fbpx
  • TOP

国立新美術館『至上の印象派展』ビュールレ・コレクション

至上の印象派展

2018年2月14日~5月7日

国立新美術館

 

『至上の印象派展』

ビュールレ・コレクション

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの港区六本木の国立新美術館久しぶりに”国立新美術館”に

伺ったように思います

 

前回は”建築家・安藤忠雄”さんの展示でした

国立新美術館『安藤忠雄展ー挑戦ー』建築とランドスケープと自然

これも素晴らしかったですね!

とてもパッションをいただける展示でした!

 

 

 

 

 

 

 

六本木から入りましたので

大きな看板がお出迎えでした~

 

国立新美術館の企画展『至上の印象派展』国際的にみても

印象派は日本人に好まれている

と、いうデータもあるそうです

 

当然、わたしもとても好きなので

本日は楽しみでした!

 

 

 

 

 

 

Instagram by grengren

 

 

 

 

 

 

天気の影響なのか空いている国立新美術館月曜日、雨の予報もあってか

とても館内は空いていました~

 

 

 

 

 

 

 

 

ビュールレ・コレクションの看板入り口にはとても大きな

モノクロの看板が設置!

 

いい感じでスタートですね~

 

 

 

 

 

 

 

スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、生涯を通じ絵画収集に情熱を注いだ傑出したコレクターとして知られています。主に17世紀のオランダ絵画から20世紀の近代絵画に至る作品、中でも印象派・ポスト印象派の作品は傑作中の傑作が揃い、そのコレクションの質の高さゆえ世界中の美術ファンから注目されています。 この度、ビュールレ・コレクションの全ての作品がチューリヒ美術館に移管されることになり、コレクションの全体像を紹介する最後の機会として、日本での展覧会が実現することとなりました。

 

国立新美術館『至上の印象派展』ビュールレ・コレクション

 

 

 

 

 

 

印象派の名作がとても多く展示されていました

またその時代の流れに触れてきた

多くの作家の作品も展示され

とても有意義な企画展となっています!

 

我々に親しい作品も多くありますよ~

 

ルノワール、セザンヌ、マネ、ゴッホにピカソ!

 

 

 

 

 

 

 

絵画に詳しくない方でも

十分に楽しめること間違いありませんよ~!

 

この企画展示のイメージといいますか、それが

『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』

オーギュスト・ルノワール

 

 

 

 

 

 

 

中学生の頃からルノワールが好きで

それから何年かして

イレーヌの本物が拝見出来るなんて

 

本当に感激で震えましたよ~!

Instagram by grengren

 

 

 

 

 

 

 

 

そのサブタイトルが

”絵画史上、最強の美少女(センター)”ってことで

親しみが持てるような感じ~なのかな

面白いですね

 

 

 

 

 

 

 

この展示の最後を〆るのは

 

クロード・モネ

クロード・モネ作睡蓮『睡蓮の池、緑の反映』

 

とても大きな作品で幅4メートル

高さは2メートルあるそうです

 

この睡蓮は日本で初の展示らしいです!

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとした空き時間にこんな素晴らしい作品を

拝見することができて

とても素晴らしい時間でした!

 

 

 

 

 

 

 

情報では一年後の

2019年4月24日~8月5日

 

”ウィーン・モダン”クリムト、シーレの

企画展示があるそうです!

 

これは期待できますね~!

 

 

 

 

 

 

 

まだ早いか~

 

 

 

 

 

 

 

■国立新美術館

至上の印象派展”ビュールレ・コレクション”

 

2018年2月14日~5月7日

休館日は毎週火曜日(5月1日は除く)

AM10時~PM6時

 

東京都港区六本木7-22-2

03-5777-8600 (ハローダイヤル)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第41回池坊教室!1年2ヶ月目!『研究会のためのいけばな』自由花

 

MFクラウドEXPO2017開催されました!皆さんご存知の堀江貴文さん登壇!

 

国立新美術館『安藤忠雄展ー挑戦ー』建築とランドスケープと自然

 

アクセス良好な大正ロマン『旧朝倉家住宅』崖線の回遊式庭園!

関連記事

  1. 3月の研究会の花材での池坊自由花
  2. ぐりんぐりん散歩で訪れた鎌倉の銭洗弁天で洗ったお金
  3. 2019年ゴールデンウィーク初夏の新宿御苑
  4. 町田市立国際版画美術館の案内板に赤い下地で『hangajungle展』と黒のゴシック体で書かれた案内ポスター
  5. 青の下地に赤い米印がかかれたイギリスの国旗
  6. リフォーム現場はデザイン事務所

特集記事

  1. イングリッシュガーデンの原型と言われるコッツウォルズ地方の街並みを背景とした造園会社ぐりんぐりんのブログ画像
  2. 造園会社ぐりんぐりんが提案オススメするナチュラルガーデンの庭づくりのサイト画像
  3. 造園会社ぐりんぐりんがオススメするレンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選!の画像

プロジェクト一覧

  1. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  2. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  3. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  4. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  5. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事
  6. 軒下の最小スペースを使ってお客さんが楽しむ箱庭のお庭づくり
  7. 物語が始まりそうなナチュラルガーデン
  8. 一軒家の階段をあがり二階正面に広がるバルコニーをリゾート式のバルコニーガーデンに施工
  9. お客様のご希望で制作した花壇スペース

最近の記事

  1. ぐりんぐりんが植栽工事を行った世田谷区の新築個人邸
  2. 目黒区にあるikanikaでフラワーアレンジメントを開催している平井かずみ先生にレクチャーをいただいた花生け
  3. 造園会社ぐりんぐりんが提案オススメするナチュラルガーデンの庭づくりのサイト画像
  4. ぐりんぐりん散歩で訪れた鎌倉の銭洗弁天で洗ったお金
  5. イングリッシュガーデンの原型と言われるコッツウォルズ地方の街並みを背景とした造園会社ぐりんぐりんのブログ画像
  6. カーネーションとモンステラの池坊の自由花を東京支部の研究会で発表する
  7. ドクダミで埋め尽くされたスーパーの裏に通り

お問合せ、ご相談

お庭づくりや記事に関する

お問合せやご相談は

コチラの”ご連絡フォーム”から!

PAGE TOP