• TOP

シャクヤクの育て方!〈5~6月開花〉

5月が旬の花シャクヤク

豪華絢爛!

今が旬のシャクヤクです!

ガーデニンの聖地、イギリスでも大人気で

市場では多数みられました!

別名  カオヨグサ エビスグリス
種類 ボタン科ボタン属
タイプ 多年草(冬に地上部はなくなる)草花
原産地  中国北東部 ヨーロッパ
特徴 耐寒性 冷涼地(暖地でも可) 乾燥苦手 日当たり~半日陰
剪定  ー
開花 5~6月(一重から八重まで多種多様)赤 ピンク 白 黄色
果実  ー
植え・植替え  9~10月 (種は春蒔く、2~3年で開花)
水やり  地植えは不要 鉢植えは表面が乾いたらたっぷり 10月からが成長期なので注意!
肥料 不足すると花つきが悪くなる 緩効性化成肥料などを元肥、早春と花後に追肥

ロンドンの花市で売られる旬の芍薬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾燥に弱く、寒い地域で育ちます

また冬が成長期ですので水はしっかりあげてください

肥料もしっかりあげるとキレイな花で応えてくれます!

 

 

種は販売していないとの噂です

苗で育てて種を収穫するといいでしょう!

タネから育てると個性豊かに育って

ご自分だけの特徴をもったシャクヤクになることもあります!

 

 

太い根が張り、葉が大きくなるのでスペースには注意を

理想は花の高さが日当たり、地面は日陰の環境です

とにかく乾燥に気をつけて下さい

 

 

イギリスでは5~6月の花はバラかシャクヤクです!

日本ではボタンと並べられますよね!

私もシャクヤクはとても花が素敵なのでとても大好きです~!

 

 

 

『ロンドンの花束』街でみかけるイングリッシュ・センスの花束たち!

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 最先端の舗装方法
  2. 台東区上野で人気の洋食レストラン
  3. 水はけをとるための透水管
  4. 一度荒れ果てたがだいぶ元に戻ってきた壁面緑化
  5. 造園会社ぐりんぐりんがご紹介するナチュラルガーデンの庭づくりの芝生の張り方
  6. 子供のため杉並区で植栽した季節の植物

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

代表:横田のインスタグラム

造園会社ぐりんぐりん横田の個人インスタグラムアイコン

造園会社ぐりんぐりん横田が、お庭づくりに関するお得情報を毎日配信するインスタグラム!

特集記事

  1. タイルと自然石の比較とオススメの紹介
  2. エアコン室外機カバーの作り方を説明する画像ボタン
  3. 庭づくりをどの業者に頼むのか?その見分け方のポイントはたった1つ
  4. 武蔵野市で施工した日よけパーゴラを3日間でつくる説明
  5. ウッドデッキのステップのDIYで簡単に作り方の画像

プロジェクト一覧

  1. 狛江市の幸せ家族のウッドデッキとウッドフェンスがあるお庭づくり
  2. 世田谷区で施工したローズガーデンの庭づくり
  3. 世田谷区の個人邸のナチュラルガーデンの庭づくり
  4. お庭と駐車場を兼ねた杉並区のナチュラルガーデンの庭づくり
  5. 武蔵野市で施工した子供たちがデッキで遊び果実を収穫できるナチュラルガーデンの庭づくり
  6. 足立区の病院で施工した石材のナチュラルなバリアフリーの駐車場づくり
  7. さいたま市で施工した造園会社ぐりんぐりんが提案するナチュラルガーデンのサンプルガーデン
  8. 目黒区で施工した10年20年後のバリアフリーでお庭を楽しめるナチュラルガーデン
  9. 木更津市で施工したレンガ花壇んと人工芝と夜でも楽しめるガーデンライトのナチュラルガーデン

最近の記事

  1. 紫外線90%カットする屋上の日除けパーゴラ
  2. 夏のバラ管理・剪定
  3. 目隠し植栽に果樹を使う世田谷区の実例
  4. 造園会社ぐりんぐりんが提案する石材があるナチュラルガーデンの庭づくり
  5. 吉祥寺の新築住宅の大きなテーマと小さなプラン
  6. 完成した石積み花壇と古木オリーブのシンボルツリー植栽
  7. 古木オリーブと石積み花壇のある病院のシンボルツリー植栽

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP