• TOP

第82回池坊目黒教室!2年11カ月目『水仙の3株生け』冬の花

水仙の3株生け

第82回池坊目黒教室!2年11カ月目『水仙の3株生け』冬の花

 

明日から出来る!池坊の基本”水仙のいけばな”の生け方をご説明!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回”池坊の伝花”についてちょっと触れました

しかし!水仙のいけばなは簡単には出来ない!のです

 

 

 

 

 

なぜ?

 

 

 

 

 

 

それは水仙をそのまま使わないからなんです!

 

 

 

 

 

簡単にいいますといけばなで欲しいのは”理想のバランスの水仙”

水仙の株を一度解体!再度組み立てるのです!

 

今回はその”水仙のいけばな”を解説!

画像でご説明します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ?

自然の姿そのまま使うのでは?

 

と思いの方もいらっしゃいますが

自然のままとは野性ってことです

 

野生はすべて美しい!それでもすべてが完璧なワケじゃない

完璧なバランスの花って現代の花屋さんとかにはあるでしょうね

それは完璧になるよう人工的にコントロールしてるからです!

 

まっすぐなキュウリ、大きなカボチャ、同じ太さの大根とか

現代の野菜事情は皆さんの”ウケ”がいいように

最高の姿にコントロールされています

 

それはお花も同じです!

水仙にしてもより花が大きく、背が高く、真っ直ぐに

育てられています!

 

 

板の間に置かれた水仙の株

 

 

 

 

 

 

 

 

野生は個性の固まりです!

曲がった茎、日の当たり方で変化する葉っぱの姿など

それは色んな環境で色んな姿になるのです

 

 

 

 

 

しかし!

 

 

 

 

 

その中で自然の法則というのが存在します

 

水仙の一年目は葉っぱが一枚

二年目になって葉っぱが三枚

三年目になって葉っぱが四枚になって開花する!

 

それが自然の摂理!

 

 

 

自然の姿の水仙の花

 

 

 

 

 

 

そして葉っぱの背の順も決まっています!

 

一枚目の葉っぱは北側の外

二枚目は南側の外

三枚目は北側の内側

四枚目は南側の内

 

その順番で葉っぱが成長してきて

その順番で長さが決まっているんです!

 

 

 

 

 

 

その摂理を学び、それを活かし

その中で最適なバランスを池坊では決められているのです

 

”バランス”ですので何センチ?とかではなく”率”なのです

3:7とか4:6とかのバランスです

それは水仙がいつも同じ大きさではないからですね!

 

 

 

 

 

 

では実際に自然素材の水仙を

解体!最高のバランスで再び組み立ててみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■水仙を解体する!

 

足場に置かれた花の水仙一株

 

まずはどんな水仙を選ぶのか?

 

先ほど説明しましたが

現代の水仙はより大きな、数の多い花を咲かせようと

栄養を限りなくあげています!

 

本来水仙は40~50センチぐらいの背の高さなのです!

ですので出来るだけ細く、小型の水仙を選びます

 

美しい姿にするのは根っこに近い部分をカットしますので

最低でも50センチ以上あった方が扱いやすいです!

 

 

 

 

 

 

部分の名前が入った水仙の根元

 

水仙の根元です!

 

水仙は半円の葉っぱが向かい合っています

ネギみたいに円の筒状になっているわけではないのです!

 

そのスジが画像でみえますね?

半円が組み合わさって円になっているので

両側にスジができます

 

それを上に向けて安定したところに置いてください!

 

 

 

 

 

 

 

水仙の解体のために手のひらを使う

 

手のひらで白い部分、白根(しらね)をグっと押し付け

”グシュ”っていう音が出るまで押します!

白根を圧し潰す感じで!

 

 

 

 

 

 

水仙を解体するために手のひらで圧し潰している説明

もし!

 

この後、水仙を解体していきますが

上手く引っ張り出せなかった場合は

これを繰り返してくださいね!

 

 

 

 

 

 

水仙を解体するため花の茎を引っ張り出す

白根をもっと動かないように固定しながら

まずは茎を引っ張ります!

 

茎はなるべく根元に近い部分を握る

 

あまり白根をギュっと握っていると

茎が出ていかないので注意です!

 

茎が全く動かない場合は

また白根を圧し潰してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

茎を引っ張り出した水仙

綺麗に引っ張り出せました!

折らないように!

潰さないように!

 

 

 

 

 

 

水仙を解体するため内側の葉っぱから引っ張り出す

続きまして葉っぱを解体します!

 

茎が抜けたあとはサクサク引っ張り出せます!

 

 

 

しかし!

 

 

 

一番内側からはずしてください!

そしてもともとあった順番に並べておいてください!

 

 

 

 

 

 

 

水仙を解体してその順番にならべてある画像

なぜならその順番に組み立てていきますので

分からないようになったら大変ですよ!

 

 

 

 

 

 

こうして解体は終了です!

 

とにかく白根を潰して、茎を引っ張るところが

ちょっとドキドキしますが

慣れればすぐに出来るようになりますよ!

 

慌てずにやってみてください!

 

 

 

 

 

 

※白根の管理

乾燥しやすい白根は水につけて管理

白根は乾燥しやすいです

薄皮な感じなんですよ

 

ですので水につけて管理します!

使うまでは水につけておいてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■水仙の組み立て ~理想的なバランスで~

 

まずは水仙の姿を観察してみましょう!

 

 

 

 

 

水仙の花の部分の説明

水仙の花が3輪以上ついているのは

”花、真っ盛り!”ってことです

 

いけばなでは”花のガク”が表です

ガクがついている方を手前(自分側)にして考えますよ!

 

ちなみに花は立っている状態で仕上げます!

 

水仙の花は普段ダラーンと垂れ下がっていますが

立っている状態の高さで

葉っぱとのバランスを考えますよ!

 

 

 

 

 

 

水仙の花の裏側

裏側はこんな感じです!

 

 

 

 

 

 

そして白根の準備をしましょう!

 

抜いた白根

白根です!

ぬいたそのままの白根です!

 

茎と葉っぱを組み合わせたら

この白根の中に戻します!

 

ですので先に完成時の長さにカットしておきます!

基準としては5センチです

 

 

 

 

 

 

白根をバツっと平行にカット

真っ直ぐ、平行にカットします

カットした部分が下ですからね

 

爪みたく尖っていますが

尖った方が正面(自分側)です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では組み立てていきましょう!

 

花の茎に一番内側の葉っぱをあてがう

順番に並べてあった葉っぱの

一番内側から組み立てていきます!

 

花のガクを手前(自分側)にして

葉っぱを茎にあてがいます!

 

 

 

葉っぱを解体した順番に組み立てていくのです

互い違いに!

 

 

 

 

花の茎に順番に葉っぱを組み立てたところ

四枚の葉っぱを組み立てたところです!

そのときの長さのバランスが重要なのです!

 

 

 

 

 

 

茎と葉っぱを押さえる部分

おおよその長さの部分を押さえとく

水仙の長さは全長45~50センチぐらいが基準と考えます!

 

 

 

 

 

 

 

そのバランスとは!?

水仙の組み立ての花の位置

数字は葉っぱの組み立て順番です!

そして花の位置は①と②の間

 

次の葉っぱ自体のバランスと一緒に考えてください!

 

 

 

 

 

 

水仙の葉っぱのバランス

葉っぱのバランスです!

葉っぱの太さや全体の大きさも考慮しますので

何割か?で考えます

 

葉っぱのバランスの間に

花が入ってきます!

 

 

 

 

 

 

組み立てた水仙を適度の長さでカットする

茎の長さはもし50センチでと考えるなら

プラス2~3センチ長めでカットします!

 

それはあとで長さ調整をするためです

 

 

 

 

 

 

 

そのカットの仕方は?

 

斜めにカットする水仙の茎

斜めにカットします!

 

それはこの茎と葉っぱの束を白根に入れて

もとの状態に戻すために、尖がらせておくのです!

 

でもその向きが大切ですよ!

 

 

 

 

 

 

組み立てた水仙のカットする向き

水仙の葉っぱが組み合った”端っこ”が

尖がるようにします!

 

葉っぱが横向きになるような状態です

 

 

 

 

 

 

組み立てた水仙のカット説明

このような状態になっているのが正解です!

葉っぱの組み合っているところが

カットした先端です!

 

この尖った部分から白根を入れていきます!

 

 

 

 

 

 

 

尖った同士を差し込んで組み立てる水仙

尖った同士を差し込んできます!

 

白根を水で濡らしながら

クキクキ回転させながら

白根が破れやすいので気を付けて!

 

 

 

 

 

 

水仙の白根を組み立てている途中

慌てず、急がず、濡らして!

危ない!って思ったら引き返してください

 

 

 

 

 

 

白根を差し込んだ水仙の組み立て

茎を長めにカットしてますからね

その分、白根を奥の方まで差し込みます!

 

少しでも引っかかったら引き返してくださいね

 

 

 

 

 

 

白根を組み立て終わった水仙

完成時の長さのところまで白根を持っていきます!

 

 

 

 

 

 

白根の向きと位置

これが組み立て完成時の様子です!

 

 

 

 

 

 

 

白根の向きに注意が必要

白根の爪がガクと同じ向きであることが重要です

葉っぱの向きにも注意してください!

 

そして茎の斜めの部分をカットして完成です!

 

白根から見えてる茎は1センチ残してカットしてください!

その茎の部分を剣山に差します

白根を剣山に差してしまうと切れちゃうので、十分注意して!

 

 

 

 

 

 

 

完成した生け花の水仙の組み立て

2株生けの場合、これを二つ作ります

3株生けは三つ作るってことです

 

それぞれの役割があるので

それを考えて組み立てます

 

葉っぱは千鳥(ちどり)左右順番の高さにしますが

場合によっては葉っぱを背の順にします

 

 

 

 

 

 

 

3株生けの水仙の準備

それがこちらです!

違いは全体の長さ、それぞれの葉っぱのバランス、花の位置など

細かい違いがあります

 

それは池坊の生花(しょうか)の”真、副、体”の役割の違いです!

 

水仙一株で細かく意味がありますが

3株全体で一つの意味を成すのです!

 

 

 

 

 

 

3株水仙の生花

ちょっと花が傷んでカットしていますが。。。

『伝花 3株の水仙の生花』

 

 

 

いつでも精進!

水仙は私の好きな生花であり

いつも学びの基準でもあります

 

 

 

 

 

 

 

伝花としての水仙の生花のいけかたは

次回、ご紹介します!

 

それは池坊の大切な教えでありますので

続きはぜひ”池坊の教室で体験してみてください”

 

私がこの先、自信をもっていけることができるようになったら

ぜひこのブログでご紹介したいと思っております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■第82回池坊目黒教室!3株生け、水仙の生花!

 

3株の水仙の生花

水仙は自然の中の陰の花であり、冬の花の代表のひとつです!

 

 

 

 

 

 

 

水仙の3株生けの横の姿

本来は剣山を使わず、”くばり”という

樹木の枝を固定するのです

 

今、この生け方や水仙のご紹介は

いけばなの入り口です!

 

 

 

 

 

 

 

池坊目黒教室で先生の直しが入った伝花水仙の3株生け

そして何より水仙の香りが素晴らしいコト!

そんな植物を相手に仕事ができることが

幸せなのかもしれませんね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■まとめ

 

水仙の生花は池坊の基本であり

いけばなの基準であり

お庭づくりの基礎であると思っております!

 

これからまた何年も、繰り返し学ぶことになります

 

それが私の成長であり

庭づくりの成長であるとも思っております!

 

また来年が楽しみですね!

 

 

 

 

関連記事

  1. 伊勢神宮の遥拝殿として明治に創建
  2. 発芽確認アデニウム
  3. 畳敷きから床板にDIYで改装した世田谷区奥沢にあるシェア奥沢の広間
  4. 販売用の花束がたくさん並べられている
  5. これからが楽しみなおしゃれ観葉植物の仕立て
  6. 状態良好なフィカス・アルテシーマの斑入り葉っぱのアップ

特集記事

  1. オシャレな砂利5選の画像
  2. レンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選画像
  3. 国分寺の完成したナチュラルガーデンのためのパーゴラ
  4. ナチュラルガーデンの花壇を何でつくる?オススメ素材画像
  5. ウッドデッキのステップのDIYで簡単に作り方の画像

プロジェクト一覧

  1. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  2. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  3. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  4. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  5. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  6. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  7. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  8. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事
  9. 軒下の最小スペースを使ってお客さんが楽しむ箱庭のお庭づくり

最近の記事

  1. オーストラリア産の樹木の植栽
  2. 池坊目黒教室でいけたボケと小菊の生花
  3. 山積みになったアンティークレンガ
  4. 全部が抜根されるなか一本だけ残されたフェイジョア
  5. ご予算に合わせた世田谷区の個人邸の第二プラン
  6. 植物が自由にはえすぎているお庭
  7. 造園会社ぐりんぐりんのsns案内

お問合せ、ご相談

お庭づくりや記事に関する

 

お問合せやご相談は

 

コチラの”ご連絡フォーム”から!

PAGE TOP