• DIY

ナチュラルガーデンの花壇を何でつくる!?DIYにオススメ自然素材!

ナチュラルガーデンの花壇を何でつくる?オススメ素材画像

お庭に欲しいモノ!と言えば
ナンバーワンはやっぱり”花壇”でしょう!

花壇の役割はいろいろあって
”植物の場所”、”目隠し”、”仕切り”、など

皆さんがイメージする”花壇”とは
いったいどんな素材で、どんなカタチでしょうか?

                   

                  

自然素材とはレンガ、石材、材木!
DIYのコツをご紹介


今回は”どんな素材で花壇をつくるのか?”
そういうテーマで、素材とバリエーションをご紹介します!
ぜひ素敵なお庭づくりの参考にしてください

              

■レンガ


山積みになったアンティークレンガ

やっぱり花壇と言えば、”レンガ”と言う方は多いでしょうか?
私がお庭づくりでお客さんと打ち合わせするときも
やはり”レンガの花壇”をご希望される方が多いです

それはイングリッシュガーデンの影響であり
また”レンガ”を選ぶ理由があるのです
安い”、”簡単”、”腐らない

理由が3つもあれば決まりでしょう!

              

         

一番よく見かける2から3段のレンガ花壇

2~3段のレンガ花壇です!
個人邸でもよく見かけるサイズ感ですね
圧迫感もなく、使い勝手もいいです

レンガの原料は粘土を焼いたモノが一般的です
水で腐食しませんし、強度もあります
使い勝手も良くて住宅にも使われています

その上、大量生産ができるので
材料費としても安いです

レンガの種類や説明については

レンガでナチュラルガーデンの庭づくり!レンガのオシャレな使い方7選!

            

          

高さがあるレンガの花壇

”仕切り”としての意味合いもある
背の高いレンガです
植え替えするときなど、しゃがまなくて良いので楽です

中に入れる土の量が多いので
なかりの土圧がレンガにかかります
レンガの中に鉄筋を入れるなど、対応が必要です

鉄筋を入れるレンガ花壇は

曲線のレンガ花壇と植物|人工芝で楽しむドックラン|江東区の個人邸

              

          

植栽帯と道と分ける意味合いのレンガ花壇

高さが低いレンガ花壇です
1段しかありませんが、植栽帯と道とを分ける
これも区切りとしての意味が強いですね

分かれていれば、植物が踏まれる危険も少なく
歩いた後は地面が固まります
特に花壇はフカフカの肥沃な土壌が欲しいです

この場合見た目より実用性なのです

              

           

オシャレなレンガの使い方の花壇

1段レンガでも遊びがある花壇です
レンガを斜めにして長く使っています
深く埋められて、安定感と高さ、面白みがあります!

レンガはよく見かける”赤レンガ”
定番で一番低価格であると言っていいでしょう
施工を工夫することでお庭の表情を豊かにしてくれます

皆さんがすぐに試せるやり方ですね!

             

          

簡易的なDIYで試せるレンガ花壇の例

さらに簡単施工ができる、レンガを立てて使って実例です!
地面に差して仕切りとして使っています
セメントを使う必要もなく、ナチュラルガーデンには最適です

赤レンガでも良いですが
画像のようにアンティークレンガとか、種類を選べば
可愛く魅せることが出来そうですね!

DIYにも使える、とても参考になる例です

             

             

アンティークレンガで高さが低めの花壇

アンティークレンガの花壇”です
実際に他の場所で使われていたレンガを解体
花壇として再利用した実例です

経年劣化していたり、カケがあったり
セメントやペンキがついていたりしています

上手に再利用することで
新しく庭づくりした場合でも
30年前からそこにあるような空間を演出することが出来ます!

この花壇のつくり方

駐車場と庭づくり|車が停められるナチュラルガーデン|杉並区 vo.2

            

               

杉並区のナチュラルガーデンのアンティークレンガの花壇

アンティークレンガの”目地”についてですが
レンガ文化が発達しているオランダで
レンガの目地を綺麗に仕上げない!施工方法があるそうです

セメントを使ってレンガを積む、余ったセメントが溢れます
これをコテで切るように除去して
そのままラフに仕上げます

そのため目地の施工は”目地を切る”といいます
目地は、切って終わりなのです
きっちりセメントを詰め込むのとは違いますね

           

このやり方だと、DIYの観点からみれば
とても簡単な施工方法と言えます
綺麗に仕上げる必要が無いからです

それでナチュラルさが生まれるので
ぜひ試してみてください!

             

          

背の高いアンティークレンガの花壇

高さがあるアンティークレンガの花壇です
これも目地を切ってラフに仕上げ
アンティークレンガとの調和をとっています

今回は目地を切った後
目地ゴテで一回だけ抑えるようにしました
高さがあるのでラフさが強いと、個性的になりすぎるからです

それによって何度も修復したような
ブルックリン・スタイル、倉庫のような雰囲気が
演出できます

この花壇のつくり方は

初心者でもアンティークレンガで簡単DIY!おしゃれ花壇を作る!

           

         

公園でよく見かける円形のレンガ花壇

レンガの円形花壇”です
公園や公共の場所でよく見かけます
樹木が中心になっている場合が多いですね!

            

目地幅が綺麗にそろった曲線のレンガ花壇

レンガ自体は四角なので
円形に使うと、目地の幅が広がってきます
円が小さくなるほど目地が大きくなります

曲線花壇のDIYや施工のポイントは
目地をレンガより1センチほど低くする!

レンガの表面まで目地にセメント入れると
目地の凹凸が目立ちます

ですので目地は1cm奧まったところで仕上げる
そうすると全体の曲線が綺麗に決まります!

              

         

使い古したおたふくコテまたはレンガゴテ

DIYでレンガの花壇をつくる時は
どうしてもセメントを使います
コテひとつとっても色んなカタチと役割があります

             

色んな太さがある目地ゴテ

最低限の道具で出来るように
コチラで詳しく『レンガの花壇のつくり方』をご紹介しています

         

レンガの高さだけ合わせるための水糸と水平器

DIYである程度の高さがある
レンガの花壇をつくるなら
”レンガの高さ”を揃えてください

それだけ守ってつくれば
レンガが捻じれていようが、何だろうが気になりません!
パッと見で綺麗に積むコトが出来ます

          

              

■自然石


人気のはちみつ色の石

石材は昔から、私たちの生活に欠かせない素材でした
日本の建築は材木でしたが、その基礎は石です

欧米や欧州では建築そのものに石が使われ
大きな建物を建てることが可能でした

とても強固で重量があり、安定します
優れた自然素材であります

             

           

面積みと言われる表面が平になる石積み

面積み”と言われる
表面が平になるように積まれた、石の花壇です
とても大変な作業が必要です

大きな石を使っても
前後の凹凸が少ないので
スッキリとした印象があります

どちらかと言うと
シンプルで高級感がある積み方と言えます

                          

          

川石の雑石積みの花壇

雑石積み(ざついしづみ)の花壇です

角が無い、丸っこい石は川で取れる石です
山にあった石が、川の流れで角がとれて丸くなるのです
この場合はカタチはあまりこだわらず、セメントで固定します

日本では地震の危険がありますので
セメントで固定する施工方法は
”安心できる施工”と言っていいでしょう

DIYでも出来そうですね
石を加工することは少ない方法ですので
根気よく続ければ可能だと思います

               

          

ナチュラルさが強調された小端積み

小端積み(こばづみ)です

セメントを使う施工方法は
厚みを薄くすることが出来ます
限られた場所でも広く使えます

            

セメントを使っていない小端積みの石の花壇

セメントを使ってない小端積みです

目地に隙間があるので
ある程度きっちり積まないと、土が漏れたり
そこに植物が定着することもあります

ナチュラルさが溢れていますよね!
植物がこういった感じに育っていくのが面白いです!
ラフさがあるナチュラルガーデンになります

             

最近の建売住宅でよく見かけるピンコロの花壇

”ピンコロ石の花壇”

御影石を使うコトがほとんどです
色合いはいろいろあって、グレイ、白、ピンク、茶

同じ色の御影石と言えど、少しづつ個性があります
模様がハッキリしているもの、色合いが濃いもの
綺麗な四角をしているもの、変形しているもの

その違いを頼みむのが石の良さ
自然素材の良さと言えます

             

建売住宅のピンコロの簡易的な使い方

ピンコロ石は10cm角の四角い石です
それが2個連なったサイズ、10cm×20cm
さらに3個連なったサイズ、10cm×30cmがあります

長いモノを立てて使うことで
高さがある花壇として、簡単に施工することが出来ます

ピンコロは仕切りとしても使えるので
身近な石のひとつですね
ホームセンターでも扱ってます

              

           

イギリスのコッツウォルズ地方のハニーストーンの石積み花壇

”海外の石材”です
色んな色や、特徴があって楽しくなります!

円形花壇はイギリス産、コッツウォルズ地方の石
手前の黒っぽい石はアメリカ産
奥の明るい四角い石はインド産です

特にイギリス産の石は
施工していると、通りすがりに声をかけられます
”素敵な石ですね~”女性ウケする石、ナンバーワンです!

                 

イギリスでは昔から使われていた石で
羊の柵など、土地の仕切りとして石積みされてきました
地震が無い国なので、セメントを使わない積み方です

個人邸では同じように積みますが
オープンな場所では子供が乗ったりするので
上の何段かはセメントを使っています

        

石の積み方なのですが
専門家に教えてもらってチャレンジするか
または施工してもらった方が確実でしょう!

たまに講習会が開催されていますので
参加してみるのも良いかもしれません!
以前、DIYのために女性も参加されていました

自分で行うのはなかなか大変ですが
出来たら最高のお庭になりますね!

講習会の様子

石積み講習会 in 愛知!『これが噂の”Dry stone walling”!』

        

              

■材木


大量に積まれた中古の枕木

材木で花壇って、イメージがつかない方も
いらっしゃるかもしれません
何より木材が腐っちゃいますよね

確かに腐食はします
花壇として使うと、土と接していますし、水がかかります
土の表面が乾いていても中は湿っています

だからと言って木製の花壇を諦めることはありません
腐食に強い材木だっていっぱいあるのです
材木の種類で見ていきましょう!

              

             

オシャレなナチュラルガーデンとしてメジャーな枕木花壇

”枕木花壇”

園芸ブーム時代に流行った枕木ですが
今でもお庭づくりには重要なアイテムです

サイズ感や表情はナチュラルガーデンに合います
ステップに、階段に、そして花壇にピッタリな自然素材ですね

             

いろんなサイズがある枕木

実は枕木にもいろんなサイズがあります
厚みや幅が違うのです
組み合わせて、面白いリズムがある花壇が出来そうですね!

            

線路に実際に使われている枕木

現在では枕木はコンクリート製がほとんどですが
枕木は線路の土台として使われてきました
そのためかなり硬い材木を材料としています

          

クサビで固定されている枕木の花壇

厚みもかなりあり、定番のサイズでは14cm
ビスを打ち込んでも貫通しません

枕木同士をつなぐのに
”クサビ”を使います
レトロな感じが素敵ですね!

            

明るい雰囲気の新品の枕木花壇

”新品の枕木花壇”

明るく優しい感じがいいですね
時間とともにグレイに変色していきます

ヤスリで削るなどすると、明るい色が復活します
塗装してもいいかもしれません

          

また枕木をカットするのはとても大変な作業です
とても硬く、厚みがあるのでノコギリで切るのは難しいです
私たちはチェーンソーでカットしています

はじめからカットされたものを選ぶか
カットしてくれるところで購入しましょう!

                  

            

イペに代表されるハードウッド

”ハードウッド”です

代表的な種類にイペ、ウリンがあります
船や橋に使われてきた事からお分かりのように
水に強く、耐久性がある材木です

海岸で使っていても腐食しにくく
何十年も使用することが可能です
ウッドデッキなどは50年は持つと言われています

表面を透明な塗装でコーティングすると
さらに長持ちします!

ハードウッドで施工

DIYで簡単!耐久性20年!オシャレな室外機カバーを作る|吉祥寺

                                 

施工性が良いハードウッドの花壇

材木はかなり硬いです、カットするのも根気がいります
ウッドデッキやパーゴラといった
ナチュラルガーデンの庭づくりには相性がいいです!

木目もとても美しいので
全体的にスッキリした印象に仕上がります

           

もしDIYでチャレンジしてみたい場合は
ビスの打ち方に注意してください!

選ぶビスは”ステンレス製”
ビスと同じ太さの下穴を空けてから
ビスを打ち込みます

打ち込んでいる途中で
ビスに負担がかかると
捻じ切れちゃいますから注意が必要です

折れたビスを除去するのはとても大変です
十分気を付けて作業しましょう!

端材で下穴のサイズを確認するとか
試してみた方がいいですね

             

壁に取り付けた木製プランター
ぐりんぐりん施工日誌002『大田区の壁https://grengren.com/garden/grengrendaily002面プランター』新たな挑戦!

加工も出来て、水に強いので
こういった宙に浮いたプランターを作るコトも可能です!

            

            

ホームセンターで販売している杉材

”杉材”です

扱いがいいですし、日本では一般的に使われます
こういったソフトウッドは、しっかり塗装をして使いましょう
すぐに腐ってしまいます

         

防腐処理をほどこした杉材

防腐処理した杉”

腐食しないように薬剤を染み込ました材木です
そのまま使ってもいいですが
やはり塗装した方が長持ちします

                

           

材木の腐食を防ぐ、2つのポイント!


1.塗装

材木の色合いや模様を活かしたいなら、透明な被膜をつくる塗料、または水性塗料がオススメですまた柔らかい材木を使用する、しっかり塗装したいなら油性塗料を選んでください!

2.防根シート

防根シートとはココから樹木の根っこを侵入させたくない!って時に使うシートです簡単にいいますとビニール製のシートで植物、樹木の根っこを侵入させませんそして水を通す、透水性のモノもありますし、水を通さないモノもあります

これを材木の内側に貼って土をいれるのですそうすると材木のところが、土にも水にも触れないのです!

              

             

■仕切り材


仕切り材を使って芝生の侵入を防ぎ花壇をつくる
生活の豊かさを広げるのための『プライベート公園』https://grengren.com/project/tiba

これは自然素材ではありませんが
樹脂、プラスティック製の仕切り材を使った実例です

とても薄く、存在が目立たない便利なものです
腐らず、安く、簡単施工
経済的でDIYでも気軽に使うことが出来ます

花壇と地面、花壇と砂利、目立たなく仕切ってくれるので
お庭を広く使うことが出来ます

            

仕切り材を使って花壇をつくる

厚みは2cmぐらい、長さは4~5m
ジョイントで連結すればもっと長く使うことが出来ます
幅は15cmぐらいあり、根っこの侵入を防ぐことも出来ます

         

            

まとめ


花壇とつくるための自然素材はたくさんあります
また工夫次第でどんなものでも花壇をつくることが出来ます

まずはどんな花壇が欲しいのか、考えてみましょう!
大きさや幅、高さなどイメージを膨らまします
5年後、10年後どんなお庭に育てたいですか?

              

自然と溶け合った枕木の花壇

お庭の雰囲気や植物、全体のバランスを意識して
ぜひ自由にチャレンジしてみてください!

私たちは自然素材をつかった
ナチュラルガーデンの庭づくりを行っています
お見積りやご相談は無料ですので、まずはご連絡ください

造園会社ぐりんぐりんのお問合せボタン画像

           

           

オススメ記事


             

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 伊勢神宮の遥拝殿として明治に創建
  2. ドクダミで埋め尽くされたスーパーの裏に通り
  3. ぐりんぐりん散歩で訪れた鎌倉の銭洗弁天で洗ったお金
  4. 青の下地に赤い米印がかかれたイギリスの国旗
  5. 人工芝を撤去した世田谷区のガーデンリフォーム工事
  6. 横浜の公園で施工したイペをつかった自然素材の花壇

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. 初心者でもアンティークレンガで簡単DIY!オシャレ花壇をつくる画像
  2. 造園会社ぐりんぐりんのsns案内
  3. ウッドデッキのステップのDIYで簡単に作り方の画像
  4. ナチュラルガーデンの枕木のオススメ種類と使い方4選
  5. オシャレな砂利5選の画像

プロジェクト一覧

  1. 夏の剪定管理を行った世田谷ガーデンの様子
  2. 杉並区で施工したナチュラルガーデンのアンティークレンガの花壇と木製ベンチ
  3. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  4. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  5. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  6. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  7. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  8. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  9. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム

最近の記事

  1. 杉並区で施工した小さな花壇のシンボルツリーと植栽工事
  2. 池坊で初チャレンジの交ぜ生け
  3. 杉並区で行った雑草除去からの植栽お庭づくり
  4. オシャレな砂利5選の画像
  5. 横浜市で施工した芝生TM9の害虫被害発生
  6. 池坊東京支部で開催されている月に一度の研究会の8月開催分
  7. 池坊目黒教室の夏の生け花の花材

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP