• TOP

第97回池坊目黒教室!3年7ヶ月目!『赤目柳とリンドウ・2種生け』

赤目柳とリンドウの2種生け

2020年の池坊の学びもあと数回
年末、忙しくなりつつも頑張って行こう!
という気持ちです

前回は”生花新風体”を30分でチャレンジ!という
とても無謀な試みでしたが
今回はしっかりと学んでいきたいです

97回目の学びは”研究会のため”の学び
月末の日曜日にお茶に水にある
”東京池坊会館”で開催されます

月に一回、池坊の支部で開催される
研究会とは”池坊皆伝”のための学び
頑張って行けばいろんなチャレンジが可能になります!

花材

花付きが良い池坊の定番リンドウ

とても花付きが良い”リンドウ”です
こんなに花がついたリンドウは
きっと自然界にはないかもしれませんね

池坊では定番と言ってよい花材
紫の花弁と細い葉っぱが素敵ですね!

表裏がはっきりした赤目柳

赤目柳(アカメヤナギ)です!
これも池坊では定番の花材と言えます

池坊では花材を理想のカタチに変化させます
その”曲がり”はとてもしなやかな植物じゃないと
表現しきれません

そのため、その赤目柳は”曲がり”を作りやすく
理想のカタチを表現しやすい花材と言えます

また日に当たった場所は赤く
日陰の方は鮮やかな緑をしています
そのため植物の”裏表”がハッキリ分かりやすい!

初心者からベテランまで
愛される花材です
私も楽しんで使っています!

横田のいけばな

池坊目黒教室の生徒である造園会社ぐりんぐりん横田のいけばな

いつものごとく、先生より軽く説明を受け
”チャレンジ!”
でも当然ですが、分からない!迷う!嫌!

他の生徒さんの様子を伺いながら
ドンドンいけていきます!

真、副に赤目柳
体にリンドウという体制です

真、副は通常ですと5本で構成されます
しかし今回は”7本”
2本増えるだけでかなり難しい

まず、どこに入れていいの?って迷います

先生の直し

  • 真後ろの高さ
  • 真前2本のバランス
  • 真前の位置
  • 真前の高さ
  • 真に対しての副の高さ
  • 副の分かれ目の位置
  • 副あしらいの関係性
  • 全体的な溜め、曲がりが弱い
  • 体のリンドウの使い方
  • 体の高さ
  • 体のボリューム
  • 体の関係性
  • などなどなどなどなどなど…

まぁほぼ全部を直されまして
ほとんど原型の無い感じになりました

先生の2種生け

先生の直しが入った赤目柳とリンドウの2種生け

”素晴らしい!”
さすが我がティーチャー!
相変わらず見事な作品になりました

ポイントは”真前”の使い方
2本ありますので、それぞれを全体のバランス

そして最近よく言われる
”真、副と体のバランス”
つまり赤目柳とリンドウのボリュームのバランスです

リンドウは切り花用として栽培されています
そのため花のボリュームが多い
そのまま使うと”体”のチカラが大きくなります

そのため花を減らすか
真、副のチカラを強くする!
色々と考える必要があります

まとめ

今回の池坊のいけばなは”生花”
いつも言われるポイントは一緒です

なぜ同じことを言われるのか?
長さやカタチは決まっているのに?

それは花材が違うからです
同じ赤目柳やリンドウであっても
色、太さ、カタチが全部違います

そのため、いつも”ライブ”としていけています
前もって準備が出来ない
”生もの”と言えます

それが難しく、面白いのかもしれません

造園会社ぐりんぐりんへのお問合せアイコン

私たちは池坊を通じて学んだ
日本人の美意識をお庭づくりにいかしています
それは和風とか洋風を超えた感性

  • 人がどうして癒されるのか
  • 植物がどう生かされるのか
  • 人と植物の関係

実は、伝統的な”美”は時代とともに進化しています
それは大きく奇抜的に変化することではなくて
ゆっくり染みわたる”なじみ”

お庭は作ったときがスタートです
それから何年も一緒に付き合っていくのです
皆さんとお庭が”なじんでいく”
それが私たちの目指すお庭づくりです

造園会社ぐりんぐりんのLINE公式アカウントの画像

LINE公式アカウントもありますので
お気軽のお庭づくりのご相談をしていただけます

オススメ記事

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. タイルと自然石の比較とオススメの紹介
  2. 国分寺市のメンテナンスがいらない庭づくりのための剪定
  3. 目隠し植栽に果樹を使う世田谷区の実例
  4. 先生がとことん気を配った自由花のお直し後
  5. 絶頂期を迎えたアデニウム
  6. 2018年の初めてのいけばなはリハビリの自由花

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

代表:横田のインスタグラム

造園会社ぐりんぐりん横田の個人インスタグラムアイコン

造園会社ぐりんぐりん横田が、お庭づくりに関するお得情報を毎日配信するインスタグラム!

特集記事

  1. ナチュラルガーデンの庭づくり2つのポイントの画像
  2. ナチュラルガーデンの花壇を何でつくる?オススメ素材画像
  3. レンガ、石、枕木の道をDIYで作るサイト画像
  4. オシャレな砂利5選の画像
  5. エアコン室外機カバーの作り方を説明する画像ボタン

プロジェクト一覧

  1. 狛江市の幸せ家族のウッドデッキとウッドフェンスがあるお庭づくり
  2. 世田谷区で施工したローズガーデンの庭づくり
  3. 世田谷区の個人邸のナチュラルガーデンの庭づくり
  4. お庭と駐車場を兼ねた杉並区のナチュラルガーデンの庭づくり
  5. 武蔵野市で施工した子供たちがデッキで遊び果実を収穫できるナチュラルガーデンの庭づくり
  6. 足立区の病院で施工した石材のナチュラルなバリアフリーの駐車場づくり
  7. さいたま市で施工した造園会社ぐりんぐりんが提案するナチュラルガーデンのサンプルガーデン
  8. 目黒区で施工した10年20年後のバリアフリーでお庭を楽しめるナチュラルガーデン
  9. 木更津市で施工したレンガ花壇んと人工芝と夜でも楽しめるガーデンライトのナチュラルガーデン

最近の記事

  1. 紫外線90%カットする屋上の日除けパーゴラ
  2. 夏のバラ管理・剪定
  3. 目隠し植栽に果樹を使う世田谷区の実例
  4. 造園会社ぐりんぐりんが提案する石材があるナチュラルガーデンの庭づくり
  5. 吉祥寺の新築住宅の大きなテーマと小さなプラン
  6. 完成した石積み花壇と古木オリーブのシンボルツリー植栽
  7. 古木オリーブと石積み花壇のある病院のシンボルツリー植栽

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP