• TOP

第78回池坊目黒教室!2年9ヵ月目『赤芽柳と小菊の生花2種生け』

池坊目黒教室で生徒と先生の2種生けの違い

第78回池坊目黒教室!2年9ヵ月目『赤芽柳と小菊の生花2種生け』

 

改めて感じる先生のいけばなの完成度!『全体のバランスこそ進化の種』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのところ、ありがたいことに現場で忙しく

生け花の稽古になかなか参加できませんでしたが

この月末に連続して参加することができました!

 

昨日から連続して『赤芽柳と小菊の生花2種生け』です!

これは11月3日に”池坊・東京支部の研究会”のための練習です

 

 

 

 

 

 

 

■横田のいけばな(一回目)

 

池坊目黒教室で生徒である造園会社ぐりんぐりん横田がいけた2種生け

我ながら”なかなか!”だと思うんですけどね~

基本的な生花と違って”真”と”副”の添えが多いのです

それぞれの”高さ”が、いいのかな…

 

 

 

造園会社ぐりんぐりん横田が生けた2種生け

横からみた様子です

なかなかだと思うんですけど!

 

あとは先生がどう思うのか、どうなんでしょう!先生!

 

 

 

 

 

 

 

■先生のお言葉

 

・”副”が高い

・割に”真前”が高い

・比べて”真添え”と”副えあしらい”が短い

・小菊のバランスはいい、向きが違う

・陰陽のチカラのバランスが悪い

 

とこんな感じでした!

何と言いますか、どこか重要視すると

他がおろそかになる感じですね…

 

 

 

 

 

 

 

■お言葉の後、自分で直した生け花

 

造園会社ぐりんぐりん横田が目黒教室で練習した2種生け

高さを重視して直しました!

 

 

 

池坊目黒教室の先生のお言葉のあとで直した2種生け

全体的な高さのバランスがとれてきた感じですね!

基本的な生花より本数が多いので、ちょっと全体的に高めに設定したのが

裏目に出たのか…でもその中での高さのバランスが良くなかったんでしょうね!

 

 

 

 

池坊目黒教室で先生の言葉をいただく前と後

右側が先生のアドバイスをいただく前、左側が先生の助言をもらって直した後です

 

もちろんそのままのモノもありますが、明らかに高さが変わっていますよね!

短い枝と高い枝の中間ができた感じになりました

 

 

 

 

池坊目黒教室で先生の助言の前と後

横から見た方が分かりやすいです

 

池坊や花生けでは斜めにさして、奥行きを持たせますので

枝の長さを5センチ、カットしたとしても

斜めの角度によっては、8センチとか以上カットしたように見えることがあります

 

それも考えて枝の長さをカットしなくてはいけませんね!

 

 

 

 

池坊目黒教室で造園会社ぐりんぐりん横田が生けた2種生けの小菊

今回はこの部分”体”の部分の高さは、大丈夫だったみたいです

 

細かい直しはこれからなので、この後で!

 

 

 

 

 

 

 

 

■先生の直し

 

池坊目黒教室の先生の直しがはいった赤芽柳と小菊の生花2種生け

これは先生の直しが入った後です

いつもさすがだなぁ~って感心しますよ、実際さすがです!

 

高さのバランスはもちろんですが

特に赤芽柳の”真”と”副”の部分では、その並びにアドバスをいただきました

 

さらに重要視されていたのは”陰方”と”陽方”のチカラのバランス

 

 

 

池坊で言われる陰方と陽方の説明図

簡単に”陰方”と”陽方”の説明ですが

 

池坊の生花においては、植物の出生を生けると言われいます

太陽が左後ろにあるとしたとき、植物がどう成長するかってことを

写し取っていけるとされています!

 

剣山があるところが中心として

太陽光は左後ろから赤の方向へ!

 

太陽があたって明るい部分は『陽方』

逆に影になっている部分は『陰方』

 

先生が今回、重要視されたのは『陽方』と『陰方』のチカラのバランス

チカラは同じだけ必要で、釣り合ってないとバランスが安定しないのですね!

 

 

 

 

造園会社ぐりんぐりん横田が生けた2種生けと先生が生けた2種生け

左は私、横田が初めに生けた2種生け、右は先生が生けた2種生け

 

高さは低くなって、小菊は余計な花やつぼみを取って小さくなった

でも『陰方』と『陽方』のバランスはとれている

 

そのポイントは紫の

そこに空間をつくってあるのです

その分面積が増えて『陽方』がチカラを持った

 

では『陰方』は?

小菊は小さくなったのに?

 

そのためより陰方に小菊を張り出し

これも面積をとってあげているのですね!

 

 

 

 

目黒教室の先生の直しがはいった池坊の2種生けの小菊

余計な花とつぼみは取り除かれました!

しかしより陰方に張り出すことでチカラを発揮する小菊

 

2種生けの小菊のポイントは

縦に細く菊の枝を残す!ことにあります

前から見てスリムになるようにするってことですね

 

より重要なのは一番低い小菊が一番開花してる

左側の一番高い小菊は半開き

右の小菊はつぼみ状態であるってことです!

 

小菊の部分は『体』と呼ばれ、難しいとされる部分です

これもすべては太陽に向かって生けられているのです!

 

 

 

 

 

 

 

■まとめ

 

池坊の生花は難しい!

さらに2種生けはもっと難しい!

 

明日は池坊東京支部の研究会です

お茶の水にある池坊東京会館で、この2種生けをいけて

他の先生方に見ていただく会です、優劣が判断され成績がつけられます

 

精進あるのみですね!

 

 

 

 

植物は太陽に向かって成長を続けます!

観葉植物を見てもよく分かりますが、窓の外の太陽に向かって成長します

そのため、鉢植えごとクルクル回して、上手に成長させてあげてください!

 

観葉なんですから室内から葉っぱを楽しみたいですよね!

 

 

 

弊社ぐりんぐりんでは、池坊の花生けを通じて

植物にたいする認識を成長させ、歴史に淘汰された繊細な美観意識を成長させています

それは皆さんのお庭づくりで”植栽するチカラ”として発揮されます

 

 

 

また観葉植物は代表の横田が造園活動の原点でもあります

ご自宅や会社、事務所の観葉植物の演出も行っています!

ぜひお気軽にお声かけください!

 

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 積まれるのをひたすら待つ石達
  2. マネーフォワードのイベント
  3. 水分不足で一部が枯れたワイヤープランツ
  4. 池坊目黒教室の花材のひまわり
  5. 成田空港で左から女性三人、男性六人並んだ記念写真
  6. 池坊目黒教室で学んだひまわりとレモンリーフを活用した自由花

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. エアコン室外機カバーの作り方を説明する画像ボタン
  2. 造園会社ぐりんぐりんのsns案内
  3. レンガ、石、枕木の道をDIYで作るサイト画像
  4. トマトの苗づくりの成長過程
  5. 国分寺の完成したナチュラルガーデンのためのパーゴラ

プロジェクト一覧

  1. 夏の剪定管理を行った世田谷ガーデンの様子
  2. 杉並区で施工したナチュラルガーデンのアンティークレンガの花壇と木製ベンチ
  3. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  4. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  5. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  6. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  7. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  8. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  9. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム

最近の記事

  1. 赤目柳とリンドウの2種生け
  2. おしゃれ乾燥系植物のウェルカムガーデンの剪定管理
  3. 施工から一年たった杉並区のナチュラルガーデンの庭づくり
  4. 初めてチャレンジした池坊の小花新風体
  5. 武蔵野市で施工したいろんな大きさが混じったオシャレな砂利
  6. 目黒区個人邸の植栽工事
  7. 横浜市の個人邸の植栽工事

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP