• TOP

第2回池坊研究会!『春の自由花、みんなで白札!?』研究会って何だ?

白札をいただいた池坊研究会の自由花

今年から池坊の研究会に入りまして

今月が2回目です!

 

前回に引き続き”自由花”

このブログでも毎回の池坊教室での

練習をお伝えしています!

 

第42回、第43回池坊教室!1年3ヶ月目!『春の研究会のための自由花』

 

 

 

 

 

 

 

 

研究会って何だって?

 

月に一回池坊の各地域の会場へ

決められているテーマのお花をいけに行きます!

全体の勉強会みたな感じでしょうか

 

いつもの先生ではなく

いろんな教室の先生方に評価して頂く機会なのです!

 

いつもの教室は”目黒”にあるんですが

大きなくくりでは”東京支部”の一員です

ですので地域会場は東京ですね

 

 

 

 

 

 

 

会場はコチラ!

 

御茶ノ水にあります池坊の東京本部ビル東京池坊会館

 

御茶ノ水にあります

駅から5分ぐらいでしょうか

一般の方々も入れます!

 

 

 

 

 

 

 

花材はコチラ

 

ピンクが鮮やかな季節を先どるスイトピースイトピー

 

 

 

 

 

 

 

ドラセナの品種のゴットセフィアナゴットセフィアナ

 

 

 

 

 

 

 

可憐な白色の花のホワイトレースフラワーレースフラワー

 

 

 

 

 

 

 

『春を感じさせるよういけるべし!』

毎回の目黒教室で2回

練習しましたが~

第42回、第43回池坊教室!1年3ヶ月目!『春の研究会のための自由花』

 

先生の反応はボチボチだと思うんですけど

なかなか本番で上手くいけれていないのか…

 

 

 

 

 

 

 

白札をいただいた池坊研究会の自由花いつもキレイにいけれているって感じですが

 

なんとも難しいですね~

 

 

 

 

 

 

 

結果は”白”札

 

 

 

 

 

 

 

池坊の研究会では

評価は木札で発表されます!

 

生け終わると

一度会場から出ます

 

先生方が判定をしてくださって

結果の木札を置いておいてくださるのです

今回は”白”と書かれていました!

 

 

 

 

 

評価はこの6種類あります

  • 短上 ・・・ 45点
  • 長   ・・・ 50点
  • 長上 ・・・ 55点
  • 白      ・・・  60点
  • 赤   ・・・ 70点
  • 黄   ・・・ 80点

ポイントに換算にて

年間で何ポイントだったかってコトで評価が下ります

 

 

 

 

 

ちなみに”長上”ってあるかと思いますが

これが基準といいますか

 

研究会に出て

とりあえずいければ

いただける評価らしいです

 

 

 

 

 

 

 

上のクラスに上がるには

最低でも何ポイントか必要みたいですね~

 

ちなみに研究会のクラスは

研究、脇、准、正

あるそうです!

 

 

 

 

 

 

研究会の一番上のクラスに入るだけでも

順当にすすんでも4年かかるんですね~

 

もちろん研究会が終わっても

上のランクはまだまだ存在して

どんなに順当でも15年?必要とか

 

以前先生が話してくれたんですが

気が遠くなる話しだったんで

忘れちゃいましたね~

 

 

 

 

 

 

 

今回は”白”なので60ポイント

獲得ですね~!

 

しかも全員”白”だったらしい…

なんだか嬉しいやら何やら…

 

 

 

 

 

 

もっと頑張れってことですね!

 

 

 

 

 

 

第1回目が”長上”だったんで

いまのところの合計は115ポイントです!

 

さぁ~何ポイント獲得出来るでしょう~か?

 

結果は12月のお楽しみですね!!

 

 

 

 

 

 

東京池坊会館

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2−3−12

03-3291-9321

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第42回、第43回池坊教室!1年3ヶ月目!『春の研究会のための自由花』

 

第38回、第39回池坊教室!…そして入門試験へ突入~!!『菊の生花』

 

第22回池坊教室!8ヶ月目!自由花をエンジョイする!先生にも笑顔!

 

世田谷区成城の個人邸~放置ジャングルから”花壇の小道”の庭づくり①

関連記事

  1. 完成したコッツウォルズ地方の石を使ったイギリス式の石積み
  2. 数少ない真夏の花
  3. いい感じに育ったハムシー
  4. 映画監督として有名なデヴィット・リンチ
  5. 人気のサボテンを育ててみる挑戦
  6. 2018年の初詣
PAGE TOP