fbpx
  • TOP

石原和幸氏が監修、ウェスティンホテル東京に行ってきた!!

木々が生い茂る奥にそびえ立つ壁面緑化が施されたタワー

 

 

いつになっても学ぶって事は続けていきたいですね。

と、言うわけで、『ウェスティンホテル東京』に行ってきました!

 

 

 

東京都恵比寿にあるホテルですが

こちらの裏に『ウェスティンガーデン』というお庭があります。

 

 

ウェスティンガーデン

 

鉢植えで飾られたウェスティンガーデンの白い看板

このお庭は造園界ではおなじみ、石原和幸さんのてがけたお庭です。 あのチェルシーのですね。

 

 

 

『イギリス・チェルシー・フラワーショー』

イギリスの王立園芸協会(RHS)が主催している。世界でもっとも権威ある造園のコンテストです。

 

 

 

もともとイギリスでは庭園に関して特別な関心があるんですね。

イギリスには植物があまり自生していませんでした。

島国、緯度、土地など環境が多様性を育まなかったんですね。

 

 

隣国では様々な花や植物が存在します。近くには地中海もあり、植物と食物が多く栽培されていたんです。

さらにアフリカにはユーフォルビア系や砂漠系の、全く違った種類の植物が存在したんですね。

 

 

そこで当時の国王が国の政策として、庭づくりを始めたんです。

ですから今でもお庭の意識が高く、イギリスの庭師は位の位置づけが高いんです。

 

 

 

そして独自の庭造り、『イングリッシュ・ガーデン』の文化が根付き、世界的な大会も催されるようになったんですね。

ちなみに『チェルシー・フラワーショー』には皇太子がデザインした庭園も発表されますし、エリザベス女王も来ます!

 

 

 

下から仰ぎ見たウェスティンホテル東京

こちらはウェスティンホテル東京

 

ガーデンは2013年4月オープン、渓谷をイメージしたどの角度から見ても美しい景観をお楽しみいただけるよう綿密にデザインされたガーデンは、365日四季折々の植物や鳥などの自然と触れ合う憩いの場所として製作されました!

 

 

奥にカフェの緑のテントが見える砂利と敷板のガーデン入り口

『ウェスティンガーデン』入り口

 

 

樹木が生い茂る砂利の小道

しばらく小道が続きます。

アオキやエリカ、コルディニアが生い茂り~

 

ガーデンへと続く砂利と木製の橋の小道

途中板張りの道もあり

くねくねと歩き~

枯れ木で組み上げてあるフェンス

石原さんお得意の一つ

木製フェンスですね!

 

板張り、枯れ木のフェンス、丸太で作られたお手製の小道

もうじきガーデンへ

 

レンガの門があるガーデンの入り口

レンガとアイアンの門があります!

さぁ!いよいよガーデンです!

 

松を始めといた和風な植栽と井戸

入るとすぐに観たことのある景色

 

和風な佇まいの池と苔と井戸

チェルシーの大会でもありました、里山の風景ですね。

この感じはやっぱり日本人ならでは。

 

 

石組みも技術的には特別なことはないと思いますけど

並びや見る角度がイイですね。

 

 

 

樹木の隙間から見える壁面緑化のタワー

すぐに壁面タワーがみえます!

 

池の畔の満開なユキヤナギと橋

池!

 

ホテルのカフェの窓辺の池と植物

畔!

 

紅葉の枝と紅葉した葉っぱ越しに見える三段の滝

絶景!!

1番観た感じが素敵なポジションですが…

石原さん曰く、「ホテルのカフェから観たときに、1番美しく見えるようデザインした。とのこと」

 

 

 

まぁ、余裕がある方は、観てみてくださいね!

 

 

 

レンガの三段花壇の奥にある印象的な紅葉の木

ビルの前の黒い壁に誘引された黄色い花が満開なモッコウバラ

ガーデンの開けた場所に新緑の樹木が並ぶ

ガーデンの置くはちょっと広まって

花壇などがあります!

 

 

 

ヒイラギナンテンの奥に見える滝

広場側からみるとこんな感じでした!

 

 

 

とても洋式なホテルなんですが、日本の里山的な植物や風景がマッチしています。 それが石原さん曰く、『技』なんだそうです。

デザインや樹木一本仕入れてくること、全てが良い庭造りにつながっているってことです。

 

 

 

そして2017年のチェルシーにも石原和幸さんは参加します。

幸運にも、私もチームの一員として参加させていただくことになりました。

 

 

世界の庭園、庭造り、世界一の石原さんの『技』、しっかりと学んできたいと思います!

出発は5月9日です!

 

 

 

ウェスティンホテル東京

  • 東京都目黒区三田1-4-1
  • 03-5423-7000
  • JR山手線・埼京線「恵比寿駅」東口 : 「恵比寿スカイウォーク」で約7分地下鉄日比谷線「恵比寿駅」下車。JR方面出口より「恵比寿スカイウォーク」で約10分
  • 車 : 首都高速2号目黒線の「天現寺ランプ」を降りて約5分

 

恵比寿ガーデンプレイスに向かう恵比寿駅から伸びている恵比寿スカイウォークの案内と全景

恵比寿駅の東口を出て『右』に進むと

『スカイウォーク』を発見できます。

ちなみにスカイウォークの乗口、出口に

案内の方のボックスがあります!

恵比寿スカイウォークを出た交差点からみた恵比寿ガーデンプレイス

『スカイウォーク』を出るとすぐに交差点!

一目瞭然の光景です!

恵比寿ガーデンプレイス入り口付近にあるお花がいっぱいの花壇

東京都恵比寿にある恵比寿ガーデンプレイスの地下に降る大きなスロープ

キレイに管理されています!

ゴミひとつ落ちていない!!

レンガ調の工場みたいな建物、東京都恵比寿にある人気スポット、サッポロ、ビヤステーション恵比寿

『サッポロ・ビヤ・ステーション』を右手に。

恵比寿ガーデンプレイスの広場で行われている催事

反対から観ますとこんな風景!

たまにイベントやってます。

この日も行われていました。日曜日!

恵比寿ガーデンプレイスにある階段を登ると恵比寿ガーデンプレイス弐番館へ、真っ直ぐ進むと映画館とジョエル・ロブションとウェスティンホテル東京、ツタヤがあるという案内看板

ところどころに看板が出ています。

ジョエル・ロブションなどがある恵比寿ガーデンプレイスにある西洋のお城を模した洋館

かの有名な『ジョエル・ロブション』

★★★レストランです!

東京都恵比寿にある恵比寿ガーデンプレイスからみたウェスティンホテル東京

ロブションの入った『シャト・レストラン』を

右手に抜けていけば、すぐ!!

 

 

恵比寿の人気スポットなどなどでした!

 

関連記事

  1. 緑青の建物の左官の模様の壁
  2. 美しく溶接されたアイアンを2度塗り塗装をほどこしたアイアンの接合部
  3. ガジュマルの種まきから25日目
  4. 植栽を待つばかりの外構
  5. コーナーの石積みが決まっているロックガーデン
  6. 池坊自由花

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 造園会社ぐりんぐりんがオススメするレンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選!の画像
  2. 造園会社ぐりんぐりんが提案オススメするナチュラルガーデンの庭づくりのサイト画像
  3. イングリッシュガーデンの原型と言われるコッツウォルズ地方の街並みを背景とした造園会社ぐりんぐりんのブログ画像

プロジェクト一覧

  1. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  2. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  3. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  4. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  5. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事
  6. 軒下の最小スペースを使ってお客さんが楽しむ箱庭のお庭づくり
  7. 物語が始まりそうなナチュラルガーデン
  8. 一軒家の階段をあがり二階正面に広がるバルコニーをリゾート式のバルコニーガーデンに施工
  9. お客様のご希望で制作した花壇スペース

最近の記事

  1. 化粧砂利として販売されている現在一番安価な砂利の色んな色を混ぜたもの
  2. コンクリート製の枕木と再利用のアイアンフェンス
  3. センターピースとしていけられた池坊目黒教室の先生の生け花
  4. ドクダミで荒れていた日陰の花壇をリフォームして生まれ変わった花壇
  5. ぐりんぐりんが植栽工事を行った世田谷区の新築個人邸
  6. 目黒区にあるikanikaでフラワーアレンジメントを開催している平井かずみ先生にレクチャーをいただいた花生け
  7. 造園会社ぐりんぐりんが提案オススメするナチュラルガーデンの庭づくりのサイト画像

お問合せ、ご相談

お庭づくりや記事に関する

 

お問合せやご相談は

 

コチラの”ご連絡フォーム”から!

PAGE TOP