• TOP

第37回池坊教室!1年1ヶ月!『一生追求の生花・伝花~水仙~』

伝花としての2株水仙の理想形

いけばなの池坊を初めて

早くも1年と1ヶ月が経ちました

 

池坊は全国に教室を構えており

そこで教えてくださる先生方は

数々の池坊の試験や免許をクリアーして

生徒を抱えているわけです

 

その免許や資格は

実力はもちろんのこと

経験年数なども関係してきます

 

いけばなの根源『池坊』

 

 

 

 

 

 

 

とうとうこの私にも

その第一歩の入り口が開かれようとしています!

 

 

 

 

 

 

正確には1年以上池坊の先生に習っていますが

まだ池坊の生徒ではないのです

 

見習いといいますか

お試し期間みたいな位置らしいです~

 

先生によって考え方は違うらしいので

私の目黒の先生は、一年以上

その生徒の取り組み方や姿勢をみて

試験に誘うかどうかお決めになるらしいです

 

池坊・目黒教室『花がたり』

 

 

 

 

 

各地域には”支部”と言う括りがあり

そこの研究会に参加して初めて”池坊に入門した”と

言うことになるらしいです

 

そのための試験が数週間後に行われるということで

先生から『どう?』

私『はい』

というコトで受けることになりました

 

受かれば!

毎月、研究会という集まりに参加

テーマや課題をもって池坊を学ぶことになります

そして、色んな先生方から教えをいただくことになります

 

 

 

 

 

 

お庭づくりに少しでも活かそうと

はじめたのですが…

 

しかし池坊の三本柱の3つ目

『立花』というジャンルを学ぶ事が

私は必要を考えています

 

池坊のいけばな『立花』

 

”立花”はいけばなの室町時代に成立した

最も古い様式で

多種多様な草木により大自然の風景を表現します

 

 

大型の花器に生けられた松を始めとする植物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の先生の作品ですが

ぱっと見は、とてもゴージャス!!

 

しかしその分、キッチリとした基礎がなくては

不可能と言われるジャンルでもあります

 

はじめの試験に受かったからと言って

すぐに出来る訳ではありません

ある程度のランク、何度か試験に受かった上で

学ぶことが許されるジャンルでもあります!

 

大変ですね~!!

 

 

 

 

 

 

そんな話があった上で

本日の”生花”の花材です

 

とても華奢なイメージの花、水仙水仙

 

とても華奢なイメージで

繊細な感じがします

 

冬の代表的な花水仙色もとても抑えめで

西洋の白や黄色とは違いますね

やはり”陰の花”と言われるだけあります

 

とくに池坊では『伝花(でんか)』という

決められた生け方のある”生花”の一つなのです

それには”日本水仙に限る”と明記されているらしいです

 

またお花の少ない季節にあって

貴重な花材とされ

”めでたい席”や”正月”の花として好まれるらしいです

 

 

 

 

 

 

いつものごとく先生から

さらっと”約束ごと”の説明

”水仙の扱い”を聞いて

 

『出来たら呼んで』と去っていかれます

 

 

 

 

 

 

結構時間がかかりましたかね…

30分ぐらいかな~

 

生徒が初めて伝花としての二株水仙をいける二株の水仙です

 

なんて言いますか…

ウダウダですよね~

 

その形にまとめようと

何度も葉をしごいてしまって

フニフニになってしまってます…

 

 

 

 

 

 

”伝花”としての”水仙”は

2株と3株のいけ方があるそうです

本日は”2株の水仙”です

 

2本の水仙を一つづつバラバラにして

”理想形”の形にまとめて使用する

 

”真”と”副”で1株

”体”を1株でつくる感じです

 

 

 

 

 

 

まぁ先生に直されますよね

ありがたいことに”水仙の生け方”について

説明しながらお直しです!

 

葉の白い粉はとらない

葉をしごかない

仙人がスッと手を合わせて立っているイメージ

などなど…

 

はじめに言ってよ

って思っちゃいけませんね~

 

 

 

 

 

 

 

伝花としての2株水仙の理想形さすがです!

 

フニフニのウダウダ感がなく

スッと立っている感じがしますね

 

寒い時期の花ですので

広がりすぎず、まとまっている姿が美しいと!

 

 

 

 

 

 

12月に試験を受けるのに

ウダウダのフニフニですね~

頑張りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

第36回池坊教室!1年1ヶ月!『どこまでも気配りを行う~自由花』

 

石原流、花の植栽!『その秘密は池坊にアリ!』飾らず自然のままに

 

映画『花戦さ』観劇!絶賛公開中~!池坊の原点『初代・池坊専好』

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 杉並区で施工したアンティークレンガの花壇と自然石の駐車場
  2. 東京都大田区で一番大きな園芸店
  3. 杉の板の上にワイヤープランツの丸い葉っぱ
  4. 公共の剪定仕事の結果
  5. 2020年最初の東京研究会で白札獲得でスタート
  6. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. 日々の暮らしの中で花のある生活スタイルを提案する記事
  2. レンガ、石、枕木の道をDIYで作るサイト画像
  3. お花の定期便ブルーミーライフの花束体験画像
  4. ナチュラルガーデンの庭づくりでオシャレなレンガ舗装
  5. 武蔵野市で施工した日よけパーゴラを3日間でつくる説明

プロジェクト一覧

  1. 夏の剪定管理を行った世田谷ガーデンの様子
  2. 杉並区で施工したナチュラルガーデンのアンティークレンガの花壇と木製ベンチ
  3. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  4. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  5. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  6. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  7. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  8. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  9. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム

最近の記事

  1. 芝生と枕木で新しい植物があるライフスタイルを提案
  2. 2020年5月に植栽した東京都狛江市の個人邸の北側花壇の6か月後の様子
  3. 11月は桜の剪定もある世田谷区のマンションで毎月のメンテナンス
  4. 高木樹木の剪定管理の施工前と施工後
  5. 世田谷区マンションの潅水装置の設置工
  6. 世田谷マンションの自然石の道づくり
  7. 世田谷マンションのカスケードからナチュラルガーデンの変貌

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP