した石材のナチュラルなバリアフリーの駐車場づくり
  7. さいたま市で施工した造園会社ぐりんぐりんが提案するナチュラルガーデンのサンプルガーデン
  8. 目黒区で施工した10年20年後のバリアフリーでお庭を楽しめるナチュラルガーデン
  9. 木更津市で施工したレンガ花壇んと人工芝と夜でも楽しめるガーデンライトのナチュラルガーデン

最近の記事

  1. 紫外線90%カットする屋上の日除けパーゴラ
  2. 夏のバラ管理・剪定
  3. 目隠し植栽に果樹を使う世田谷区の実例
  4. 造園会社ぐりんぐりんが提案する石材があるナチュラルガーデンの庭づくり
  5. 吉祥寺の新築住宅の大きなテーマと小さなプラン
  6. 完成した石積み花壇と古木オリーブのシンボルツリー植栽
  7. 古木オリーブと石積み花壇のある病院のシンボルツリー植栽

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP