• TOP

世田谷区成城の個人邸~放置ジャングルから”花壇の小道”の庭づくり①

地中海風ヨーロピアン庭園

もともとがとても素敵なご自宅でした

中古で購入!

外壁だけ直されたそうです

 

ところがお庭はどうしたらいいのか分からない

そもそもこのスペースを

お庭と呼んだら良いのか…

 

そんな状態での依頼でした

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと軒下の部分は

お庭ではなく”犬走り”と呼ばれる

主に構造物を保護するため

砂利をひいたり、コンクリートなどで

固めたりする場所でした

 

”犬走り”と呼ばれるのは

犬が通るぐらいしか

スペースがないってコトですね~

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある放置状態になったお庭

こんな感じでネズミモチの生け垣と

シンボルツリーっぽい存在のムクゲがありました

 

地面は防草シートなしで

砂利がちょっとだけ撒いてある状態

 

当然ながら雑草が生え放題~!

 

道路に面した軒下も荒れ放題、放置状態ゴミもそのままに放置~

砂利と土と雑草…

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様のご希望は

”花壇”を楽しめる場所へ!

 

ただの軒下を

お庭にする計画です!

 

 

 

 

 

 

 

とても素敵なご希望ですね!

場所はその住人さんの希望で

どんな場所にでも変貌します~!

 

当然、花壇ってことは

お花や土いじりを

楽しみたいってコトですね!

 

 

 

 

 

 

 

全て撤去したゼロの状態の軒下何か新しいコトを始めるには

まず、ゼロの状態することが大切です!

 

傷んだネズミモチの木やムクゲを抜根~

ちょっと大変でしたけど…

 

 

 

 

 

 

 

 

キレイにゴミも撤去だいぶキレイになりました~

 

コチラはご自宅の横通路

防草シートを敷き、砂利を敷きます

生け垣として”トリカラーのサカキ”を植栽する予定です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全て余計な物を取り払った後からお庭づくりスタート余計なものを取り払って

お庭づくりがスタートします!

 

コチラは”花壇とマサド舗装”になります

 

 

 

 

 

 

実はコチラの道路側の軒下にも

昔の生け垣の後があり、伐採された後がありました

 

そのため切り株だけが10株ほど

残っている状態!

抜根作業を行いました

 

そのため、地面が耕された状態になりましたので

プレートと呼ばれる機会で

しっかり固めてあげます!

 

それを行わないと

マサド舗装をした後で

地盤沈下が起こってしまいますからね~

 

 

 

 

 

 

 

下準備が出来たところで

次へ続きます!!

 

これから”お庭づくり”を行なっていきますよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜市の個人邸08『完成したオシャレな外構』フレンチ・アンティーク

 

忙しい大人達!小さい子供達!のためのお庭!『人工芝』2日間の施工!

 

世田谷区で剪定!!どんな状態でも1日でキレイに!!広いお庭復活!

 

関連記事

  1. 季節の花ガーベラがとても美しい池坊の自由花
  2. 貝塚造園の若手のチームに参加したコンテストガーデン
  3. チェルシーフラワーショーのショーガーデン部門の顔のオブジェ
  4. リフォーム現場はデザイン事務所
  5. 庭園を彩る木製の動物の飾り物
  6. 三軒茶屋で人気の園芸店
PAGE TOP