• TOP

土間にアルミ支柱と樹脂フェンス完成!新築の個人邸|千葉県

完成した千葉県のアルミ支柱と樹脂フェンス

土間にアルミ支柱と樹脂フェンス完成!新築の個人邸|千葉県


 

世田谷にある弊社から千葉県の習志野市まで、約一時間とちょっと

距離的には遠いけど、割りとスムーズに行けますね

千葉県の場所によっては、泊りで庭づくりってこともあります

 

3回にわたってご紹介してきたこの千葉県の現場も、最後のご紹介です!

アルミ支柱と樹脂フェンスです!

 

自然素材の庭づくりを行っている私たちですが

お客さんと打ち合わせを繰り返す中で、樹脂の方がご希望に沿ったモノが良いという判断もあります

私たちの思いもありますが、大切なのはお庭を使う方々のお気持ちと生活スタイルなのです

 

 

 

 

 


完成!アルミ支柱と樹脂フェンス、プランター植栽を少々!


 

高さや傾きが揃ったフェンスのためにたてたアルミ支柱

前回まででアルミ支柱を立てることができました!

ポイントはコンクリートとモルタルの使い分けでした

 

支柱の立て方は前回のを参考にしていただき

とにかくすべての支柱の高さと傾きを揃えてくださいね!

支柱の立て方⇒土間に樹脂フェンス設置!斫ってアルミ支柱|千葉県習志野市

 

そしてアルミ支柱が立てられたら、今度は樹脂フェンスを取り付けていきます

基本的には簡単です!

長さにカットしたら下穴を開けて、ドリルビスで留める!

 

 

 

 

 

施工途中のアルミ支柱と樹脂フェンス

ちょっと時間がなくて急いでいた結果、こんな写真でした

職人は他の現場に行ってしまって、ひとりの施工だと時間がかかりますねー

丁寧な施工を心がけていますのでしょうがない!

 

 

 

 

アルミ支柱に樹脂フェンスを取り付けたところ

全部、樹脂フェンスをつけるとこんな感じです

今回はぴっちりウッドデッキを囲む感じで、作っていきます

隙間は1センチ、完全な目隠しフェンスといった感じですね

 

 

 

 

 

高さや位置を固定してアルミ支柱の立て方

支柱の足元はこんな感じで終わっていました

このさきは斫った穴、コンクリート土間の復旧作業です!

 

穴が大きいのと深さがあるので、細目でいいのでメッシュを敷きます

メッシュをいれるのはセメント同士のくっつきを強くするためです!

 

セメント+砂でモルタルですが、それだけではもろく割れやすいのです

広い面積、コンクリートの駐車場などは必ずアイアンのメッシュがはいっています

それはモルタルやコンクリートの骨、骨格の役割りで強度をUPしてくれるのです!

 

支柱のために斫った穴をふさぐセメント作業

メッシュをいれてコンクリートをギリギリまで入れました

少しだけ周りより5ミリほど、低くしています

 

表面を綺麗に整えるため、仕上げを後ほど行うためです

表面のセメントは今までのと、ちょっと違います

 

補修用ハイモル25キロ

ハイモル補修用・25kg 送料別

 

その名も”ハイモル”

補修用なのですが仕上げに使います!

 

普通のセメントは砂などを入れて水をいれますが、これはそのまま水でこねます

中に砂の代わりとなる、とても細かい骨材が入っているのです

しかも軽く、とても薄く塗れるのが特徴です!

普通のセメント、骨材の説明はコチラ

 

ハイモルに混ぜて、またはハイモルを塗る場所の下塗りとして使う材料

日本化成 NSハイフレックス HF-1000 1kg ポリボトル

 

これとセットに使うのが”ハイフレックス”

簡単に言うと接着剤的な役割の液体です、トロトロしてます

ハイモルに入れて使いますし、ハイモルを塗る場所に下塗りする必要があります!

 

水に5%ぐらいの割合いで溶かし

ハイモルを塗る場所にローラーや刷毛で塗ります

 

ハイモルに入れる水にも5%で溶かしておき

ハイフレックス入りの水とハイモルで混ぜます

下塗りした場所が乾いてからハイモルを塗ります

 

 

 

 

ハイモルで仕上げたアルミ支柱のコンクリート土間の復旧作業

ハイモルで表面を整えたところです

コンクリート土間の復旧作業として完了です

 

ハイモルはちょっと扱いが難しいですので

かなり薄塗りするとこに使ってくださいね!

 

フェンス設置のため斫ったコンクリート土間の復旧作業を終えたアルミ支柱の下場

アルミ支柱と独立基礎のところもきっちり塗っておいてくださいね!

ポイントとしては少しだけ山にしておくことです

雨水が溜まったりしないように勾配をつけるのです

 

冬は乾くのに時間がかかりますので、塗ってすぐは踏まないようにしてください

天気予報など確認して、せめて2日間は晴れが続くときに作業する必要はあります

本当に薄塗りのところで、直射日光があり乾燥していれば数時間で表面は乾きますよ

 

 

 

 

 

 

完成した千葉県のアルミ支柱と樹脂フェンス

そして完成です、アルミ支柱と樹脂フェンスです

 

千葉県の新築住宅の樹脂製ウッドデッキ

もとは樹脂製のウッドデッキだけでしたが

囲むように樹脂フェンスを設置したことになります

 

千葉県の新築住宅で完成した樹脂フェンス

アルミ支柱の足元のモルタル部分の色合いは

しっかり乾くとコンクリート土間と同じ、白っぽい感じになります!

境目も分かりづらい感じになりますよ

 

 

 

 

 

千葉県の新築住宅でプランターで目隠しを行った植栽

こちらの新築住宅では、他の場所でも同じ樹脂フェンスを設置!

内側にプランターで植栽も行いました!

和風な感じがイイですね!

 

 

 

 

 

私たちは自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりをオススメしていますが

コチラの千葉県の新築住宅のように、もともと樹脂製のウッドデッキがあったりして

それと合うようにフェンスの素材を選んだりしています

 

大切なのは私たちの独りよがりな考えだけではなく

その場所を使う皆さんのご希望に合った施工を、十分に考慮して行うように心がけています!

どうしたらいいのか?どの素材がいいのか?分からない場合でもご相談ください!

 

 

 

 

 

このフェンスのはじめ

コンクリート土間に目隠し樹脂、アルミフェンス設置!千葉県習志野市

 

このフェンスの次

土間に樹脂フェンス設置!斫ってアルミ支柱|千葉県習志野市

 

ほかの樹脂フェンス

ぐりんぐりん施工日誌001『大田区のブロック&フェンス』page.1

 

 

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. いい感じに育ったハムシー
  2. 石原流花の植栽
  3. 調布市の新築個人邸の駐車場とタイルデッキの外構工事
  4. 世田谷区の個人邸での樹木剪定と草刈り
  5. 横浜の人気スポット
  6. 池坊目黒教室でいけたボケと小菊の生花

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. 生産農家が語るナチュラルガーデンの芝生4種類と手入れ画像
  2. レンガ、石、枕木の道をDIYで作るサイト画像
  3. ナチュラルガーデンの花壇を何でつくる?オススメ素材画像
  4. 造園会社ぐりんぐりんのsns案内
  5. 庭づくりをどの業者に頼むのか?その見分け方のポイントはたった1つ

プロジェクト一覧

  1. 狛江市の幸せ家族のウッドデッキとウッドフェンスがあるお庭づくり
  2. 世田谷区で施工したローズガーデンの庭づくり
  3. 世田谷区の個人邸のナチュラルガーデンの庭づくり
  4. お庭と駐車場を兼ねた杉並区のナチュラルガーデンの庭づくり
  5. 武蔵野市で施工した子供たちがデッキで遊び果実を収穫できるナチュラルガーデンの庭づくり
  6. 足立区の病院で施工した石材のナチュラルなバリアフリーの駐車場づくり
  7. さいたま市で施工した造園会社ぐりんぐりんが提案するナチュラルガーデンのサンプルガーデン
  8. 目黒区で施工した10年20年後のバリアフリーでお庭を楽しめるナチュラルガーデン
  9. 木更津市で施工したレンガ花壇んと人工芝と夜でも楽しめるガーデンライトのナチュラルガーデン

最近の記事

  1. 病院の石積み花壇と古木オリーブの植栽工事でクスノキの抜根
  2. 足立区の病院でイギリスのコッツウォルズの石材を使って石積み花壇と古木オリーブの植栽
  3. 品川区で施工した人工芝と植栽の新築住宅の庭づくり
  4. 品川区の新築住宅の人工芝と植栽のナチュラルガーデンの庭づくり
  5. 品川区で施工した人工芝と植栽の庭づくり
  6. 品川区で施工した人工芝と植栽の庭づくり
  7. 春に咲く花とその花がモチーフになっている楽曲紹介

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP