• TOP

第30回池坊教室11ヶ月目!『花材から考える三種生』先生も笑顔の一品

先生の直しが入った三種生

早くも11ヶ月が経とうとしている池坊です!

早いですね~花展に出品の話しもあったのですが

仕事の関係で出品できず…

 

それでもコツコツと続けたいと思っている今日です!

 

 

 

 

本日は久しぶりの”生花”(しょうか)です!

生花にはいろいろと約束事がありますが

それらを踏まえた上で自由なのであります

 

第23回池坊教室!8ヶ月目!初夏のカキツバタ!5組の生花にチャレンジ!

 

自由とは”花材”によって適材適所があるってことなんですね!

基本的には7本生けなのですが

それでは弱いと感じたら

本数を増やす必要があるってことになるんです

 

 

 

 

ヘリコニア、オクラレルカ、千日紅

 

本日の花材です!

ヘリコニア ヘリコニア・プシタコラム バショウ科(大きくはバナナなど)現在はオオムバナ科 インド~南アフリカ原産で熱帯植物 常緑多年草 背丈は90センチ程 花期は6~9月 種類のよっては巨大化する
オクラレルカ アイリスの一種 アヤメ科アヤメ属 細く長い葉っぱが好まれ使用される 沖縄で生産 背丈は70センチ程 多年草
千日紅(白) ヒユ科センニチコウ属 多くは熱帯植物の一年草 育てやすく花期が長い 鉢植えが良いが種類によって地植えが可能 花柄は切り戻してあげると綺麗

 

似たような植物がこの世には

沢山ありまして…

判別、名前を覚えるのが大変です~

 

シャガと間違えた菖蒲の仲間

 

この写真でも緑の葉物を

”シャガ”と思っていましたが

先生に確認したら”オクラレルカ”と言うそうな!

 

あまり植物に詳しくないので

どっかで一度は目にしたことがある程度…

熱帯植物で切り花によく使われる

花屋さんが届けくれるのは

切り花として最高、植物の生育の最高の状態です

なので育ちきってない場合もあるので

ネットの写真とかではなかなか出てこない

姿をしていたりします!

 

 

 

 

いつもは生ける前に、先生より

『こんな感じで』と各植物の使い方や特徴など

ご指導をいただいてから、生け始めるのですが

 

今回は割と自由に考えて生けなさいとのこと…

 

とうとう放任主義になられたかと思いましたが

基本的なことをサラっと確認してくださいました

 

 

 

 

そして20分後…

 

先生のご指定を受けず独自で生けた三種生こんな感じに仕上げてみました!

先生からも『綺麗ね』との言葉!

オー!初めてかもしれません~

 

今回の先生による修正は、一つ!

”中心の線が薄い”ってコト

 

 

 

 

専門的に言いますと…

 

真前が弱いってこと

 

それをアツくすると

副が少し弱くなるので

もう一つなびかせたいとのコトでした

 

 

 

 

真ん中にあるヘリコニアの真ん中あたりが

ちょっと寂しい感じがするので

そこにオクラレルカの葉といれなさい!って直しでした

 

そうすると中心部分の緑が濃くなって

左部分が弱くなる感じになるので

一番左に一枚、オクラレルカの葉っぱをいれて

バランスをとってみました!

 

こんな感じの修正をいただきました

概ねはOKみたいで

先生から携帯電話での撮影会となりました~

 

先生のfacebookにも載っています

澤井恭子 池坊『花がたり』目黒教室

 

 

 

携帯電話でいけばなを撮影する場合

水際に注意するべし!とのことです~

 

簡単に言いますと、水を写さないってことですね

一番下の葉っぱと花器を重ならないよう

低い位置から撮るのがコツだそうです!

 

先生のご指定を受けず独自で生けた三種生今回の写真でも

コレはレクチャーを受ける前に撮ったもの

水や剣山など、花器の中が写ってしまっています

お花も葉っぱも花器にかぶっていますよね

 

これはNG~ってコト

 

 

 

 

先生の直しが入った三種生レクチャーをうけた後!アフターです!

 

低い位置から撮影することで

花器の角度が全く違いますよね!

 

こうすると生花の特徴

正面からみると一本にみえるってことが

はっきりしますよね、そして美しいですね~

 

 

 

 

今後はこの撮影の仕方で

生花の美しさもお伝えできればいいですね~

 

 

 

 

 

第31回池坊教室!11ヶ月目!『池坊は理系か文系か!?』先生vs生徒

 

第29回池坊教室!10ヶ月目『まぁまぁ合格点』久々のちょい直しで終了~

 

第23回池坊教室!8ヶ月目!初夏のカキツバタ!5組の生花にチャレンジ!

 

石原流、花の植栽!『その秘密は池坊にアリ!』飾らず自然のままに

 

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 風で鉢が倒れ落ちた葉っぱ
  2. 国分寺市で施工完成した樹脂フェンスと門扉
  3. カーネーションとモンステラの池坊の自由花を東京支部の研究会で発表する
  4. 川辺の石でつくった小さな水たまり
  5. 初心者でもアンティークレンガで簡単DIY!オシャレ花壇をつくる画像
  6. 絶頂期を迎えたアデニウム

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. レンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選画像
  2. 生産農家が語るナチュラルガーデンの芝生4種類と手入れ画像
  3. 国分寺の完成したナチュラルガーデンのためのパーゴラ
  4. お花の定期便ブルーミーライフの花束体験画像
  5. 庭づくりの業者のオススメポイントを紹介する自然の道の画像

プロジェクト一覧

  1. 杉並区で施工したナチュラルガーデンのアンティークレンガの花壇と木製ベンチ
  2. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  3. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  4. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  5. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  6. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  7. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  8. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  9. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事

最近の記事

  1. 2020年最初の東京研究会で白札獲得でスタート
  2. 無肥料プランター栽培を提案する岡本よりたか
  3. 造園会社ぐりんぐりん横田がいけた池坊の自由花
  4. 人気のサボテンがギッシリ入った温室
  5. 庭づくりで迷うタイルと自然石はどっちがいいのか
  6. アメリカのアリゾナ州に存在するコロラド川が流れるグランドキャニオン
  7. 庭づくりの業者のオススメポイントを紹介する自然の道の画像

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP