• TOP

第95回池坊目黒教室!3年6ヵ月目『縞ススキと女郎花の交ぜ生け』

池坊で初チャレンジの交ぜ生け

生け花とかの前に”女郎花”って読めますか?
”じょろうか、じょろうはな”ではありません!
『女郎花=おみなえし』と読みます

”秋の七草”のひとつ、黄色の小さな花を咲かせます
根っこは乾燥して漢方として使われますよ!
と言うわけで、今回の花材のご紹介です

花材

女郎花(おみなえし)

小さな黄色い花を無数に咲かせる秋の七草のひとつ女郎花と書いておみなえし

こう見えても開花中!
本当に小さな小さな花なのです
つぼみとほとんど同じ大きさの花です

6~10月に開花、8~9月が見ごろです
秋の七草といえど、ちょっと早い時期がベストです

可憐ですね!黄色いかすみ草みたいな感じ
切り花として楽しめますが、悪臭が漂います
私はそれほど気になりませんが、ご注意を!

縞ススキ

尾花として秋の七草に数えられるススキ

縞は斑入りということ
色合いも薄めの緑と白のラインが、軽やかな存在です

”秋の七草”として数えられますが
別名、尾花(おばな)と呼ばれています
それは穂が、動物のしっぽに似ているから、そう呼ばれます

ススキは切るとすぐに水枯れをおこします
葉っぱがショボショボに枯れてしまうので
手荒れ防止の保湿剤を表面に塗って使います!

交ぜ生け(まぜいけ)

カタチは生花(しょうか)なのですが
二種生けみたいに場所を分けるわけではありません

これが二種生けです
簡単に言うと、二種類の植物を前後で分けていける
池坊的に言うと『真と副がボケの枝、体が小菊』という感じ

”交ぜ生け”はその名の通り
場所で分けたりせず、混ぜていけるのです

簡単に言うと
『女郎花で生花をつくり、それに沿うようにススキで生花をつくる』
ダブル生花という感じです

横田のいけばな

横田がいけたおみなえしとススキの交ぜ生け

相変わらずの先生の指導ですからね
初めにバーと説明されて、ハイ!実践!

生徒である私がいけた、初”交ぜ生け”なんですが
毎回注意されるのは”高さ”ですね
あと”まとまり”でしょうか

生徒である造園会社ぐりんぐりんの横田がいけた縞ススキと女郎花の交ぜ生け

水際(差し口あたり)は大体まとめられているのですが
それでもアドバイスをいただきました

あとは”真・副・体のボリューム”でしょうか
先生は”チカラ関係”と表現していますが
バランスと考えていいでしょう

しかし、もう縞ススキがシワシワに。。

先生のお直し後

先生のお直しが入った池坊のいけばな交ぜ生け

”作品”といった仕上がりになりました
先生の凄さはバランスとまとまりにあります

先生のお直しが入った女郎花とススキの交ぜ生け

何となく散らかっていた
それぞれの細部の重さや花の数や位置
それが全体的なバランスの中でまとまっている感じ

さすがとしか言いようが無いですね
女郎花の中が重なることなく、それぞれにしっかり存在している
そのボリューム感は、真と副、体で三位一体となっている感じ

横からみた女郎花とススキの交ぜ生け

そして秀逸なのは、横から見たところ
いけばなは床の間に置くコトが前提です
なかなか横から見られることは少ないです

横から見ても美しいバランスの中にある女郎花とススキの交ぜ生け

花展などはどこからでも見られる場所に置かれます
場合によっては後ろから見られます

先生のバランス感は横から見ても素晴らしいのです
生けるときはほとんど正面から見ているのですがね
出来上がると、横からも出来上がっている

まとめ

あるファッションデザイナーがおっしゃったことに
”天分は個性、才能は努力、センスは学び”
センスは誰でも磨けるのです

この世の中に”良し”とされるバランスはたくさんあります
黄金比、白金比、大和比、など
池坊には池坊のバランスが存在します

池坊は数字です、数学の美なのです
そのセンスを自分が身に着ける事は
自分を豊かにしてくれるのです

”センスを身につけるのは学ぶこと
身につくまで学び続けるのは努力を続ける才能
やがてそれは自分の個性になります”

造園会社ぐりんぐりんへのお問合せアイコン

お庭のことなら何でもご相談ください
皆さんに合ったプランをご用意しています

造園会社ぐりんぐりんのLINE公式アカウントの画像

現在はLINEでご相談できます
気楽に出来るのでオススメです!

オススメ記事

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 白いタイルのビルの1階にある観葉植物専門店『REN』のお店とその看板
  2. 武蔵野市で施工したいろんな大きさが混じったオシャレな砂利
  3. 上に上に伸びていく出生のいけばな
  4. 草刈りを終えた横浜市の個人邸
  5. 先生の直しが入った三種生
  6. ドクダミで荒れていた日陰の花壇をリフォームして生まれ変わった花壇

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. 日々の暮らしの中で花のある生活スタイルを提案する記事
  2. 初心者でもアンティークレンガで簡単DIY!オシャレ花壇をつくる画像
  3. 簡単にDIYでガーデンパンをつくる世田谷区の庭づくりの実例
  4. 国分寺の完成したナチュラルガーデンのためのパーゴラ
  5. 造園会社ぐりんぐりんのsns案内

プロジェクト一覧

  1. 夏の剪定管理を行った世田谷ガーデンの様子
  2. 杉並区で施工したナチュラルガーデンのアンティークレンガの花壇と木製ベンチ
  3. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  4. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  5. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  6. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  7. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  8. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  9. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム

最近の記事

  1. 調布市で施工した人工芝とプランター花壇がある日陰の庭
  2. 調布市で施工した目隠しのローリエと雑草対策の人工芝の施工方法と花があるプランター花壇
  3. 池坊目黒教室で行ったレースフラワーの三種生け
  4. 中野区で施工した備長炭のようなおしゃれなレンガの花壇づくり
  5. 中野区で庭づくりした備長炭のような風合いのレンガの花壇づくり
  6. 中野区で施工したオシャレな備長炭のようなレンガをつかった花壇づくり
  7. 横浜市青葉区で行った樹木の冬の剪定

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP