• TOP

ナチュラルガーデンの庭づくり|世田谷区マンションの挑戦!01

カスケードから庭へ!世田谷区のマンションの庭への挑戦

お問合せをいただいたのは、2020年7月24日
またこれから暑くなる時期でした
『カスケードから庭へしたい!』

マンションのご担当者からそんなお話しを頂きました
担当と言ってもマンションの”植栽委員”
いわゆるマンションの住人さんのボランティアです

手に持っていたのは、ポストイットがいっぱい差し込まれたお庭の本
第一印象は”本当に勉強してるんだな”と言うことでした
私達二人で伺っていたのですが、二人とも本当に心打たれたのです

水漏れなど問題が多いマンションの顔であるカスケード

『カスケード』
上部から滝のように水が落ちてくる仕組みです
このマンションの”顔”という位置で、皆さんが気に入っていたそうです

ところが水漏れなど、問題が多く
メンテナンスにもかなりのご予算がかかるということ
それならば”カスケードをお庭にしてしまおう!”と発案

私達はそれが可能なのか、お話しすることになりました
そして、3つの造園会社のアイデアをマンションの住人さんで投票!
一番表が入ったお庭のアイデアを採用することになったのです

ぐりんぐりんのアイデア

プレゼン資料 序文

これはプレゼン資料の序文です
まず、どんなお庭を提案するのか
私達から皆さんへの手紙ですね!

『水鉢がある、プロヴァンスの丘』

コンセプト:一枚の絵画のような庭づくり

外出も渡航も出来ないこの時代、何を楽しみ、何を癒しにすればいいのでしょうか?『行けないなら持ってくる!』これが今回のテーマでもあります。

それはまるで、とある国の、とある時代の絵画に囲まれた美術館の空間です。日常から非日常へいざなってくれる、異空間へのワクワク感、ふくらむ想像!かつて絵画は本当にそのように使われていました。

さらにお庭には、自然の恵みや季節、花の匂い、光と影、生命のチカラがあります。皆さんがお住まいの美術館のようなマンションに”生きた絵画を一枚”飾りませんか?今回は憧れの旅行先『南フランス リュベンロン地方 ゴルド』にご案内いたします。

そのお庭に少しだけでも腰掛け、集い、癒しのひと時をお過ごしください。絵画の巨匠に愛された、プロヴァンスの丘からの風を感じることができるかもしれません!皆様の癒しになれれば幸いです。

フランス ゴルドとは

世田谷マンションのナチュラルガーデンの庭づくりのテーマとプレゼン資料

そしてフランスのゴルドの説明です
なぜその場所を選んだのか!?
そういった意味と、今回の旅行先をご紹介します!

ゴルドは画家マークシャガール、作家ピーターメイル
映画監督リドリースコットが愛した場所なのです

天空に浮いているように見えて
細い石畳の路地は迷路のよう

丘の上の城壁シャトーの展望、今は役場になっているお城
教会からは”リュベンロンの谷”を見下ろすことができます

この場所を選んだのは、このマンションにお住まいの方々の
年齢や構成など、いろんな要素から選別しています
ただ有名だからとか、そういった意味合いで決定することはありません

手描きのイメージ図

造園会社ぐりんぐりんが提案したナチュラルガーデンの庭

イメージ画です
私達は手書きでイメージを伝えています
それはカタチ以上の感情をご理解いただくためです

このアイデアにしたのも、すべて意味があるのです
今回のテーマは”南仏プロバンスの丘”
なぜって?ある世代にとっては憧れの旅行先だと思ったのです

新型コロナで部屋にこもって自粛生活
でもこのお庭を観て、少しでも南仏の香りを感じて欲しい!
そんな願いが込められているのです

そして私個人的に、もうひとつの秘めた願い
それはある人をココに連れていきたいと思ったからです
とても個人的な感情なので、また後日談でお話しすることに!

投票の結果

住人投票が行われ
結果、私達のアイデアが採用されることになりました!
これは感謝しかありませんね!
お庭づくりが出来る!

カスケード

世田谷区のマンションの使われなくなったカスケード

お住まいの方々が交わる、ちょうど中心にカスケードがあります
人通りが多く、人と人が出会う場所
そんな街角のような、集い、語り合う場所、そんなお庭が目標です

庭づくりが終わって
住人さんたちが、ふとこの前で立ち止まる
お庭の話題から、いろんな話しが生まれる、そんな空間!

血の通った、温かいお庭づくり
優しい気遣いがある繊細なお庭
人気が人を呼ぶ、そんな空間

無機質なカスケードから
そんな空間がお庭で体現出来たら最高ですね!
自粛生活にも潤いが生まれます!

まとめ

私達のお庭づくりは様々です
ひとつのカタチに収めることはできません
それはその人ために考え、作っているからです

ハッキリとした目的のあるお庭づくり
描く未来があるお庭づくり
達成したい感情がある、そんなお庭づくりを行っています

造園会社ぐりんぐりんへのお問合せアイコン

皆さんのご希望はどんな感情でしょうか?
どんな目的が、未来がありますか?
まずはお話しから聞かせてください!

造園会社ぐりんぐりんのLINE公式アカウントの画像

ハッキリとしたビジョンが無くても大丈夫です
私達との会話の中で何かが見えてきます
どんなことでも結構です、まずは声をかけてみてください

オススメ記事

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. イギリス式の石積み
  2. 夜の方がライティングでオシャレな二子玉川の人気スポット
  3. コンテストのため枠を作って生コンを流した絵
  4. 2020年循環農業のプレ講習
  5. ぐりんぐりんが植栽工事を行った世田谷区の新築個人邸
  6. 最もメジャーな観葉植物のひとつ

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. 生産農家が語るナチュラルガーデンの芝生4種類と手入れ画像
  2. レンガ、石、枕木の道をDIYで作るサイト画像
  3. トマトの苗づくりの成長過程
  4. レンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選画像
  5. 初心者でもアンティークレンガで簡単DIY!オシャレ花壇をつくる画像

プロジェクト一覧

  1. 夏の剪定管理を行った世田谷ガーデンの様子
  2. 杉並区で施工したナチュラルガーデンのアンティークレンガの花壇と木製ベンチ
  3. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  4. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  5. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  6. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  7. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  8. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  9. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム

最近の記事

  1. 2020年5月に植栽した東京都狛江市の個人邸の北側花壇の6か月後の様子
  2. 11月は桜の剪定もある世田谷区のマンションで毎月のメンテナンス
  3. 高木樹木の剪定管理の施工前と施工後
  4. 世田谷区マンションの潅水装置の設置工
  5. 世田谷マンションの自然石の道づくり
  6. 世田谷マンションのカスケードからナチュラルガーデンの変貌
  7. 世田谷のマンションのナチュラルガーデンの庭づくりがスタートした一日目

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP