fbpx
  • TOP

ぐりんぐりん弾丸ツアー!開催!『藤森照信・建築と庭』vo.1

宙に浮くような離れ

いろんな方からおススメを教えてもらっていた

有名な建築家さん達。

 

いつかは拝見したいと思っていて

なかなかタイミングがありませんでした。

 

仕事で多忙ですが、無理やり時間をこしらえて…

やっとこさ重い腰をあげて

いざ、『弾丸建築ツアー』を敢行です!!

 

 

今回狙うは”藤森照信さん”、東京大学名誉教授であり、
東京都江戸東京博物館館長、そして自然建築家

 

世の中にこんな建築物があるんだ~って

まるで”ジブリ”のような建築をデザイン、設計なさっています。

 

国分寺にある2009年完成の藤森照信さんデザインの建築物

”チョコレートハウス” 2009年

東京都国分寺・個人邸

 

国分寺崖線の上に立つこの建物。

れっきとした個人邸で 、兒嶋俊郎さんという方の住居。

兒嶋(こじま)画廊の店主で、日本を代表する洋画家・児島善三郎さんの孫。

 

兒嶋善三郎さんは、1936(昭和11)年から15年間

この地をアトリエとし、多くの大作を描いた。

 

木製のカワイイ倉庫がある藤森照信建築

傾斜地に立っているんですが

この倉庫?みたいなモノも完全木製。

エアコンの収まり具合がいいですね!

 

銅版の外壁

銅板の外壁です!

一枚一枚、人の手で加工されているようです。

外壁の銅板がどうやって施工されているか分かる部分

こんな感じで順番に一枚一枚

釘打ちされてくっ付けられているようです!

 

銅板の曲げは人の手じゃないと、こんな表情は出てこないですね。

金属工芸をやっている

ぐりんぐりん/grengren代表の横田だから理解できる部分です。

 

表情がとても面白いですね。

これを全部につけると、とてもうるさくなる印象ですが

藤森さんはとても上手く収めていらっしゃる。

さすがとしか言いようがありません!!

 

表側の面白いはなれ

 

出窓というのか、離れというのか

展望台みたいに宙にういた感じがとても藤森さんらしい

(らしい、というのは他の建築とも近い部分があるからです)

 

ごみ置き場に対する気の使いよう

ごみ置き場もこの通り、気を使った感じで収められています!

ちゃんと銅の部分が波打ってるのが素敵です!

 

丁寧な仕事がされたチョコレートハウスのポスト

当然というのでしょうか、ポストです。

しっかりチョコレートしてますね~!

 

個人のお宅としてはズバ抜けた個性です!

藤森さん曰く、『作りたいものをつくる』という単純さ。

お客さんの要望とかも、基本的には聞かないそう。

 

だって、作りたいものを作りたいって単純なお考えから。。。

 

 

できそうで、できない、その考え方とやり方です。

ぐりんぐりん/grengrenではお客さんに寄り添った考え方をしています。

独自の路線、やりたいことはガーデンショーなどで発揮している感じです。

 

いずれその二つの道が、一つにつながるときがきますので

そうなったら我々がやりたいことと、皆さんが求められることが

一致することでしょう!

 

 

藤森さんの建築を通じて

考え方や向き合い方をあらためて確かにした、今回の弾丸ツアーVo.1でした!

 

 

次の弾丸ツアーVo.2も”藤森照信さんの建築”ですよ!

関連記事

  1. 公園で寝転がる人々
  2. 貝塚造園の若手のチームに参加したコンテストガーデン
  3. 背の高い花の生け方
  4. 藤沢市にあるおしゃれな園芸店の看板
  5. 人気のサボテンを育ててみる挑戦
  6. 伊勢神宮の遥拝殿として明治に創建
PAGE TOP