fbpx
  • TOP

樹木移植のための根巻き『ミカン巻き』根掘り葉掘りの語源ですよ~!

根巻きの上手な例

樹木を大量に移植するということで

お手伝いに伺ってきました~!

場所は横浜市にあります中規模の造園屋さんです。

こちらでは自前の畑をお持ちなので、庭木がいっぱい植えられています。

日頃からお世話になっていますが

さらにお世話になることに~!

いつもありがとうございます!

と言うわけで

今回は”樹木の移植”のための準備段階

『根巻き』を行います!

根巻きって…?

樹木は生産者さんがいて

そこで樹木を育てているのです

必要な大きさに育ったら

今度は出荷をしなくてはいけません

その際、行うのが”根巻き”なのです!

弊社のぐりんぐりん/grengrenでも植栽工事の際は

こちらの畑から樹木を掘って、皆さんのお宅へ伺うこともあります。

ぐりんぐりんのナチュラルガーデンの庭づくり

順番に見ていきましょう!

根巻きを行う前段階こちらの樹木の”根巻き”を行っていきます!

ちなみにこの樹木は『落葉ヤマボウシ』です

落葉と付くのは、常緑もあるからなんです

常緑ヤマボウシは人気の樹木で

ホンコンエンシス、月光

という品種はマットな緑で

とても綺麗な樹木です!

どちらも白い四枚花弁の花を5~7月に咲かせます

また9月ごろには赤い実をつけます

あまり知られていませんが

とても甘いですよ~

意外と知られていない甘い実見た目は毒々しいサクランボ…

けどかなり美味しい~!

第一に

根巻きの前にまず行うのは根回し”根回し”を行う必要があります!

写真のように

スコップを反対にして

チョッチョッチョッ~って軽く入れます!

ここを掘りますよ~ってことと

根っこがはびこっているので

こうやって根っこを切ってあげるのですね!

本来この”根回し”は半年から一年前に

行っておくべし!とされています

植物にとって一番大切なのは

根っこなんですね

根っこの中でも、さきっぽの方にある細かい根

ここから水を含む、全ての養分を吸収するのです!

根っこを切られると樹木が弱る確率が高まる!

ってことなので早めに行い

土の中でゆっくり回復させるのです

ちなみにお気づきの方も!

”根回し”の語源ですね

準備万端にしておくってことですね

今回は一年前に仮に植えられた樹木たちなので

根っこがまだまだしっかり根付いていません!

なので心配いりませんよ~!

第二に

掘り取る範囲が決まったら掘る

周りを掘ります!

さっきはスコップを反対に使いましたが

今回はしっかり掘る!ので通常通りに使ってね

掘る!掘る!掘る~大変な作業です~!

掘り起こされた樹木の株こんな感じになるまで

掘る!掘る!掘る~

掘るのは周りで

根っこを切るときは

最初のようにスコップを反対に使って

ザクッ!と”切る”ようにして下さい!

ラピュタ状態な樹木の根っこラピュタ状態になるまでですよ!

下の方は丸く~半円に近い形状でOKです~

そしたらピンピン出てる根っこを

ハサミで切ってツルツル状態にします!

ツルツル坊主状態になった樹木の株坊主です!ツルツル坊主です!

そうなって初めて巻いていく段階です!

樹木の株の準備が出来たら巻いていく段階麻布と荒縄です

こんな感じでセット!

いよいよ根巻きを行う段階樹木をセット!

今回の大きさでは、麻布の上、10センチ程残す位置です

ちょうどよいサイズを選びますグルッとかぶせてみて

丁度良いサイズでやりましょう!

10センチぐらい重なる長さ

下はキチンと全部閉じる必要があります

上は土面がみえてもOKです

いよいよ巻きます~!

カブっぽいが完成した根巻きカブっぽいけど巻きました~!

ちょっと時間がなかったので

細かくは説明出来ませんが

根巻きが完成したらこんな感じです!

この完成形が”ミカン”に似てませんか~?

で、『ミカン巻き』です!

まぁあくまでも通称ですけどもね

なぜ、根っこを布で巻くのか?

掘ってそのまま持っていけばいいじゃないって

思いますが…

根っこは樹木の命です

それを乾燥などから守ってあげるためなのです

土ごと巻き込むことで水分を保持したり

太陽の直射日光に当たらないようにしたり

根っこを全部掘り起こすのは

現実問題として大変すぎますし

とても大きな樹木などの根っこは

凄いことになってますよね

これは古来の日本で生み出された

職人さんたちの知恵なのですね

ですので樹木の根っこを掘るってことは

とても気を使うことなんですね

”執拗に、細かい所まで、隅々まで”

って意味で『根堀り』

『葉掘り』は根掘りの語呂合わせなのですが

根っこを切ると弱るので

葉っぱを少し落としてあげることがあります

水分の蒸発を防ぐのです

樹木の状態は、まず第一に

葉っぱに現れます!

葉っぱが黄色くなったり、落ちだしたりしたら

それは何か問題が起こっているかも!

なので”葉”は

とても”隅々まで、注意深く、執拗に”

観察してあげてくださいね!

もちろん弊社ぐりんぐりん/grengrenでも皆さんの個人邸で

お庭の管理をさせていただくときは、すべての樹木の状態を確認しています。

ぐりんぐりんのお庭の管理、庭づくりはコチラ

本日はなんだかんだ他の作業もこなしながら

8株、施工しました~!

腰にくるので気をつけてね!

出荷されるのを待つ完成した根巻きカブではありません、樹木です

このまま車に乗せ換えて運びます。

皆さんの個人邸などで植栽工事を行う場合は

この状態で持ち込んで、布を巻いたまま植えます。

季節にもよりますが、植えてから細かい根っこが生えてくるまで

皆さんで毎日、水やりを行っていただく必要があります。

基準として約2週間から一カ月。

毎日水をあげ続けるとうまく樹木が定着してくれて

あとは自然に育っていきますよ!

樹木を植え替えるなどの工事を行った際

詳しくご説明するので、いつの間にか植物にも詳しくなります!

まずはお問い合わせください。

一緒に美しいナチュラルガーデンの庭づくりをやりましょう!

ぐりんぐりんのナチュラルガーデンの庭づくり

第34回全国都市緑化はちおうじフェア!『絹の道』施工完了です!

横浜市の幼稚園01『花壇と池』自然と触れ合える、オシャレな花壇!

チェルシー・フラワーショー!『御所の庭/No wall,No war』石原和幸

忙しい大人達!小さい子供達!のためのお庭!『人工芝』2日間の施工!

関連記事

  1. 多くの樹木が並んだビルの屋上テラスでくつろぐ人々
  2. イングリッシュガーデンの原型と言われるコッツウォルズ地方の街並みを背景とした造園会社ぐりんぐりんのブログ画像
  3. これからが楽しみなおしゃれ観葉植物の仕立て
  4. 都立9庭園の一つ
  5. 最先端の舗装方法
  6. 季節の花ガーベラがとても美しい池坊の自由花

特集記事

  1. イングリッシュガーデンの原型と言われるコッツウォルズ地方の街並みを背景とした造園会社ぐりんぐりんのブログ画像
  2. 造園会社ぐりんぐりんがオススメするレンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選!の画像
  3. 造園会社ぐりんぐりんが提案オススメするナチュラルガーデンの庭づくりのサイト画像

プロジェクト一覧

  1. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  2. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  3. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  4. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  5. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事
  6. 軒下の最小スペースを使ってお客さんが楽しむ箱庭のお庭づくり
  7. 物語が始まりそうなナチュラルガーデン
  8. 一軒家の階段をあがり二階正面に広がるバルコニーをリゾート式のバルコニーガーデンに施工
  9. お客様のご希望で制作した花壇スペース

最新情報や更新報告のお知らせ!

最近の記事

  1. 畳敷きから床板にDIYで改装した世田谷区奥沢にあるシェア奥沢の広間
  2. 世田谷区の個人邸のシェードガーデンの植栽工事
  3. 植物が育つ固定したアンティークストーンの石畳
  4. 夏の男花展2019のための習作
  5. グランドカバーとしてのディコンドラ
  6. 東京都小金井市にある素敵な小さな山の斜面
  7. 江東区の個人邸で施工したレンガ花壇と人工芝のドックランと植栽

お問合せ、ご相談

お庭づくりや記事に関する

 

お問合せやご相談は

 

コチラの”ご連絡フォーム”から!

PAGE TOP