• TOP

庭づくりや樹木移植『根巻き』やり方、ポイントをご紹介!

根巻きの上手な例

樹木を大量に出荷するというコトで
『根巻き』の作業を行います

場所は横浜市です、私たちの事務所から30分ほど
仕事で何度も訪れています

代表の横田は横浜の造園屋さんの社長さんより
根巻きのやり方を学びました
この道50年を超える方です

最近ではまともに移植が出来る職人さんもいません
何度か一緒に作業を行いましたが
樹木が心配になるコトが多々です

            

根巻きとは?


樹木は農業と同じく、生産者さんがいるのです
畑やビニールハウスで樹木を育てています

必要な大きさなったら
今度は出荷をしなくてはいけません

野菜みたいに機械で一網打尽に
収穫するワケではありません
いわゆる”生け捕り”にするのです

その際行うのが『根巻き』なのです!

私たちは普段から皆さんのお庭などで
新しいお庭をつくる、リフォームすると言ったとき
『移植』と言った作業の際、根巻きを行っています

では埋まっている樹木を掘り取って
根巻きを行う様子をご紹介します!

            

          

常緑ヤマボウシの移植


根巻きを行う前段階

この樹木は『常緑ヤマボウシ』です
常緑とつくのは、落葉もあるからです

常緑ヤマボウシは庭木として、とても人気があります
ホンコンエンシス、月光と言う品種は良く見かけます

          

白い大きな花弁が素敵な常緑ヤマボウシの花

どちらの品種も白い四枚の花弁の花を
5~7月に咲かせます

           

意外と知られていない甘い実

また9月頃には赤い実を付けます
あまり知られていませんが、とても甘く
ジャムにして食べることが多いです

見た目はちょっと毒々しい感じも…
でも美味しいので、ぜひチャレンジしてください!

               

■ステップ1:根回し


根巻きの前にまず行うのは根回し

まずは掘ります!
どこを掘るかと言うと
幹を中心として円を描くように掘るのです

幹の太さ(周囲)の長さの1.5倍
それが円の半径になります

その際、写真のように
スコップを逆向きにして差し込むのです
そして細かい根っこを断ち切ります!

これを『根回し』と言います

       

はじめは少しづつ
手でちょっとちょっとホリホリして
根っこの様子を伺います

あまりに太い根っこがあったら
スコップが入っていきません
もっと広い円を描くように掘ります

無理にガツガツ掘らずに
様子を見ながらスコップを差し込んでみてください
あくまで”細かい根っこを切断するのが目的です”

         

生産者さんはこの作業を、年に一回やっておく必要があります
それはこういった出荷の際、根っこを痛めないよう
下準備を毎年行っておくのですね

何年も放置して
しっかりとした根っこが地面に定着して
それをいきなり掘ったとしても、枯れるリスクが高いのです

それが”根回し”の語源です
根回しってちょっとズル賢い意味合いにも聞こえますが
しっかり、コツコツと入念な下準備をするって意味なのです

          

■ステップ2:掘り取り


掘り取る範囲が決まったら掘る

さきほど、根回しでスコップを差し込んで
隙間が出来ましたが
今度は掘ります!

どこを掘るかと言うと、根っこの周りの方を掘るのです
樹木に近い方は何もしませんよ
スコップで差し込んだ、外側を掘るのです

スコップの向きは普通の使い方です
これが大変な作業ですが、なるべく広く掘ります

            

掘り起こされた樹木の株

こんな感じになるまで掘ります!
今、見えてる樹木の根っこの固まり
これを『根鉢』と言います

これは樹木の根っこに
土が引っ付いている状態です
これを絶対に崩さないようにしてください!

最後に根鉢の下
そこにスコップを差し込んで
地面から分離させます!

         

ラピュタ状態な樹木の根っこ

綺麗な半円ですね!
これはとても良い状態の根っこです

もっと樹木に近い方を掘っていたら
このとき、太い根っこが見えますが
これは細かい根っこしか見えませんね

根鉢の大きさも問題ない、というコトです
こんな感じで掘り取りたいです
理想的なカタチです

         

樹木や植物の根っこは、多く細かい根っこがある方が良い
この細かい根っこから、水分や栄養素を吸収するのです
細かい根っこが多ければ、それだけ地面に安定していて元気なのです

               

ツルツル坊主状態になった樹木の株

そして飛び出ている根っこを
ハサミでカットして、ツルツルに仕上げます

ここまで綺麗にできれば最高です
これで掘り取りは終了です!

               

■ステップ3:根巻き


そうしましたら『根巻き』を行います
これは先ほど根っこに定着していた土が
崩れないために行います

根鉢を崩してはダメなのです
根っこの向きや土に密着している必要、根っこの乾燥など
生きるかどうかの瀬戸際です

        

ちなみに、ポットから植物を植える際は
時期や種類によって根鉢を崩す場合があります
それはポットで根っこがいっぱいになってるからです
今回は違いますよ、崩さないように!

          

樹木の株の準備が出来たら巻いていく段階

準備するのは麻布(あさぬの)、麻縄(あさなわ)です
麻布は根鉢をしっかり巻くことが出来るサイズと大きさ
麻縄は下に伸ばして準備しておきます

          

いよいよ根巻きを行う段階

樹木を載せます
根鉢の上に、最低でも10センチほど麻布を残しておきます
根鉢の上側にも巻くからです

            

ちょうどよいサイズを選びます

麻布をグルっと巻きます
重なる部分は余裕をもって5センチほど重ねます
あまり多く重ねる必要もないです、麻布は伸びます

そして麻縄でぐるぐる巻いていきます!
これは難しくまた複雑なので、別の機会にご紹介します

            

カブっぽいが完成した根巻き

このようにしっかりと巻きます
崩れない、ほつれない、緩まないことです

これで『根巻き』の完成です!

         

皆さんがやる時は緩まないように
しっかりと麻縄を引っ張って麻布を固定してください
最後は団子結びでもOKですよ!

とにかく崩れないように
しっかりと麻布を巻く、緩まないように麻縄で固定
それだけが大切です!

         

この完成形、何に似てるかと言えば
皮をむいた、ミカンです
そこで『ミカン巻き』とも言われています

比較的、小ぶりな樹木の根巻きの時に行います
小ぶりといっても2~3メートルの高さです
ひとりで根巻きが出来るので作業も早いです

         

これよりも根鉢が大きくなると
『樽巻き』いった巻き方で
2人作業になってきます

そうなると一人で持ち上げたり出来ないぐらいの樹木ですね
掘る量も、穴の大きさもかなり大きくなり
大変な作業になります

         

          

まとめ


なぜ根っこを布で巻くのか?
掘ってそのまま持っていけばいいのでは?

         

根っこは樹木の命です

           

それを乾燥から守ってあげるためなのです
土ごと巻くことで水分を保持したり
太陽の直射日光に当たらないようにしたり

根っこを全部掘り出すことは大変です
とても大きな樹木の根っこは
幅が数十メートルあるのです

           

これは古来の日本で生み出された
職人さんや生産者さんの知恵なのです
とても繊細で気を使う作業です

細かいところまで、コツコツと、準備万端に
そういった素晴らしい意味合いで
『根回し』『根ほり』って言葉があります

ちなみに『根ほり、葉ほり』で隅から隅まで
そうった言葉がありますが
掘り取ったら葉っぱを少し剪定してあげます

これは根っこから水分を吸収しづらくなっていますので
葉っぱからの水分の蒸発を減らしてあげる意味合いがあります

            

樹木の状態は、第一に葉っぱに現れます
それは根っこに問題がある場合も!

ですので、樹木はしっかり
隅々まで観察してあげましょう!
根掘り葉掘り、気にしてあげることです!

             

出荷されるのを待つ完成した根巻き

この状態で運んで
皆さんのお庭に植えます

植えたら季節にもよりますが
2週間から1ヶ月は水やりが必要です

根っこを切っています
まだ樹木は自分達で上手に水分を吸収できないのです
根っこが張るまで水やりをお願いします

根っこが張ったらもう大丈夫!
樹木は自分たちで元気に成長してくれます

        

お庭づくりや剪定、樹木の移植に関して
ぜひお問い合わせください!

造園会社ぐりんぐりんのお問合せボタン画像

              

             


オススメ記事


          

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. カラーリーフを使って素敵なお庭づくり
  2. オススメの小さな多肉植物五種とサボテン
  3. 至上の印象派展
  4. 2次元と3次元の融合書と池坊の合作
  5. 調布市で施工した新築住宅の駐車場づくりと庭づくりのサムネイル
  6. 三鷹市で施工した芝生のお庭から実用的なタイルデッキのお庭づくり

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

代表:横田のインスタグラム

造園会社ぐりんぐりん横田の個人インスタグラムアイコン

造園会社ぐりんぐりん横田が、お庭づくりに関するお得情報を毎日配信するインスタグラム!

特集記事

  1. ウッドデッキのステップのDIYで簡単に作り方の画像
  2. 武蔵野市で施工した日よけパーゴラを3日間でつくる説明
  3. ナチュラルガーデンの枕木のオススメ種類と使い方4選
  4. トマトの苗づくりの成長過程
  5. ナチュラルガーデンの花壇を何でつくる?オススメ素材画像

プロジェクト一覧

  1. 狛江市の幸せ家族のウッドデッキとウッドフェンスがあるお庭づくり
  2. 世田谷区で施工したローズガーデンの庭づくり
  3. 世田谷区の個人邸のナチュラルガーデンの庭づくり
  4. お庭と駐車場を兼ねた杉並区のナチュラルガーデンの庭づくり
  5. 武蔵野市で施工した子供たちがデッキで遊び果実を収穫できるナチュラルガーデンの庭づくり
  6. 足立区の病院で施工した石材のナチュラルなバリアフリーの駐車場づくり
  7. さいたま市で施工した造園会社ぐりんぐりんが提案するナチュラルガーデンのサンプルガーデン
  8. 目黒区で施工した10年20年後のバリアフリーでお庭を楽しめるナチュラルガーデン
  9. 木更津市で施工したレンガ花壇んと人工芝と夜でも楽しめるガーデンライトのナチュラルガーデン

最近の記事

  1. 紫外線90%カットする屋上の日除けパーゴラ
  2. 夏のバラ管理・剪定
  3. 目隠し植栽に果樹を使う世田谷区の実例
  4. 造園会社ぐりんぐりんが提案する石材があるナチュラルガーデンの庭づくり
  5. 吉祥寺の新築住宅の大きなテーマと小さなプラン
  6. 完成した石積み花壇と古木オリーブのシンボルツリー植栽
  7. 古木オリーブと石積み花壇のある病院のシンボルツリー植栽

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP