• TOP

ハードウッドのイペで花壇!公園の自然素材の庭づくり!横浜

横浜の公園で施工したイペをつかった自然素材の花壇

暖かい日が続いたと思ったら、雨!
天候が安定しない今の季節ですが
横浜の公園で自然素材の花壇をつくらせていただきました

自然素材で花壇と言えば
レンガ、石材が主だったのですが
今回は材木です、ハードウッドの王様、イペです

       

ハードウッドの王様イペ材

イペとは簡単に言いますと、硬い材木です
年輪や木目が分かりにくく、水に沈むぐらい蜜になった樹木です
ラバコールという成分を含んでおり、防虫、防腐効果が高いのです

材木が蜜なので反りや変化が少ないのが特徴です
さらに水に強いので、公共の場所で使われることが多いのです

  • 海ほたる(東京アクアライン)
  • なんばパークス(大阪)
  • 六本木ヒルズ
  • 神戸空港
  • 横浜大桟橋  
  • その他、多数

        

ハードウッドの王様イペ材

またそのラバコールはアレルギー反応の原因にもなりえますので
DIYなどで加工するときは対処をした方がいいですね

最近では希少性が高まっており、イペに代わる材木に
アマゾンジャラなど新しいハードウッドが登場しています!
しかし、その中でもやっぱりイペがベストですね

             

施工前


茶色になった芝生の横浜の公園

今回の現場は神奈川県横浜市の公園です
茶っけた芝生の公園なんですが、斜面が強い場所ですね
本当に横浜は坂が多い町ですよね!

東側の斜面で夕方近くまで、日が当たりやすい環境です
芝生もしっかり蜜に育っているようです

        

墨出し、寸法


寸法と花壇の場所だしを行った公園の斜面

墨出しと言われる、寸法や位置だしを行いました
簡単に安い材木を杭として立てて、水糸を付けます
そして花壇のつくる場所や位置を確認します!

地面がボコボコしてる上にガタガタしており
さらに左右にも傾斜があるので
どの位置に配置するのかが悩ましいところです!

基本的に”コの字”に花壇、枠を設置するので
一番下の板を地面に少し埋めないと
花壇内の土が出てきちゃいます

ですので凹みの一番低いところを基準に
花壇の高さや位置を決定します!

         

施工


ハードウッドのイペで作成した斜面の花壇

杭を立てて3段に板をつけて、花壇を制作しました
板幅は10cm5mm、3段なので31cm5mmの高さです!

とは言っても一番下の板は、地面に少し埋めてあります
下に隙間があると土が漏れてきます
今回は内側に防草シートを入れて、土が漏れないようにもしてあります

防草シートでもいいですし
”防根シート”でもOKです
防根シートは根っこの広がりを、限定するためのシートです

シートがズレないように内側にピン、釘またはボンドで留めとくと楽です!

       

季節の植物の植栽!


季節の植物を植栽したイペの花壇

公共の植栽はいろいろと条件が難しい場合がありますよね
水やりとか、管理や予算など考えないといけません

公園などの広い場所では、明るめの色合いで考えないと
人目を引きませんし、惹きません!
さらに季節感があると、皆さんの心を動かします

       

横浜の公園で施工したイペをつかった自然素材の花壇

このイペ、ハードウッドの花壇はとてもナチュラル感があります
環境にマッチしますし、異物感もありません!
自然素材と植物は相性がいいのです、当然かもしれませんね

また花壇じゃなくても、プランターの製作も出来ます
箱状に作って普通に使うことができます!
ベランダやバルコニーに並べて、ナチュラルガーデンの庭づくりが出来ますよ!

           

まとめ


3月の中旬になろうとしてます
春の植物が市場に並びだす時期ですね!
お庭づくりを初めてみませんか?

イペはとても良い素材ですが
予算が気になる場合でも、お気軽にご相談ください!
もっと手軽なハードウッドがあります!

      

      

オススメ記事


          

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 大正時代の典型的和風庭園
  2. 個人宅に敷かれた人工芝
  3. 四季咲きのローズガーデンの庭づくり春~初夏
  4. 足立区の中央本町耳鼻咽喉科の院長先生のご自宅エントランスの石張り施工
  5. 池坊の展示会の看板
  6. ウッドデッキのための塗装のやり方をまとめたサムネイル

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

代表:横田のインスタグラム

造園会社ぐりんぐりん横田の個人インスタグラムアイコン

造園会社ぐりんぐりん横田が、お庭づくりに関するお得情報を毎日配信するインスタグラム!

特集記事

  1. オシャレな砂利5選の画像
  2. ナチュラルガーデンの庭づくり2つのポイントの画像
  3. ナチュラルガーデンの花壇を何でつくる?オススメ素材画像
  4. 武蔵野市で施工した日よけパーゴラを3日間でつくる説明
  5. ウッドデッキのステップのDIYで簡単に作り方の画像

プロジェクト一覧

  1. 狛江市の幸せ家族のウッドデッキとウッドフェンスがあるお庭づくり
  2. 世田谷区で施工したローズガーデンの庭づくり
  3. 世田谷区の個人邸のナチュラルガーデンの庭づくり
  4. お庭と駐車場を兼ねた杉並区のナチュラルガーデンの庭づくり
  5. 武蔵野市で施工した子供たちがデッキで遊び果実を収穫できるナチュラルガーデンの庭づくり
  6. 足立区の病院の新しいシンボルツリーの植栽の古木オリーブと石積み花壇
  7. さいたま市で施工した造園会社ぐりんぐりんが提案するナチュラルガーデンのサンプルガーデン
  8. 目黒区で施工した10年20年後のバリアフリーでお庭を楽しめるナチュラルガーデン
  9. 木更津市で施工したレンガ花壇んと人工芝と夜でも楽しめるガーデンライトのナチュラルガーデン

最近の記事

  1. 冬のバラ管理
  2. 藤沢市で施工した自然石の玄関アプローチと花壇
  3. 世田谷区で植栽を行った緑化条件に適した植栽作業
  4. 大田区で施工した植物を楽しむための木製パーゴラ
  5. 2023年造園会社ぐりんぐりんのある地元の氏神様
  6. 紫外線90%カットする屋上の日除けパーゴラ
  7. 夏のバラ管理・剪定

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP