• TOP

ぐりんぐりん施工日誌004『ケンケンパの庭』川崎市多摩区 page.1

スコティッシュぺブルの丸い砂利と真四角の自然石の平板

プロジェクトの方には掲載していますが

こちらで施工状況を報告してなかったので

細かく施工前からお伝えしたいです!

 

なぜならこの間、こちらの現場のお近くを通りかかった際

様子を伺いに寄ったのです。

会社がある世田谷区から多摩川を渡ってすぐの場所なので

川崎市多摩区はまったく近いんですね!

 

ちょうど施工主さんがガーデニングを行っているところでして

お庭の様子をお聞きすることが出来たからです!

 

また再開できたことが本当に嬉しかったですね~!

 

 

 

手がつけられない雑草で溢れたお庭

まずは施工前ですが、こちらの戸建ては

リノベーションを行ったばかりの物件でした。

 

しかもそのリノベーションの会社の社員さんのお宅でした。

 

 

 

家は出来たものの、お庭は手付かず

予算もなくてどうしたらいいのか…って状態でした。

 

まずラッキーだったのは、自然石の大谷石がたくさん残っていたということです。

 

 

 

リノベーション後も何となく並べられた大谷石

リビング前の土間に何となく並べられた大谷石…

これだけではないのです。

 

何となくリビングの前に土間代わりに並べられた大谷石

まぁリビング前ですから、土間を打たなくても

その代わりになってますけども…

 

今ではここから外に出られることもないそうです。

 

 

 

ですので10本以上ある大きな大谷石の塊を

並べ替える提案を行いました!

 

 

 

 

まずは今のお庭を綺麗にするところからですね!

手をつけられず荒れたお庭

横道からみてもこんな感じで荒れ放題です。

 

 

自宅をリノベーション後も手付かずになっていた荒れた庭

以前の古い戸建てがあった時代から

和庭園があったのかもしれません。

 

 

時代的にもですが、植えてあった植物からそう感じました。

あとは玉砂利も敷いてありました。

 

何となく植栽と砂利が入れられたリノベーション後の玄関前

玄関前もなんとなく砂利が敷かれ

もとからあったんでしょうか、千寿がありました。

 

 

 

戸建てリノベーション後の放置された夏の庭

夏の様子ですが、ジャングル感がすごいですね!

 

 

 

庭のリガーデンを行う際に施工される既存の庭の解体

いつもならがリガーデン、作り変えですので

まずは既存の庭を解体撤去ですね!

 

あんまり写真がなかったので、これだけでした!

とにかくキレイに撤去することで施工がしやすくなります!

 

 

 

次回は置いてあった大谷石を動かして

庭づくりに移行しましょう!

ぐりんぐりん施工日誌004『ケンケンパの庭』川崎市多摩区 page.2

関連記事

  1. 人気の多肉植物ハムシーが開花
  2. 宙に浮くような離れ
  3. 冬のサボテン・多肉ビックバザールでゲットしたアガベ達
  4. 多くの樹木が並んだビルの屋上テラスでくつろぐ人々
  5. 本日の自由花の花材
  6. 上に上に伸びていく出生のいけばな

特集記事

  1. ナチュラルガーデンの花壇を何でつくる?オススメ素材画像
  2. オシャレな砂利5選の画像
  3. レンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選画像
  4. 生産農家が語るナチュラルガーデンの芝生4種類と手入れ画像
  5. 国分寺の完成したナチュラルガーデンのためのパーゴラ

プロジェクト一覧

  1. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  2. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  3. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  4. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  5. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  6. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  7. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  8. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事
  9. 軒下の最小スペースを使ってお客さんが楽しむ箱庭のお庭づくり

最近の記事

  1. 簡単にDIYでガーデンパンをつくる世田谷区の庭づくりの実例
  2. 外水道の真鍮製の蛇口にマッチしたフランス製の砂利
  3. 完成まじかの世田谷区のナチュラルガーデンの庭づくり
  4. 池坊2020年新年会で2年連続表彰
  5. オーストラリア産の樹木の植栽
  6. 池坊目黒教室でいけたボケと小菊の生花
  7. 山積みになったアンティークレンガ

お問合せ、ご相談

お庭づくりや記事に関する

 

お問合せやご相談は

 

コチラの”ご連絡フォーム”から!

PAGE TOP