• TOP

第36回池坊教室!1年1ヶ月!『どこまでも気配りを行う~自由花』

先生がとことん気を配った自由花のお直し後

『どんな作品においても

大切な真実は詳細にやどる』

と、ある芸術家は言います

 

とても細かいところまで

気を配っているかどうか

そこでその作品の全体の印象が決まる!

と、いうものです

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の花材です

 

カーネーションを中心としたいけばなの花材一目瞭然!

カーネーションが中心の花材ですね

 

 

 

 

 

 

ピンクの色がとてもキレイなカーネーションカーネーション

 

とてもピンクがキレイです

派手になりすぎず

抑えた色合いがイイですね

 

 

 

 

 

 

 

自由花の花材としてのニューサイランニューサイラン

 

お庭の植物として

とても人気があります!

 

海外から入ってきた植物ですね

 

こういった新しい植物を

枠にはめず、自由にいけるコトを

許されたのが”自由花”です

 

 

 

 

 

 

枝ぶりがとてもユニークなエニシダエニシダ

 

とても個性的な枝ぶりですね

一つとして同じ枝がないのがイイです

 

 

 

 

 

 

 

はじめに先生から言われたのが

『今日は自由花です』

 

あとはエニシダの表

ニューサイランは小さく

…以上でした

 

まぁ何回も言われてますが

自分でやんな~ってコトなんですかね

 

 

 

 

 

 

 

20分ぐらいかけたでしょうか

まぁ無難な感じに仕上がりました!

 

生徒が20分で仕上げた自由花気をつけたコトと言えば

エニシダの広がり具合、曲がりを少し強調

ボリューム感

 

そのくらいでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

いけ終わったら、先生をお呼びして

見ていただくのですが

 

スッとお座りになって

『いいわね』

『今日はどうしたの』

『珍しい』

を繰り返されておられるんです

 

褒めてくれてるのか

何なのか…

本当にイイか、疑心暗鬼になりますよ

 

 

 

 

 

 

でも、そうおっしゃってる間

ず~っとエニシダの細かい枝(ヒゲみたいなヤツ)を

一本一本直しているんです

 

数えたらキリがないくらい

沢山ある、細かい枝です

 

『今日はいいわね』って言いながら

一本一本直しているんです

20分ぐらい、ずっと!

 

 

 

 

 

 

本当に恐ろしいなって思いました

 

簡単にお花をいけましたけど

本当に”いける”って

どういうことなのか

 

大したことがないように

思われる方もいるかもしれませんが

 

そういった細かいところに

気がいくかどうかって

ゆくゆくは本当に大きな差ができるのでは

って思いました

 

 

 

 

 

 

まぁ、褒められたから

今日はイイとしましょうか

たまにはね!

 

 

 

 

 

 

第23回池坊教室!8ヶ月目!初夏のカキツバタ!5組の生花にチャレンジ!

 

石原流、花の植栽!『その秘密は池坊にアリ!』飾らず自然のままに

 

横浜市の個人邸08『完成したオシャレな外構』フレンチ・アンティーク

関連記事

  1. 5月が旬の花シャクヤク
  2. 紅葉の根元にコケが植栽されている庭
  3. 3月の研究会の花材での池坊自由花
  4. 杉の板の上にワイヤープランツの丸い葉っぱ
  5. 先生の直しが入った完璧な自由花
  6. 水分不足で一部が枯れたワイヤープランツ
PAGE TOP