砂利を極める!3選|オシャレと雑草対策、両方を欲張りに叶える!

皆さんはお庭の存在ってどうお考えでしょうか?大好きな癒しの空間?子供が遊べる安全な場所?それとも雑草が生い茂る厄介な場所?

もちろん素敵で楽しくてワクワクするお庭で、家族や友人と心豊かな時間を過ごしたい!でも管理はちょっと大変、出来るだけやりたくないな!

そんなオシャレと雑草、相反する両方を叶えてくれる、そんなお庭づくりってあるの?しかも!安い!簡単!DIYでも出来ちゃう!

それが私たちがオススメする新しいお庭づくり”グラベルガーデン”なのです!

白系の石と砂利を使ったモノトーンのグラベルガーデンの花壇植栽

グラベルガーデンとは?

グラベルの意味

あまり聞きなれないワードですが”グラベル”は砂利、砂利道を意味しています。車のレースなどでは舗装されていない道を走るレースのことを”グラベル”と呼ぶこともあるそうです。

グラベルガーデン

よく見かけるグラベルガーデンのひとつ、石のステップと砂利で雑草対策の庭づくり

これはもうお分かりですね”砂利の庭”って意味です。このグラベルガーデンはまだ一般的ではありません、ガーデニングの王国、イギリスでも最新のお庭づくりのひとつなのです。

砂利を敷くという事は、もちろん雑草が出てこないように防草シートを敷くのです。これが雑草対策になっています。

防草シートがあってはじめて雑草を抑える効果があります。実は防草シートにも色んな種類があって、シートだけで雑草を抑制するのは”曝露防草シート”というもので太陽光を地面に当てない効果があります。

一般的な防草シートは薄めになっていて、それだけでは防草効果は低いのです。シートの上に砂利やウッドチップを敷いて、はじめて防草効果が出来るのです。

防草シートを敷いて砂利を4センチ以上敷いた雑草対策された砂利の庭づくりグラベルガーデン

つまり”グラベルガーデン”とは雑草対策された実用的なお庭づくりと言えます。しかも安価でDIYでも出来ちゃうのが素敵ですよね!

ぐりんぐりんのグラベルガーデンとは?

私たちぐりんぐりんも以前はグラベルガーデンの庭づくりを多数行ってきました。特に毎日が忙しいご家族の皆さんには好評を得ていました。

それは管理に手間がかからない実用的な庭づくりだからです。

ちょっと流行を追った植物と砂利で、とっても素敵なお庭が簡単に出来ます。それでも良かったのですが、もっと面白く動きがあってワクワクするような感じに出来ないのかな?そんな想いでグラベルガーデンを作り続けました。

グラベルガーデンにロック

大きな自然石と植物との共存するナチュラルガーデンの庭づくり

これも以前から作っていたグラベルガーデンです。大き目の石と小さめの石、そして砂利を組み合わせた庭づくりです。

これでもとてもオシャレで雰囲気が抜群に出来てきます。どっかの荒野の感じでオージープランツとの相性が良いですね!

ぐりんぐりんの庭のテイストに参考にしたアメリカのロッキー山脈の風景

イメージしたのはアメリカのアリゾナ州の広大な岩肌です。地球をむき出しにした感じの力強い感じがなんとも素敵です。

岩肌の山々と砂漠なので草木は乾燥に強く、まさにオージープランツのような植物が最適だと感じます。砂利にロック、それだけで十分オシャレで雑草対策になります。

ここで注意したいのは、ロックであってストーンではないってことです。

ロックとストーン

ちなみに”ロック”は岩や岩石のこと、”ストーン”は石、この違いは大きさじゃなくて人の手が加わっているかどうか。

小さくでも山奥にあるゴツゴツした岩は”ロック”、対して人に磨かれた宝石は巨大でも”ストーン”なのです。

自然界にある丸い石は川に多くありますよね、それは川に流されて石同士がお互いを削り合って丸くなったのです。つまり丸い石は水辺の近くにあります。

それと比べるとロックは山に多くあります。隆起した山や岩石からはがれ砕けたのがロック、ダイナミックな自然そのものなのです。

実はそのことが、”ぐりんぐりん流グラベルガーデン”にたどり着くヒントだったのです!

ぐりんぐりん流グラベルガーデン

様々な大きさの砂利と岩が一体になった、ぐりんぐりん流グラベルガーデンの誕生

結論としてたどり着いた”ぐりんぐりん流グラベルガーデン”がこちら。無数の大きさの石が存在することがポイントなのです。

今までの”グラベルガーデンとロック”はそれぞれが別ものだったので、人工的であったのです。なので砂利と岩、その中間の大きさの石を無数に作りました。

無数のサイズの岩と砂利を使った、ぐりんぐりん流グラベルガーデンの庭づくり

そして出来るだけ同じ種類の岩と砂利を使っています。色合いや表情など近しいモノを使い、並べ方も計画的にしています。

大きい石から小さい石へ流れを作るように並べていきます。流れです。時に渦を巻くように並べても良いです。

何のために?それが”ストーリー”なんです。ストーリーとは”だからこうなった”という前段階があるということです。それが”リアリティ”です。

大きな岩が落ちてきて割れて色んなサイズの石が散らばっているというストーリーがあるグラベルガーデンの庭づくり

例えば、大きな岩が落ちてきて割れたから色んなサイズの石が散らばっている。例えば、波のように並べてみるとか、色んなサイズの石をランダムに並べて音楽の強弱のようにしてみるとかですね!

ちなみにこの砂利、新築建売でよく使われている一番安い砂利の砕石です。それでも使い方や見せ方次第で満足いくお庭づくりが出来るってことですね!

施工した実例

1:世田谷区のグラベルガーデン

世田谷区の新築住宅の小さな花壇のぐりんぐりん流グラベルガーデンの庭づくり

新築住宅の小さな植栽帯ですが、全部に植物を植えると管理が大変ということで、”ぐりんぐりん流グラベルガーデン”にしました。道路に近い部分だけシンボルツリーのオリーブを植えて見栄えを整え、あと全部グラベルガーデンです。

植物がない砂利だけの花壇として、ぐりんぐりん流グラベルガーデン

これも色んなサイズの石を作り置きました。一部にゴチャって山にして、平坦な砂利だけにならないように面白さを演出しました。

花壇に使ってもいいですし、植物を植えなくても砂利と岩だけにしても良いのです。それだけでオシャレに雑草対策が出来ますよ!

これも安い砂利の砕石です!上の画像と下の画像は同じ砂利と石です、濡れるととっても良い発色しますね。

2:横浜市のグラベルガーデン

石と砂利を混ぜ合わせて自然界に存在する乾燥地にある岩場の環境を表現

ぐりんぐりん流グラベルガーデンを思う存分発揮した実例です。もともは砂利と直径20cmの石が数個だけでした。石を何個かハンマーで割って、色んなサイズの石を作り”ストーリー”を持たせ並べました。

横浜市で実現した小さな花壇のグラベルガーデンとロックガーデンの植栽

駐車場の15cmのスリットもグラベルガーデンにしました。ポイントは植物を植えすぎないこと、石だけの場所があるから全体的な雰囲気が発揮できる!

3:遊びのグラベルガーデン

色んな種類の石とランダムなサイズの石を使った遊びのグラベルガーデン

色んなサイズと種類の石を使ったグラベルガーデンです。こうなると主役は石、植物や装飾はもうあっても脇役ですね。

どんな砂利だって”使い方”と”組み合わせ”だけで、とっても素敵なお庭づくりが出来る実例と言っても良いでしょう!

これだって防草シートを敷いてあるので、本当に実用的な、現実的に雑草対策なのです!もうこうなるとそれも忘れて楽しいお庭づくり!って言えますよ。

まとめ

大きな石と砂利でオシャレに雑草対策を実現できるぐりんぐりん流グラベルガーデン

オシャレと雑草対策は、いっぺんに両方同時に叶えることが出来ます!それは同時にお庭と植物を思いっきり楽しむことに繋がります。

何か着飾ったような砂利の上に大きな石を置くだけではなく、ストーリーがある感動や感激のある庭づくりを体験してみてください!

それは一度見たら満足してしまう上っ面の美しさではなく、何度も観たくなるリアリティがある自分のお庭に愛着が湧いてしまう事でしょう!

さぁ毎日カーテンを開けてお庭に出たくなる、ぐりんぐりん流グラベルガーデンを実現してみましょう!皆さんの毎日の生活がより豊かになることを実感できます!

ぐりんぐりん横田が情報発信しているインスタグラムのアイコン
代表の横田が毎日配信している『植物と庭づくり』のインスタグラムはコチラ!
造園会社ぐりんぐりんへのお問合せアイコン

ぐりんぐりん流グラベルガーデンのご相談はコチラから!

造園会社ぐりんぐりんのLINE公式アカウントの画像

ご連絡のやり取りが楽々!今はLINEが便利ですね!

特集記事

特集記事
岡本よりたか『無肥料プランター家庭菜園』実際に育てよう!講習会
1日で完成!DIYで簡単!ウッドデッキのステップの作り方 in 葉山
室外機カバーをDIYで簡単に作る!ナチュラルガーデンの庭づくり!
初心者でもアンティークレンガで簡単DIY!おしゃれ花壇を作る!
果実を収穫!子供のための庭の小さな畑の”誘引フェンス”|武蔵野市
関連記事
簡単DIYでナチュラルガーデン!おしゃれなレンガ舗装|葉山
『無肥料プランター家庭菜園』エピソード4 ~生命誕生~
オシャレ砂利5選!DIYで雑草対策!ナチュラルガーデンの庭づくり
室外機カバーをDIYで簡単に作る!ナチュラルガーデンの庭づくり!
庭づくりや樹木移植『根巻き』やり方、ポイントをご紹介!