• TOP

育成ライトで冬越し!徒長させない観葉植物の対策~成長するのか!?

冬越しのため育成ライトを使用

観葉植物にかぎらず

冬越しってとても難しいですね

 

とくに日当たりがとれない場所は

けっこう致命的な事態が起こります!

 

植物の”仕立て”に関して

”徒長”は取り返しが使いない場合があります

 

 

 

 

 

 

 

第一の原因は『日光不足』ですね

日当たりが悪く、太陽の光にあたらない!

 

植物たちは陽の光を求めて

グングンただただ長く、遠くの伸びようとする

そのため間延びした感じになってしまう

 

 

 

 

 

 

樹木、多肉植物などは剪定して

高さ調整!

切った枝などは挿し木に出来る可能性もありますよね

 

しかし、サボテンは?アガベは?

トンガリ帽子みたいに頭が尖ったサボテンや

葉っぱがビヨ~ンって伸びたアガベって

どうやって元に戻すの?

 

やっぱり剪定して

復帰させるんでしょうけど

ちょっと傷が目立ちますよね~

 

それに種から伸びてきている子供は?

もっと育てたいじゃないですか~

 

 

 

 

 

そこで実験として

今回試すのは…

『育成ライト』です!

 

数が少ない白色のLEDライト今回、選んだのはコチラ!

 

あまり種類がない白色LED育成ライトなぜコレにしたかって~

それは明かりが”白色”だからです!

 

 

 

 

 

 

明かりの色がピンクなのが通常の育成ライトよくある育成ライトって

明かりの色が”ピンク”なのです

 

植物が成長するのに

必要な光の波長っていうのがありまして

 

光合成に必要な光の波長って”赤色”なんですね

葉っぱや茎の形成には”青色”

 

通常のライトには”青”は含まれていて

それに”赤”を追加しないと”育成ライト”にならないのです

 

 

 

 

 

 

赤色の波長のライトを追加した育成ライトと、言うわけで”赤色”を追加

こちらのライトは”青”も単独でついています

それに”白”もありますね

 

これがよくある『LED育成ライト』なんです

 

 

 

 

 

 

 

普通の”電球”タイプや、”蛍光灯”タイプもありますが

一般家庭でチャレンジするなら

今の時代は”LED”が良いかと思います

 

色々調べましたが

一長一短でどれもって感じなんですが

 

太陽の代わりに使うって考えると

12時間、ライトをつけっぱなしなんです

毎日必要です!

 

電気代だってバカになりませんし

今の時代、LEDの価格も下がってきています

 

 

 

 

 

 

インテリアを邪魔しない白色育成ライト白い明かりの育成ライトって

実はあまり種類がなく

自然とコチラになってしまいました

 

やっぱり普通の生活する場所で

育成ライトを使いますからね~

あまりピンクは…って思います

 

 

 

 

 

 

これでどれだけ植物が育成できるのか!?

はたまた名ばかりだけなのか!?

 

これはチャレンジです!

随時、成果をご報告していきたいと

思っています~!

 

 

 

 

 

 

 

群馬県前橋市『サボテン団地』多肉・乾燥系植物の聖地に侵入~!

 

種から育てる『ガジュマル』!幻のキジムナーに出会うまで~!

 

石原和幸チームに参加!イギリス・チェルシーに乗り込みます!!

関連記事

  1. 大変な石積み作業が終了した造園工事
  2. 先生の修正が入った池坊の自由花
  3. 少しづづ積み上げることで完成へつながる石積み
  4. 防虫・防腐処理された丸太階段
  5. 川辺の石でつくった小さな水たまり
  6. 住宅開発地域の看板完成予定図
PAGE TOP