• TOP

2017年チェルシー!ゴールドメダル獲得!!石原和幸チーム6連覇!!

チェルシーフラワーショーでゴールドメダル獲得し両手を挙げる石原和幸

 

『Gosho No Niwa  No Wall  No War』

 

フェスティバルでの庭園

2017年チェルシー・フラワーショー!!

石原和幸チーム! 見事ゴールドメダル獲得!!

 

 

 

石原氏!!いつものハイテンションでイエ~~イ!!

 

 

 

イギリス人女性から金メダルを授与される石原和幸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼンターからの金メダル授与の瞬間です!

何回観てもイイですね!

 

 

 

 

チェルシー・フラワーショーの金メダルが貼り付けられている緑の三角の筒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは各ガーデンの案内板ですが

金メダルが表示され、ご覧になるお客様にも

伝わっていきます!

 

 

 

私、会場でビラ配りをしていたんですが

お客さんから『メダルの色は?』

『一回目から観てるけど、いつもラブリーだ!』

とおっしゃっていただきました!

 

 

 

特に印象的だったのが『ラブリー』という単語

とても多く聞きました。

 

 

『lovery』ラブリーとは”可愛らしい”とはちょっと違うんです。アメリカでいう『great』素晴らしいの事なんですね。驚きのある突き抜けた感じの事をいうんです。イギリスではご婦人方がよく『ラブリー』と使うそうです。

 

 

何かのエピソードで拝見した気がしますが

石原氏がシルバーギルド(銀メダル)だった時

なぜ金ではないのか?の問いに

『チェルシーの庭はラブリーさが必要だ』

と審査員に言われたことがある。とのこと

 

 

 

おそらく『いいね!』ではなく

『スッゲー!』じゃないとダメだってコトなのかもしれません

 

 
鑑賞されているガーデンショーの庭

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは同じアルチザン部門、他の金メダルの庭です

やっぱり可愛げはありますよね!

南国風、リゾート、真夏、休日などの単語が浮かびますよね~

 

 

 

ちなみにチェルシー・ガーデンショーのメダルなんですが

各部門で金メダルは最大で3つとか、決められています

つまり、一つの部門で金メダルの庭が3つあるってことですね

 

 

 

3つとはあくまで例えですが、最大数は決まっているそうです

また値する庭がなければ、今年は金メダルなし!ってことも

そのしたは『シルバギルド』『ブロンズ』と続くそうです

 

 

 

ガーデンショーの船をテーマにした庭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェルシー・ガーデンショーの庭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんで賑わうチェルシー・ガーデンショーの庭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんで賑わうチェルシー・ガーデンショーの庭

 

 

 

 

 

 

 

以上が同じアルチザン部門で注目を集めたガーデンでしょうか

 

 

 

どれもハッキリしたテーマが感じられます

 

しかし…石原さんの庭と何が違うのか!?

私が感じたことですが…

 

 

 

まず第一に『立体感』です

他の庭の多くは写真でも、実物を観てもあまり違いがなく感動しないと思います。タイルなり、建物なりがそこに置いてあるだけなんです。下手したら会場に元からある大きな木々と、作った庭が一体化してしまって、観る者の心を揺さぶる『驚き』『感動』『世界観』が失われしまいます。

 

では石原さんの庭は?

 

パッと観たときに他の景色とは全く別物と感じると思います。会場は大きな木々と芝生と、とにかく緑だらけなんですね。そこに鎮座しているオーラをまとった庭、後ろの壁の紅葉も3.5~4メートルの高さがあります。セダムや苔に覆われた壁。

 

と思いきや、前面は繊細な水面が揺れる池、圧倒的な奥行き感の植栽。それは生花からきていると石原さん自身おっしゃってました。

生花は究極的に計算された自然とでも言いましょうか。自然だけでは粗野、そこに歴史の積み重ねで極限まで削り落とされた美がくわわって、完成された一つの美の形なんですね。

 

いけばなの根源 池坊

 

 

 

第二に『手間』

 

やっぱり石原さんの庭は、すごく人の手間がかかって出来上がっています。建物をたてるのはもちろんですが、苔についたゴミを手作業でとっています。小さいことですが、そのキレイな苔が集まって全体の印象が決まります。

 

結果、光があたるとこの庭は光ります。ゴミをとったキレイな滝の水、キレイに拭き取ったガラス。完成したと思ってから、何日も修正と掃除を繰り返しています。輝かない訳がありません。

 

もっと大きな視野でみますと『より高く。より遠くへ。』ということですね。追求し続けるってことです。より良いものが作りたい。もっともっと~!って思って作っています。

 

 

 

2017年チェルシー・フラワーショー開幕!!植物・ガーデンの祭典!

 

 

2017年チェルシー九日目!ついに完成!石原和幸氏テンションMAX!

 

 

2017年チェルシー一日目!石原和幸チーム怒涛の建込みスタート!

関連記事

  1. カーネーションとモンステラの池坊の自由花を東京支部の研究会で発表する
  2. アンティークレンガがラフに積まれている花壇
  3. アイデア賞を獲得した我がぐりんぐりん/grengren
  4. 町田市立国際版画美術館の案内板に赤い下地で『hangajungle展』と黒のゴシック体で書かれた案内ポスター
  5. 神代植物園で2019年6月に開催されたバラフェスで四季咲きのバラ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ナチュラルガーデンの花壇を何でつくる?オススメ素材画像
  2. 国分寺の完成したナチュラルガーデンのためのパーゴラ
  3. レンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選画像
  4. 初心者でもアンティークレンガで簡単DIY!おしゃれ花壇のつくり方の画像
  5. 造園会社ぐりんぐりんのsns案内

プロジェクト一覧

  1. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  2. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  3. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  4. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  5. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  6. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  7. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  8. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事
  9. 軒下の最小スペースを使ってお客さんが楽しむ箱庭のお庭づくり

最近の記事

  1. 池坊2020年新年会で2年連続表彰
  2. オーストラリア産の樹木の植栽
  3. 池坊目黒教室でいけたボケと小菊の生花
  4. 山積みになったアンティークレンガ
  5. 全部が抜根されるなか一本だけ残されたフェイジョア
  6. ご予算に合わせた世田谷区の個人邸の第二プラン
  7. 植物が自由にはえすぎているお庭

お問合せ、ご相談

お庭づくりや記事に関する

 

お問合せやご相談は

 

コチラの”ご連絡フォーム”から!

PAGE TOP