• TOP

銭洗弁天!カフェ!めぐるツアー|ぐりんぐりん散歩|鎌倉へ第一歩

ぐりんぐりん散歩で訪れた鎌倉の銭洗弁天で洗ったお金

 

ぐりんぐりん散歩二回目の今回は、みんな大好き”鎌倉”へ!

なぜ鎌倉へと言いますと。。。

 

前回の”皇居”と同じく行ったコトないからです!

あとちょっと行きたいなぁって思っていた場所がありまして

様子を見に来ました!

 

 

今回はちょっと余裕ある散歩をと思い

藤沢から鎌倉へ入ることにしました!

 

そうです!江ノ島電鉄『略して江ノ電』に乗るためです。

 

会社がある世田谷から藤沢、藤沢から江ノ電で鎌倉に入りました

藤沢の駅に入ってくる江ノ島電鉄

ちょっと写真がボケてますね。。。

新しい車体と古い車体がミックスされた4両の電車でした。

 

窓から見える旧江ノ島電鉄車両の運転席

私が座った場所からすぐ運転席が!

旧車両ですのですべてがレトロな感じでした。

電車の運転席って本当にシンプルなんですね。

 

江ノ島電鉄の線路

こんな単線の風景が続きます。

今では観光地として凄い人気ですが

住宅地を駆け抜けるこの電車は住人さんの生活電車なんですね。

 

 

 

まずは!何はともあれ”銭洗弁天”に向かいます!

 

 

 

道の途中で見かける銭洗弁天への案内石柱

こういった案内の石柱がところどころに見られます。

フォントがとてもカワイイですね

文字のカタチも色々なのでそれも楽しんで欲しいです!

 

鎌倉の銭洗弁天の入り口の洞窟

こちらが”お金を洗えば何倍にも増える泉”がある入り口です!

正式名所は『銭洗弁天宇賀福神社』

 

天下安泰を願う源頼朝に、巳の年の1185年(文治1)、巳の月、巳の日の夜、「この水で神仏を供養すれば天下は太平に治まる」という夢のお告げがあり建てられたと伝える。その後、北条時頼が銭をここの水で洗い、一家繁栄を祈ったことにならい、人々が銭を洗って幸福利益を願うようになったという。銭洗水は鎌倉五名水の一つ。

鎌倉観光公式ガイド

 

という場所なので”祈り”の場所なのです!

歴史的には一家繁栄は叶ったと考えていいのでしょう

実に800年以上、パワースポットとして存在している場所ということになります!

 

 

 

鎌倉銭洗弁天の入り口の洞窟の出口

完全な手作業で掘ったのか、トンネルが続きます!

 

鎌倉銭洗弁天の入り口のトンネルを抜けた後にある白木の鳥居

白木の鳥居です!

なんで何本も鳥居が必要なのでしょうか。

信仰の強さなのでしょうか?

ちょっと調べましたが分かりませんでした。

 

そもそも鳥居は”神の領域”と”俗世”の門、隔てるものです。

通る前と後に一礼がマナーです。

そして必ず全部通ることと言われています。

 

意外と広い場所にある鎌倉銭洗弁天

以外と広いのですね!

自然の配置がそのままなのでとても面白い配置になっています。

 

さっそく銭を洗いましょう!

 

鎌倉銭洗弁天で銭を洗う際のセット

銭を洗う際は写真のセットを購入する必要があります。

ろうそくと線香はさきに収めましょう!

 

鎌倉銭洗弁天の入り口の岩の支え

いきなり強烈ですね!

まさかの”支え”でしょうか!

それとも”頭上注意”なんでしょうか!

 

鎌倉銭洗弁天の銭を洗う湧き水

抜群の雰囲気です、いつからこのような感じなんでしょうか

かつての800年前はどんな姿だったのか

想像するだけでもどかしい感じです!

 

こちらはお金を洗う湧き水があるところです。

小さな祠もありますので丁寧に行うべきでしょうね。

 

ぐりんぐりん散歩で訪れた鎌倉の銭洗弁天で洗ったお金

洗うべし!

きっとこのお札は大切な時に使うべきでしょうね。

 

 

 

 

鎌倉銭洗弁天の他に見るべき場所

ここには他に見るべき、お祈りするべき場所がたくさんあります。

 

鎌倉銭洗弁天の奥宮

どこも美しい作りになっています。

それほど煌びやかでも大きくもないですが

ここのすべての水が大切にされているようです。

 

鎌倉銭洗弁天の奥宮の泉に見つけたカエルの卵

あっ!カエルの卵!

っと思ってもみない発見がありますよ!

 

写真の真ん中上部の葉っぱ”ヤツデ”にくっついている白い泡。

これがカエルの卵です。

と言いますか、正確には”泡”でその中に凄い数の卵が入ってます。

 

鎌倉銭洗弁天の奥宮のカエルの卵がある泉に生息する錦鯉

卵がかえると泉にオタマジャクシが落ちていくのですが

そこには鯉が。。。

 

 

 

鎌倉銭洗弁天の別の入り口

もう一つの入り口のようです。

こじんまりとしていますが、素敵なまとまり方ですね。

 

凄い世界観がある鎌倉銭洗弁天の入り口洞窟の壁面の植物

先ほどの洞窟から帰るのですが、その全貌です。

シダ、シダ、シダ、シダの壁面!

自然って驚異的ですね~

 

 

 

 

初めて訪れた鎌倉の銭洗弁天でした!

隠れ家的なこじんまりとした場所にいろいろ収められた建屋

やっぱり印象的なのは”水”と”石”

 

800年間パワースポットであり続けた人々の願い。

今では爽やかさが漂うような場所でしたが

当時の様子がしのばれます。

 

この場所がつくられたのは、神の存在を必要とした時代だったからです。

こういった”時間”は大切にしなくてはいけませんね。

 

 

 

ぐりんぐりん散歩の二歩目は”鶴岡八幡宮”です!

言わずと知れた鎌倉観光の代表格!

街を一望するその存在感を楽しみましょう!

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 研究会に望むためのいけばな
  2. 風で鉢が倒れ落ちた葉っぱ
  3. 白いタイルのビルの1階にある観葉植物専門店『REN』のお店とその看板
  4. 新たなチャレンジとして壁面プランターを設置
  5. 岡本よりたか先生の無肥料プランター家庭菜園
  6. 化粧砂利として販売されている現在一番安価な砂利の色んな色を混ぜたもの

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. オシャレな砂利5選の画像
  2. 生産農家が語るナチュラルガーデンの芝生4種類と手入れ画像
  3. 造園会社ぐりんぐりんのsns案内
  4. 庭づくりをどの業者に頼むのか?その見分け方のポイントはたった1つ
  5. トマトの苗づくりの成長過程

プロジェクト一覧

  1. 夏の剪定管理を行った世田谷ガーデンの様子
  2. 杉並区で施工したナチュラルガーデンのアンティークレンガの花壇と木製ベンチ
  3. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  4. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  5. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  6. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  7. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  8. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  9. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム

最近の記事

  1. 横浜市の個人邸の植栽工事
  2. 杉並区で施工した小さな花壇のシンボルツリーと植栽工事
  3. 池坊で初チャレンジの交ぜ生け
  4. 杉並区で行った雑草除去からの植栽お庭づくり
  5. オシャレな砂利5選の画像
  6. 横浜市で施工した芝生TM9の害虫被害発生
  7. 池坊東京支部で開催されている月に一度の研究会の8月開催分

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP