fbpx
  • TOP

生け花の池坊『夏の男花展2019』東京、お茶の水で開催!

池坊東京会館で開催されている男花展のダリアの生け花

いけばなの根源”池坊” 夏の男花展2019が開催されました!東京、お茶の水。

 

 

毎年開催されている『男花展』

いけばなの根源とされる”池坊”で学んでいる、男性のみの花展!

 

我々、造園会社ぐりんぐりんの代表、横田も参加しています!

去年に続き、今年で2回目!

仕事でかなりバタバタした中、参加することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

■プラン、練習

 

今回の花展のため、このブログでもご紹介した通り

2回練習と花材の調整を行いました。

 

~第一回目~

夏の男花展のための練習の池坊自由花

ヤツデを骨格に色んな花を試しました。

またこの独特の花器のカタチも活かして生ける必要がありますね!

 

 

~第二回目~

2019年の夏の男花展のための練習

こちらがより本番に近づいた花材とカタチです。

オクラレウカがシュッとした感じで、より動きや流れを強調しています!

 

またダリアのような大きな花を選択しました。

ヤツデの存在感に負けない、今回の中心にふさわしい花です!

 

 

 

 

 

 

 

 

■本番、当日!!

 

会場は東京、お茶の水にあります『東京池坊会館』

 

池坊において東京の総本山

駅から西側に徒歩5分で、りっぱな建物を発見することができます!

 

その控室で花展の生け込みをはじめます!

 

 

 

 

 

 

 

●花材

 

2019年夏の男花展の花材としての深い赤色のダリア

ダリア

 

 

 

深い赤色といいますか、赤紫?

とてもディープな深みのある色合いです!

 

今回の主役にふさわしい存在感!

 

 

 

 

2019年夏の男花展の花材のヤツデ

ヤツデ

 

 

モンズテラなどと同様、とても個性的葉っぱを生かしたい存在感ある草モノ

今回はこのヤツデを4~5枚つかって、作品の骨組みにします!

 

 

 

 

 

2019年の夏の男花展のための花材のてまり草

てまり草

 

 

今回はサブ的な存在で、花器の口元を連続して隠すために使います!

これはお花屋さんから届くのですが、ちょっと潰れていますね…

また古株がでていますので、これはカットして使います。

 

 

 

 

鮮やかな青色が特徴的な夏の花マリンブルー

マリンブルー

 

別名:デルフィニウム

開花は5~6月とされていますが通年で回っている

 

これもサブとしての花です。

間が空きそうな部分に、散らすようにして生け込みます!

 

 

 

 

2019年夏の男花展のための花材オクラレウカ

オクラレウカ

 

スリムな姿が美しく凛々しい草モノ。

風になびくような葉っぱがモダンで涼やかな印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

●花器

 

スリムでトラアングルが特徴の花器

こちらは陶器の花器です。

細長い筒状をトライアングルに組み合わせたデザイン

高さと軽やかさが特徴です!

 

二つ合わせて使うことで奥行きとバランスを提案します。

 

 

正面からみたスリムな夏の男花展のための花器

正面からみるとご覧のようにかなりスリム!

この花器でヤツデを生けると、高さがあるところにヤツデが広がって

いけ方によるけど、大きな作品になりそうですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

■いける!実践!!

 

 

2019年の夏の男花展のためにスリムな花器にヤツデをいけたが画像

まずは躯体の”ヤツデ”

これで全体的なカタチを作ります!

 

2019年の夏の男花展のためのヤツデの生け込み

当然ですが立体的なので、横から見ると奥行きがあるカタチ。

葉っぱの向きや茎の方向性、全体のバランスが重要です。

 

同じような向きに葉っぱがあることはありません。

 

 

 

 

 

2019年の夏の男花展のために生けたヤツデと一輪のダリア

一輪だけダリアを入れてみました。

このダリアが今回の主役と言ってもいいでしょう!

 

筒状の花器に生けるわけですから

生け花と言えば…の剣山は使っていません!

 

筒の底は砂利で高さ調整をしています。

そして植物を生け込んだ隙間には”ストロー”で間を詰めています!

そして動かないように固定しているのです。

 

2019年の池坊夏の男花展のための花材ヤツデとダリアを一輪生け込んだ花器

ダリアの大きさがとてもいいですね!

一輪だけでもヤツデに負けていませんね!

 

 

 

 

 

ダリアを三輪いけた2019年の池坊夏の男花展の作品

ダリアが三輪入りました!

ひとつの花が大きいのでこれだけでヤツデより存在感があります!

色合いもとてもディープでドッシリした存在感があっていいですね。

 

2019年池坊夏の男花展のためのダリアとヤツデの生け花

横から見たところです!

これを見ると茎が長いヤツデとダリアが上の方にあって

上部はかなりボリュームがありますよね。

 

反対に花器の差し口は寂しい感じで、棒が突っ込まれている感じです。

その差し口を他の植物で綺麗に隠す、整えてあげるのです。

 

 

 

 

てまり草で隠した花器の差し口

てまり草、マリンブルーで差し口を隠しながら

綺麗に整えてあげます!

 

てまり草もとても面白いカタチをしているので十分役割を果たしています!

 

マリンブルーは細かい花がちらちらを舞っている感じですので

目隠し効果もありますし、色合いも表現してくれます!

 

 

 

2019年の池坊夏の男花展の横からみたダリアとヤツデの生け花

全体的な構成はこんな感じでほぼ完成まできました!

 

ダリアとヤツデのボリュームに、下部のてまり草とマリンブルーがバランスとれていますよね!

 

あとはちょっとした仕上げです!

その前にこの状態で花展会場に運び入れます~

 

 

 

 

 

 

 

2019年池坊東京会館で開催される夏の男花展のいけばな

会場に搬入してきました!

入り口付近の左側、他の皆さんも会場で生け込みを行っていました。

 

 

 

池坊東京会館で開催された2019年夏の男花展の生け花の作品

ここからオクラレルカと追加します。

さらに細かいところと見栄えを考え、整えていきます!

 

 

 

 

 

 

 

■作品完成!!

 

池坊東京会館で開催された2019年夏の男花展の作品

こんな感じで作品が完成しました。

 

今回の花展のコンセプトも”俺の情熱!~これが俺だ!!~

ってことです。

 

毎年同じコンセプトらしいですが。。。

 

 

 

 

 

2019年の池坊夏の男花展の生け花の作品

オクラレルカはもっと流れがでるように

曲線になるようにしたかったのに、曲がり切らなかったですね。

 

オクラレルカを使ったのは葉っぱが緑だけなので

黄色の葉っぱが欲しかったからですね!

 

 

 

2019年夏の池坊男花展の生け花の作品

こちら側から見るとより高さと立体感が強調されますね!

 

このような作品などは、写真では立体感がなくなりますので

ぜひ実物を会場にて見てください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■開催概要

 

 

情熱の赤色の紙に書かれた夏の男花展2019年の花展看板

2019年 夏の男花展

テーマ 『俺の情熱! ~これが俺だ!~』

 

会期:2019年8月31日(土) 13~17時、 9月1日(日) 9~15時

会場:池坊東京会館1階ロビー

 

※この花展は終了しています。

 

 

池坊東京会館で開催される池坊夏の男花展2019年の会場

 

 

 

 


 

私たち造園会社ぐりんぐりんでは池坊の生け花を通じて

より良い庭づくりを皆さんに提供するため

勉強を続けています!

 

 

関連記事

  1. 植栽を待つばかりの外構
  2. 伊勢神宮の遥拝殿として明治に創建
  3. 河野自然園の田代耕太郎先生に指導を受けたハンギングバスケット
  4. 完成したコッツウォルズ地方の石を使ったイギリス式の石積み
  5. 三軒茶屋で人気の園芸店
  6. 美しく溶接されたアイアンを2度塗り塗装をほどこしたアイアンの接合部

特集記事

  1. 造園会社ぐりんぐりんがオススメするレンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選!の画像
  2. 造園会社ぐりんぐりんが提案オススメするナチュラルガーデンの庭づくりのサイト画像
  3. イングリッシュガーデンの原型と言われるコッツウォルズ地方の街並みを背景とした造園会社ぐりんぐりんのブログ画像
  4. 1日で簡単にDIYで作るウッドデッキのステップ
  5. シェードネットをつけて完成した日よけパーゴラ

プロジェクト一覧

  1. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  2. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  3. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  4. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  5. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  6. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  7. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  8. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事
  9. 軒下の最小スペースを使ってお客さんが楽しむ箱庭のお庭づくり

最新情報や更新報告のお知らせ!

最近の記事

  1. 国分寺市で施工完成した樹脂フェンスと門扉
  2. オーストラリアの植物で江東区の企業さんの植栽工事
  3. 国分寺市のメンテナンスがいらない庭づくりのための剪定
  4. 杉並区で施工したアンティークレンガの花壇と自然石の駐車場
  5. 厚めの自然石でナチュラルガーデンと駐車場をつくる
  6. 杉並区の駐車場の横に施工したアンティークレンガの花壇
  7. 室内へ土が入ってくるのを止める土留めの枕木

お問合せ、ご相談

お庭づくりや記事に関する

 

お問合せやご相談は

 

コチラの”ご連絡フォーム”から!

PAGE TOP