• TOP

インドゴムの木『フィカス・エラスティカ』ゴムの木の原種!!

ホームセンターで割引で売られていたゴムの木

自宅の近所にあるホームセンターで

割引販売されていた観葉植物

『ゴムの木』です!

 

 

 

ただ『ゴムの木』とかかれていました

クロゴム、バーガンディなどに

とても似ているんですが

葉っぱが小さいんですね~

 

 

 

一般的なゴムの木は

『フィカス・エラスティカ』という品種から派生しています!

こちらはその原種だとみているんですが

後日、確認してみます!

 

 

 

観葉植物用に仕立てるため枝を引っ張っているゴムの木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株立ち(2本以上に枝が分かれている)ですが

枝の間が狭くて観葉としては面白みがないので

麻ひもで片方を引っ張って枝の方向を変えているところです!

 

 

 

和庭園などによく見られる、松やマキの仕立ても

同様に引っ張ったりして、枝ぶりを良くしていきます!

なのでその松などは枝が下向きになっていると思います

仕立てられる松たとえばこんな感じにガチガチに方向づけするとか~

 

 

 

そしてこちらは我が家初!ハイドロカルチャー仕様です

 

 

 

ハイドロカルチャーとは

ハイドロボールと呼ばれる人工の土を利用して

植物を育てる方法です

 

水を意味する『ハイドロ』と

栽培を表す『カルチャー』を組み合わせた言葉です

 

最近はハイドロボールに限らず

カラーサンドといった土ではない

別の土壌を使う栽培方法をまとめて

広くハイドロカルチャーと呼んでいます!

 

 

 

 

特徴としては~

 

①無菌・無臭

ハイドロボールは無菌で匂いがありません

虫がつきにくく、室内でも使いやすいですよね!

 

②劣化しない

土はやせ細ってきます!

ハイドロボールは劣化しにくく

洗って何年も、何回でも使用できます!

 

③水の様子がみえる

ガラスの入れ物など、穴があいてない容器を使う時

残りの水の量がみえます

水が切れたかどうか、視覚的に確認でしますよね!

 

④容器を選ばない

どんな容器、鉢植えでも使えます!

インテリア性が高まります~!

 

 

 

良いコトばかりです!

そして色や素材もいろいろ種類がありますので

センスや遊びに合わせて楽しんじゃいましょう~!

関連記事

  1. 安比高原の夕日
  2. 人気サボテン専門店のイベント
  3. オススメの小さな多肉植物五種とサボテン
  4. 新しくも温かみのあるオススメ美術館
  5. 目黒区の隠れた名店
  6. エントランスの壁面緑化
PAGE TOP