fbpx
  • TOP

第72回池坊目黒教室!2年6ヵ月目『クレマチスの3種生け』

池坊目黒教室で生けたかなり難しいクレマチスの三種生け

第72回池坊目黒教室!2年6カ月『クレマチスの3種生け』

 

 

 

 

 

一カ月に二回、池坊目黒教室に通って早くも2年と6カ月。

今だ一向に上手になる気配がなく、手直しの厳しいお言葉をいただく修行の身です。

 

でも今の私の位は”師範”、池坊教室を開くことができる状態です。

(いったいこの名前に価値はあるのか…)

 

今日は”初夏の花材”をつかって”生花”を行いました!

生花に関する詳しい説明は⇒いけばなの根源『池坊』生花とは?

 

 

 

 

 

 

 

 


■花材紹介


 

クレマチス

切り花として広く使われている定番ディープブルーのクレマチス

今や切り花として多く流通しているクレマチスです。

実はとても多くの品種や花色、形があるってご存知でしたか?

 

庭づくりの時にも、良くお客さんからご要望をいただくのがクレマチスです。

とくにパーゴラなどを施工したときに、バラクレマチスのセットは欠かせない状況となっています!

 

茎が本当に繊細で、すぐにボキボキ折れてしまうので

取り扱いには注意が必要です!

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒペリカム

小ぶりな実がいっぱいついたヒペリカムの切り花

ぷりぷりの”実”がいっぱいついた”ヒペリカム”です。

こちらも切り花としてかなり活用されています。

 

新緑の葉っぱはとても綺麗ですし、葉の付き方も個性的で素敵ですね!

 

前回のキンシバイとは仲間で良く一緒に扱われることがあります。

詳しくは⇒第71回池坊目黒教室『センターピースの自由花』

 

ヒペリカムはつぼみ、花、実どれをとってもカワイイので花生けにはオススメです。

 

 

 

 

 

 

オクロレウカ

花生けで使われる緑の細い水生植物オクロレウカの葉っぱ

こちらは水生植物の一種、オクロレウカの細葉です。

アヤメの仲間で水辺に群生して育つそうです。

 

今回は特にですが細めの葉っぱがイイですね!

そしてこういった葉っぱにありがちな”裏表”がありますのでお気を付けを!

 

ちなみにクレマチスの品種で”オクロレウカ”がありますが

全く違うものですのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 


■”師範”である、横田の生け花


 

クレマチスとヒペリカム、オクロレウカの池坊生花の三種生け

クレマチスの茎がほっそいので剣山に上手く刺さらないのですよ。

クルクル動いちゃって凄い時間かかりました…。

 

まぁ案の定ですが『クレマチスの向きが良くない』とのお言葉をいただきました。

 

池坊の生花の三種生けのクレマチスの花の向き

いや、でもクレマチスの差した位置からすると、こういった感じに仕上がると思うんだけどなぁ…

 

確かにちょっと下向いていますよ!

でもその位置からだとこの向きだし、顔は上がらないしなぁ

奥ゆかしき”わびさび”ってことでいいんじゃないの?

 

 

 

 

 

 

 

先生から、ありがたい”お言葉”

  • クレマチスの花の位置、高さが良くない
  • 高さはまぁまぁ体が大きいあなたにしてはいいわ
  • ヒペリカムは最悪ね
  • ”体”としてのヒペリカムは”副”とバランスをとって
  • ”体”はもっと陰方に出しなさい
  • ”体”が低いのよ
  • ”真”にたいしてどうゆう割合なのよ
  • もっとためるとか技術を使いなさいよ
  • 体のわりに繊細なのね
  • オクロレウカの”副”は良くないけどこれ以上いじりたくないわ
  • 葉っぱが細いからもっと長くて良かったじゃない
  • オクロレウカの葉っぱはちゃんと組みなさい
  • オクロレウカの葉っぱの向きをちゃんと見なさい
  • オクロレウカの葉っぱの色をちゃんと考えなさい
  • お茶を入れてくるから直しといて

 

 

 

 

 

 


■お言葉に従った、横田の二度目の花


 

見事なバランスともった東京支部長である池坊目黒教室の先生の三種生け

まぁ、良くなりましたよね。

まぁまぁね。

 

どうにも納得のならない先生のお手が入ります。

 

 

 

 

 

 

 


■”東京支部長”であらせられる、先生の手直し


 

池坊目黒教室の先生の手直しが入った三種生け

先生が花に触ると、そっちに向かなった方向に向くんですよね。

これ以上触ると折れるっていう私の限界を超えて、枝が曲がるんですよ。

クレマチスの首も上がるんですよ。

 

 

 

ちなみに先生は花を触って50年

私、3年未満

 

こんなに違うかっていう感じは毎回受けますよね。

そういった歴史があるのが池坊の良さですね。

 

 

 

 

 

 


■まとめ


 

池坊の生け花や日本庭園には決まった基礎、基礎的なカタチが存在します。

それははるか長い歴史、時間によって研磨された鋭い美意識なのです。

 

それは私たち日本人のDNAに脈々と流れているのです。

 

いずれ、そのカタチから飛び出すことが出来る

それが新しい、今という現代の美意識の領域なのですね。

 

 

 

 

 

私たち”ぐりんぐりん”では歴史の中の美意識を学ぶことで

常に先の新しい時代の美意識を創造しています。

皆さんのお庭づくりに、少しでも役に立つことを信じて。

関連記事

  1. 樹木を剪定した直後の個人邸
  2. 年に3回あるお花の入替え作業
  3. これからが楽しみなおしゃれ観葉植物の仕立て
  4. 造園会社ぐりんぐりんがオススメするレンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選!の画像
  5. 池坊の生花の基本であるアカメヤナギと菊の生花
  6. 造園会社grengrenの代表

特集記事

  1. 造園会社ぐりんぐりんが提案オススメするナチュラルガーデンの庭づくりのサイト画像
  2. 造園会社ぐりんぐりんがオススメするレンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選!の画像
  3. イングリッシュガーデンの原型と言われるコッツウォルズ地方の街並みを背景とした造園会社ぐりんぐりんのブログ画像

プロジェクト一覧

  1. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  2. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  3. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  4. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  5. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事
  6. 軒下の最小スペースを使ってお客さんが楽しむ箱庭のお庭づくり
  7. 物語が始まりそうなナチュラルガーデン
  8. 一軒家の階段をあがり二階正面に広がるバルコニーをリゾート式のバルコニーガーデンに施工
  9. お客様のご希望で制作した花壇スペース

最新情報や更新報告のお知らせ!

最近の記事

  1. 畳敷きから床板にDIYで改装した世田谷区奥沢にあるシェア奥沢の広間
  2. 世田谷区の個人邸のシェードガーデンの植栽工事
  3. 植物が育つ固定したアンティークストーンの石畳
  4. 夏の男花展2019のための習作
  5. グランドカバーとしてのディコンドラ
  6. 東京都小金井市にある素敵な小さな山の斜面
  7. 江東区の個人邸で施工したレンガ花壇と人工芝のドックランと植栽

お問合せ、ご相談

お庭づくりや記事に関する

 

お問合せやご相談は

 

コチラの”ご連絡フォーム”から!

PAGE TOP