• TOP

東京 STATION GALLERY『くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質』②

東京ステーションギャラリーの企画展くまのもののチラシ

この東京ステーションギャラリーは

3つのフロアーからなっており

まずはエレベーターで三階へあがります!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の『くまのもの』の企画展は

”物質”にスポットを当てていますので

展示は”物質”ごとに分けられています~

 

 

 

 

 

 

 

 

st.1『竹』~bamboo~

 

great bamboo wallと言う名の作品ナンチャンナンチャン

Location:Gwanju Korea (光州、韓国)

Design and Construction Period:2013

光州デザインビエンナーレのためのインスタレーション

 

”身体と建築をつなぎ直すため”の試みである

 

 

 

 

 

 

 

st.2『木』~wood~

 

スターバックスコーヒー太宰府表天満宮参道店の実物大グリッドフレームスターバックスコーヒー太宰府表天満宮参道店

実物大グリッドフレーム

Location:Fukuoka Japan(福岡、日本)

Design Period:2011.01-2011.08

Cnstraction Period:2011.08-2011.11

 

隈研吾デザインのスターバックスコーヒー太宰府表天満宮参道店スターバックスコーヒー太宰府表天満宮参道店の外観

中も同様なグリッドでデザインされています!

 

 

 

 

 

 

 

st.3『紙』~paper~

 

建築資材としての紙これは建築材としての紙のあり方

 

他にも

『青海波』『ペーパーブリック』『ペーパースネーク』

『ペーパーコクーン』『新千歳空港』など

 

 

 

 

 

 

 

st.4『石』~stone~

 

建築材として金属と大谷石のコラボレーションからうまれた壁材ちょっ蔵広場

Location:Tchigi Japan(栃木、日本)

Design Period:2004.03-2005.03

Construction Period:2005.07-2006.03

 

大谷石の建材を使用した岐阜県にあるちょっ蔵広場ちょっ蔵広場の外観の様子

 

昔から日本で多くしよう使われてきた大谷石

金属のプレートを間に挟むことで

”半透明な石の壁”を実現する

 

 

 

 

 

 

 

 

st.5『瓦』~tile~

 

瓦の新しい使い方中国美術学院民芸博物館

Location:Hangzhou China(杭州、中国)

Design and Construction Period:2009-2015

 

隈研吾が瓦の新しい使い方を見せた中国芸術学院民芸博物館特徴的なグレーの瓦は江南の伝統的なもの

建築は傾斜に合わせて菱形、平行四辺形になっている

 

 

 

 

 

 

 

st.6『金属』~metal~

 

アルミキャストの金属性の壁材無錫万科

Location:Wuxi China(無錫、中国)

Design Period:2010.04-2012.06

Construction Period:2012.07-2014.04

 

アルミのキャストで等高線のような模様がついている

連続して並べパネル状にして壁材にする

隙間から程よい光を取り込める

 

 

 

 

 

 

 

st.7『樹脂』~resin~

 

ニューヨーク近代美術館で発表された隈研吾のインスタレーションWater Branch House ~ウォーターブランチハウス~

Location:NewYork UnitedState(ニューヨーク、アメリカ)

Design and Construction Period:2008

 

中に液体を入れることができ組み立てが自由なプラスティック製のタンク中に水などの液体を入れることが可能

組み合わせやビルドが出来る

プラスティック製のタンク

 

 

 

 

 

 

 

 

st.8『ガラス』~glass~

 

隈研吾がリフォームをデザインティファニー銀座本店

 

Location:Tokyo Japan(東京、日本)

Design Period:2007.08-2008.03

Construction Period:2008.03-2008.10

 

ガラスとアルミハニカムでつくった

特殊なパネルで採用し一枚一枚傾けさせた

それぞれが多方面に光を反射させ

軽やかさを演出

 

第20回BELCA賞を受賞している

 

 

 

 

 

 

 

 

 

st.9『膜・繊維』~membrane/fiber~

 

空気を入れたり抜いたりすることで大きさが変えられる可変型の茶室Tee Haus

Location:Frankfurt Japan(フランクフルト、日本)

Design and Constraction Period:2005-2007

 

テナラと呼ばれる二重構造の膜に

空気を入れたり、抜いたりすることで

ちいさくなったり、大きなったりする茶室

 

”呼吸する建築”を目指した

環境とのインタラクティブな関係の建物である

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の展示のごく一部です

 

やっぱり実際に行かれて

『見て』『触って』『匂って』

五感で少しでも現地の建築に近づくことが

この展示の意味であるように思います

 

隈研吾建築都市設計事務所

 

 

 

 

 

 

 

お庭づくりに関しても

隈研吾さんのようなアプローチが

必要な時代なのかもしれません

 

石や竹、土の利用がかなり減って

コンクリートやエクステリアなどの

人工なものが溢れかえっています

 

次の時代を住民さんが

どう生活されるのか

どう生活したのか

 

私もふくめもう一度問いかける時期

なのかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京ステーションギャラリー

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-9-1

電話::03-3212-2485

 

開館時間:10:00 – 18:00
金曜日 10:00 – 20:00

*入館は閉館30分前まで

 

休館日:月曜日(祝日の場合は火曜日)、
年末年始、展示替期間

*詳細は各企画展のページを
ご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京 STATION GALLERY『くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質』①

 

国立新美術館『至上の印象派展』ビュールレ・コレクション

 

国立新美術館『安藤忠雄展ー挑戦ー』建築とランドスケープと自然

 

映画『花戦さ』観劇!絶賛公開中~!池坊の原点『初代・池坊専好』

関連記事

  1. エントランスの壁面緑化
  2. イギリスの伝統的な石積み
  3. マネーフォワードのイベント
  4. 明治神宮の約150種類の花菖蒲
  5. 貝塚造園の若手のチームに参加したコンテストガーデン
  6. 個人宅に敷かれた人工芝
PAGE TOP