• TOP

石原和幸チームに参加!イギリス・チェルシーに乗り込みます!!

青の下地に赤い米印がかかれたイギリスの国旗

 

 

ガーデンデザイナー『石原和幸』氏のチームに参加!

明日、すでに本日となりましたが

イギリス、チェルシーに旅立ちます!

 

レンガ調の建物の間の道路を車が走っている街並み

 

 

今回は石原さんにとって

6連覇のかかった大会となるそうです!

とても大切な2週間となりそうです!

 

 

 

チェルシー・フラワーショーに関して

 

 

 

『石原和幸』

22 歳で生け花の本流『池坊』に入門。以来、花と緑に魅了され路上販売から店舗、そして庭造りをスタート。

その後、苔を使った庭で独自の世界観が国際ガーデニングショーの最高峰である「英国チェルシーフラワーショー」で高く評価され、2006年から3年連続金メダル受賞後、2012年から5年連続で、ア-ティザンガーデン部門で金メダルを獲り続け、獲得した金メダルは8つ、さらに部門内1位に贈られるベストガーデン賞とのダブル受賞は4度果たし、2016年大会では出展者では最高賞のプレジデント賞を受賞した。

日本の玄関口でもある羽田空港(第一ターミナルビル内)に受賞作品「花の楽園」を再現、東北をはじめとする日本の風景の美しさをアピールし続けている。全国で庭と壁面緑化事業を展開し環境保護に貢献すべく活躍中。

 

白をバックに苔の鉢と白い洋服を着た男性

 

1958年長崎県生まれ。58歳

株式会社石原和幸デザイン研究所 代表

 

 

 

いわば、庭造りの世界チャンピオンですね~

ご一緒に庭造りが出来るとは、とても貴重な経験です。

学ぶところはすべて、学ばしていただきます!

 

 

 

海外は何度か行っていますが、ヨーロッパは初めて!

12時間近い飛行機の旅…

私の腰がもつでしょうか…

 

 

 

また、随時!

イギリスのチェルシーよりお伝えしたいと思っています!

 

では行ってきます~!

 

 

 

 

 

 

 

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 大正時代の典型的和風庭園
  2. スコティッシュぺブルの丸い砂利と真四角の自然石の平板
  3. 造園会社grengrenの代表
  4. 2019年吉方とされる方向にある一の宮にある鹿島神宮
  5. 青い石の路盤を新規せ設置施工したさいたま市中央区の現場写真

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. オシャレな砂利5選の画像
  2. ウッドデッキのステップのDIYで簡単に作り方の画像
  3. レンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選画像
  4. 日々の暮らしの中で花のある生活スタイルを提案する記事
  5. ナチュラルガーデンの花壇を何でつくる?オススメ素材画像

プロジェクト一覧

  1. 杉並区で施工したナチュラルガーデンのアンティークレンガの花壇と木製ベンチ
  2. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  3. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  4. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  5. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  6. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  7. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  8. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  9. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事

最近の記事

  1. 2020年最初の東京研究会で白札獲得でスタート
  2. 無肥料プランター栽培を提案する岡本よりたか
  3. 造園会社ぐりんぐりん横田がいけた池坊の自由花
  4. 人気のサボテンがギッシリ入った温室
  5. 庭づくりで迷うタイルと自然石はどっちがいいのか
  6. アメリカのアリゾナ州に存在するコロラド川が流れるグランドキャニオン
  7. 庭づくりの業者のオススメポイントを紹介する自然の道の画像

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP