fbpx
  • TOP

崖の上のハウス~丸太階段が崩壊!虫食い、腐食が凄いことに~修復!

防虫・防腐処理された丸太階段

個人様のお宅では

なかなかメンテナンスが行き届かないことがあります

 

それは現代的な社会問題でもあります

共働き、子育てなど

とても忙しく、待ったなしの状態!

 

それで住宅やお庭が荒れてしまう場面に

多く出くわします!

 

 

 

 

 

 

崩壊寸前の崖の丸太階段このお宅でも同様な問題がありました

 

そのため、丸太で作られた階段の腐食が

かなり進んでしまって

崩壊寸前になっています!

 

この場合、傾斜がかなり強いので

土留の意味合いもあります

 

今では当たり前になった

”ゲリラ豪雨”などのとき

土砂が流れてしまうコトも考えられます

 

 

 

 

 

 

とても恐ろしいことですね~!

 

 

 

 

 

 

そのため、腐食した丸太を撤去!

 

あらたに補修することとなりました~

 

かなり腐食した丸太これはほんの一部ですが

水などの腐食と

虫食いがみられます

 

そのため丸太が折れてしまって

強度もなくなってしまっています!

 

 

 

 

 

 

 

腐食した丸太がなくなって土留や階段の機能が失われた丸太階段土だけになってる~!

 

丸太はどっか行ってしまってる~!

 

 

 

 

 

 

 

 

防虫・防腐処理された新しい丸太階段新設!補修です~

 

以前より太い丸太を使用!

頑丈感が漂っています~

 

ビスで一本一本固定

動きを制限することで

丈夫さがアップ!

 

 

 

 

 

 

 

階段のステップ幅も

同じ寸法で仕上げました!

 

歩きやすいですよね~

 

樹木も根っこが

かなりはびこっていますので

上の2段は根っこを避けて設置!

 

今回の工事で

根っこがはびこってる樹木は伐採

切り株は薬でじわじわと枯れていくようにしました~

 

 

 

 

 

 

 

残念ですけどね~

ただ根っこがあることで

土が落ちない、崩れないことも確かではあります!

 

その辺は、その家にお住いの

ご家族さんが納得される方向で施工するのが

一番よろしいかと思います!

 

また、こうしたらもっと良くなるなど

新しいアイデアを提供するのも

我々の役割だと思います!

 

 

 

 

 

 

 

南国風カート置き場~茅ヶ崎市の保育園!お庭づくりに続くご注文!

 

横浜市の個人邸08『完成したオシャレな外構』フレンチ・アンティーク

 

忙しい大人達!小さい子供達!のためのお庭!『人工芝』2日間の施工!

関連記事

  1. いけばなの初夏の花材
  2. 今の時代おしゃれな石庭みたいな意匠
  3. 新しくも温かみのあるオススメ美術館
  4. 5月の季節の花菖蒲とナデシコの池坊の自由花
  5. 初めて挑戦した新風体生花
  6. 冬の夕暮れは早い

特集記事

  1. イングリッシュガーデンの原型と言われるコッツウォルズ地方の街並みを背景とした造園会社ぐりんぐりんのブログ画像
  2. 造園会社ぐりんぐりんが提案オススメするナチュラルガーデンの庭づくりのサイト画像
  3. 造園会社ぐりんぐりんがオススメするレンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選!の画像

プロジェクト一覧

  1. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  2. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  3. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  4. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  5. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事
  6. 軒下の最小スペースを使ってお客さんが楽しむ箱庭のお庭づくり
  7. 物語が始まりそうなナチュラルガーデン
  8. 一軒家の階段をあがり二階正面に広がるバルコニーをリゾート式のバルコニーガーデンに施工
  9. お客様のご希望で制作した花壇スペース

最新情報や更新報告のお知らせ!

最近の記事

  1. 畳敷きから床板にDIYで改装した世田谷区奥沢にあるシェア奥沢の広間
  2. 世田谷区の個人邸のシェードガーデンの植栽工事
  3. 植物が育つ固定したアンティークストーンの石畳
  4. 夏の男花展2019のための習作
  5. グランドカバーとしてのディコンドラ
  6. 東京都小金井市にある素敵な小さな山の斜面
  7. 江東区の個人邸で施工したレンガ花壇と人工芝のドックランと植栽

お問合せ、ご相談

お庭づくりや記事に関する

 

お問合せやご相談は

 

コチラの”ご連絡フォーム”から!

PAGE TOP