お庭と植物のリフォーム!新しい生活スタイルをご希望

2018年5月
東京 港区 個人邸

 

大都会の港区に立ち並ぶ一軒の個人邸、お客さまはその中でも自然とともに生活をしたいとご希望されていました。リビングに面した中庭にフェンスと設置。気分もあらたに花や植物で花壇やフラワーボックスをキレイに仕上げました。

 

中庭は日当たりが少なく、目隠しのために植えてあった植物が貧弱です。今回はその植物を整理、剪定を行い目隠しのためのウッドフェンスを設置しました。

 

フェンスはあくまで自然素材のウッド、価格をおさえるためハードウッドではなく、防腐処理が施された杉材を使用。落ち着いた色合いでキレイに塗装することで見た目も美しくなりました。2~3年に塗り直しをされるとより長持ちするため、お子さんと共同作業で行ってくれるそうです!

 

花壇は放置しっぱなしで生命力の強い植物が繁殖し放題。こちらも整理を行って、楽しんで手入れを楽しめるように、新しい植物をいれました。また二階部分のフラワーボックスには何も入っていませんでしたので。ヨーロッパの窓辺のようにゼラニュームやペチュニアを入れて華やかに彩りました。

 

緩やかな時間を提供する二階の客室のベランダには、鉢植えでドドナエアやメラレウカなどの植物を設置、癒やしの空間になりました。

 

  • DESIGN:MIDOLAS
  • WORK:grengren
目隠しのためのウッドフェンス

陽の光が入りにくい中庭で、目隠しの植物が上手く育ちません。そこでウッドフェンスを設置しました。生活の中心のリビングや洗濯物への視界を遮ります。落ち着いた色合いの塗装にすることでフェンスが主張しませんので、リビングからの眺めは植物にいきます。

落ち着いた色合いのウッドフェンス

落ち着いた色合いのウッドフェンスは植物を主役にしてくれます。コチラのお庭ではあくまでフェンスは目隠しや仕切りであり、植物を楽しめる場所なのです。

荒れていた花壇を整理して新しい植物を楽しむ場所に
日が当たりにくい整理した花壇

なかなか手入れが行き届いてなかった花壇を整理して、大切なバラを中心にして新しい植物たちで彩ってみました。一年草のお花たちは手前にして入れ替えを楽に行えるようにしました。

ご自宅三階のフラワーボックスにヨーロッパ式の植栽
個人邸の三階の窓辺にヨーロッパ式のお花
フラワーボックスにペチュニアやゼラニウムで彩る

『お花を楽しみたい』って思うときが植え替え時!空っぽだったフラワーボックスにヨーロッパ式の植栽を行いました。ペチュニアやゼラニウムは育つとボリューム満点になりますので、これからが楽しみですね!

二階の客室リビングのベランダには癒やしの植栽を

客室のリビングから見えるベランダには、癒やしの植物を設置しました。1ヶ所に緑をまとめることでとても上品に落ち着いた印象を与えてくれます。主張しすぎないことがかえって注目されることになるのです。

PAGE TOP