• TOP

無肥料無農薬の野菜づくり!一年間の学び|命をはぐくむ庭づくり!

2020年循環農業のプレ講習

皆さんが口にする野菜って、いったいどんなものでしょうか?
どんな種が、どんな場所で、どんな土壌で育ったものでしょうか?
私も今までは、まったく気にせず、正直に言って興味もありませんでした

あるとき、お庭づくりで果樹を希望されるお客さんに出会い
その実を子供たちがついばんでいるのを見ました
『あれ?それ食べていいんだっけ?』

以前は私も自分が提供している果樹が
どうやって育てられているのか、まったく知りませんでした

それから樹木と植物のすべては、自分で足を運んで農地を見学して
信頼のおける生産者さんから、購入することにしたのです
それが口にするモノを提供する責任だというコトです

    

野菜の味を知る!


実は私の弟は”料理家”なのです
一流のフレンチを学び、世界各国で腕を磨いた本格派

今は世田谷区に本拠地を構え”CONVEY”という料理会社を設立
大使館などへの出張料理人、料理本の出版、コンサル、ケイタリング
レピシ提供などの仕事をしています

”CONVEY”に関してはコチラ

あるとき、彼の料理を口にする機会があり
その野菜の味に驚いたのです!『野菜の味?』
今まで食べていたものって何だったのか。。

体にと思って大手スーパーのカット野菜を食べていた自分
その違いにビックリしたのを今でも覚えています
子供たちにどっちを食べてもらいたいのか?

     

プランターでも出来る野菜づくり


岡本よりたか著書の無肥料栽培委の本

あるとき、知り合いから一冊の本を教えてもらいました
岡本よりたか『無肥料野菜栽培を実現する本』
それはとても科学的で理論的な野菜づくりの教本だったのです

しかもプランター栽培できるという事実
私が今まで全く知らなかった世界があったのです!
これなら都会でも野菜づくりが出来る!という希望

そして実際にプランター栽培を以前学び、ご報告しましたね
岡本よりたか『無肥料プランター家庭菜園』実際に育てよう!講習会

そして『野菜ができる庭づくり』を提供するために
一から野菜づくりを学ぶことにしました!
自分で実践することで、皆さんにオススメできるからです

     

無農薬無肥料の野菜づくり


■2020年3月1日(土)

晴れ、最高17℃、最低7℃
『岡本よりたか、無肥料栽培連続セミナー』プレ講義開催!

無肥料野菜栽培を学ぶ畑

本日は先生はいらっしゃいませんが
プレ講義として主催者さんが一年間の流れと、実際の学び
私たちが実習を行う畑を見学する自主講義が行われました

参加者は千葉県、東京、埼玉、神奈川から集まっています
職業やキッカケは様々で、農家さんや畑を相続した方、お庭でやってみたい方
年齢も20代~60代近くまで、それもさまざま!

そこにあったのは昨年、受講生が植えられた残った野菜たち
それが立派に育っていたのです!

     

無肥料野菜栽培の実習を行う畑

これでも私には広く感じます
それに私たちが良くみる畑とはちょっと違っていました
見るからに、畑っぽくない!?

     

勝手に生えてきたわさび菜

雑草が凄いことになっているのです
それに勝手にはえてきた”わさび菜”が、モッサモサ!

     

収穫されなかった無肥料栽培のからし菜

こちらは昨年収穫されなかった”からし菜”
去年の11月からこんな感じで放置されているそうです
でもすごく綺麗な葉っぱです!そのままちぎって食べると野菜の味!

やっぱり雑草に囲まれています
お話しでは残す雑草と、除去する雑草があるそうです

     

白菜の色々な状態で残っている

色々な状態の”白菜”です
一番手前のはもう菜の花が咲こうとしていますね
奥のは葉っぱがクルクルしています、スーパーなどで販売されている状態です

     

畑に残った春キャベツ

キャベツの綺麗なこと!虫食いがほとんど無いのです
参加者の農家さんたちもビックリしている様子!
ちょっと色が薄いけど、これほどの出来栄えに感動していました

     

コンパニオン栽培がおこなわれた痕跡

こちらは”コンパニオンプランツ”を実践された跡
キャベツのすぐ横にレタス!
他ではネギも埋まっていました

お話しでは場所によって主役の野菜を決める
それによってコンパニオンプランツとして
他に植える野菜を決めるそうです

     

畑の片隅に作られた自家製のたい肥

そして”たい肥”です
前回、プランター栽培でつくったモノと同じ要領で作られています

無肥料野菜プランター栽培はコチラ

材料は広葉樹の落ち葉、米ぬか、そして土壌です
それを混ぜ込んで発酵させる、カビには注意とおっしゃっていましたね

       

暑い3月上旬の畑の家族

今回は場所の確認と、これから始まっていくセミナーの案内でした
実際に野菜を見ると、本当にこんな素晴らしいのが出来るのか?
無知の私には驚きでいっぱいでした!

これから一緒に学んでいく、皆さんのお話しも聞けて
本当に面白かったですね!
皆さん詳しそうだったので、色々と学ばせていただこうと思いました!

     

次回


2020年3月21日(土)に開催される予定です
岡本先生を迎え、午前中は座学、午後からは畑で実習です!
細かい詳細は分かりませんが、楽しみです!

      

    

オススメ記事


      

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 先生がとことん気を配った自由花のお直し後
  2. 東京港区で造園会社ぐりんぐりんが施工したプランター植栽があるウェルカムガーデン
  3. エントランスの壁面緑化
  4. 造園会社ぐりんぐりん横田がチャレンジしている池坊のいけばなで優秀賞獲得
  5. 厚めの自然石でナチュラルガーデンと駐車場をつくる
  6. テンションが上がる展示会港区六本木の国立新美術館で開催中の安藤忠雄展ー挑戦ー

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. トマトの苗づくりの成長過程
  2. 造園会社ぐりんぐりんが社員を募集中!の広告
  3. 武蔵野市で施工した日よけパーゴラを3日間でつくる説明
  4. ナチュラルガーデンの枕木のオススメ種類と使い方4選
  5. 生産農家が語るナチュラルガーデンの芝生4種類と手入れ画像

プロジェクト一覧

  1. 世田谷区の個人邸のナチュラルガーデンの庭づくり
  2. お庭と駐車場を兼ねた杉並区のナチュラルガーデンの庭づくり
  3. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  4. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  5. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  6. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  7. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  8. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  9. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム

最近の記事

  1. 武蔵野市のお庭直前の樹木剪定作業の施工前と施工後
  2. 玄関アプローチへの植栽
  3. 世田谷区のマンションで一ヶ月に一回剪定管理している花壇にアジュガを植栽
  4. 世田谷区の個人邸で施工したメンテナンスが楽な花壇植栽
  5. 個人邸の玄関周りの植栽
  6. 世田谷区の個人邸での樹木剪定と草刈り
  7. 縁側デッキと人工芝の幸せ家族ガーデンづくり

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP