fbpx
  • TOP

フィカス・アルテシーマの育て方!〈春~初夏〉

状態良好なフィカス・アルテシーマの斑入り葉っぱのアップ

 

 

別名 フィカス・アルテシマ  アルテシーマ・バリエガータ  (アルテシーマとは背が高い、バリエガータとは斑入りのって意味です)
種類 クワ科 フィカス属
タイプ 常緑高木 (~30メートル)
 原産地 インド 東南アジア
 特徴 非耐寒(5℃以上、冬は室内) 耐暑(20℃以上は外、日当たり)

耐陰性(あるが葉色が悪くなる)

 剪定  4月~7月 9月~11月  真夏、真冬は避ける
 開花 イチジク(無花果)のような花嚢(かのう)と呼ばれる袋の内側に花を咲かせる。なので見えない!白い花とも言われる。
 果実
 植え・植替え  4月~8月 鉢植えは2~3年の一回
 水やり 乾いたらたっぷり  鉢植えは乾いたら、冬は乾燥気味にする

葉水は年間継続、冬は少なくする

肥料 地植えは基本いらない  鉢植えは5月~9月に緩効性肥料、液体タイプは2週間ごと、冬はやらない

 

 

黄色の斑が綺麗な黄緑にはえる大きな葉っぱが特徴の観葉植物フィカス・アルテシーマ

東京では鉢植えで育てる。

 

 

 

春~初夏は、最低気温をチェックして最低気温10℃以上なら、朝、外に出して、夕方室内の明るいところ。

気温が15~25℃で安定してきたら、一週間、外の明るい日陰(直射日光があたらない)ところで管理。

慣れてきたら午前中だけ直射日光があたるところへ移動。 しばらく様子を見る。午後だけとか西日のところはちょっと心配です。

 

 

 

室内から外へ移行するときは、焦らず、ゆっくりと、時間をかけて慣らしていきます。

人と同じですね。「夏だ~!!」っていきなりパンツ一丁で海にはいると日焼けがひどいですよね~!

 

 

植物も一緒です。とても敏感!柔肌です。

『葉焼け』と言って、葉っぱが紫や黒色、茶色に変色して、もう二度と元には戻りません! 光合成もできないし、枯れるのを待つのみになってしまいます!

 

 

 

気をつけて下さい!

私も経験がありますので。あれは悲しい事件でした…。

 

 

 

しかし、基本的にはフィカス属、ゴムの木の種類は日光が好きです。真夏以外はなるだけ日光浴をお願いします!

そして葉水を忘れずに!

 

 

株が元気になって、葉っぱにツヤとハリがでます!

人とおんなじですよ~!

 

 

 

みんな大好き!大人気!『フィカス・アルテシーマ』ついに我が家に!

 

初めて見た!フィカス・アルテシーマの葉芽が成長!

関連記事

  1. 至上の印象派展
  2. 茶花に人気の白いリンドウを使った三種生
  3. 人気がないオシャレなゴムの木
  4. 横浜市代表として貝塚造園
  5. 発芽確認アデニウム
  6. 石原流花の植栽

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. シェードネットをつけて完成した日よけパーゴラ
  2. 完成したルーバー式エアコン室外機カバー
  3. イングリッシュガーデンの原型と言われるコッツウォルズ地方の街並みを背景とした造園会社ぐりんぐりんのブログ画像
  4. 1日で簡単にDIYで作るウッドデッキのステップ
  5. 造園会社ぐりんぐりんが提案オススメするナチュラルガーデンの庭づくりのサイト画像

プロジェクト一覧

  1. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  2. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  3. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  4. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  5. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  6. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  7. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  8. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事
  9. 軒下の最小スペースを使ってお客さんが楽しむ箱庭のお庭づくり

最新情報や更新報告のお知らせ!

最近の記事

  1. 世田谷区と目黒区の公園で施工した季節の花の植栽
  2. 季節の花のニホンズイセン
  3. 世田谷区で施工した北側の玄関横のウェルカムガーデン
  4. 白色に塗装した横浜市のパーゴラとフェンスとウッドデッキの塗り直しメンテナンス
  5. 目黒教室の花がたりの先生がいけた池坊の伝花
  6. 国分寺市で施工が完工した庭づくりの花のプレゼント
  7. 国分寺市で施工完成した樹脂フェンスと門扉

お問合せ、ご相談

お庭づくりや記事に関する

 

お問合せやご相談は

 

コチラの”ご連絡フォーム”から!

PAGE TOP