• TOP

第102回池坊目黒教室!3年10ヶ月『攻める!3種生け』

池坊目黒教室で行ったレースフラワーの三種生け

さぁ、2021年初!
池坊目黒教室がスタートしました!

今年はどんな年にしましょうか!?
やっぱり”攻める”年にしたいと思っています
どんどん行動して、さらに池坊を極めたいですね

さらにと言っても
毎年『3歩進んで2.5歩下がる』って感じですがね
少しづつ成長したいと思っています!

と思ったら、先生の稽古場のドアが閉まっていて
外で1時間待ちぼうけというスタートでした(笑)
さすが先生!厳しい方ですョ

花材

レースフラワー

白い細かい花が素敵なブーケに人気のレースフラワー

今回の主役ですね!
ブーケなどで人気の”レースフラワー”です

一年草です、秋に種を撒いて初夏に咲く!
切り花にして、そのままドライフラワーにしましょう

生け花で使う場合は、葉っぱを整理して使いましょう

スプレーバラ

ピンク色のチカラある細かい花が可憐なバラ

小さめの花が素敵ですね!
”スプレーバラ”です

バラと言えど池坊では
レースフラワーの方が”格”が上
今回スプレーバラは脇役です

大型のバラだともちろん主役になれますが
そういった”主役””脇役””サポート”など
役割も考えておかないといけませんね!

オクラレルカ

緑のラインが素敵なオクラレルカ

今回、写真を撮ったらぼやけていたので
以前使った”オクラレルカ”の写真をのせます

スラっとした”ライン”が素敵な植物です
葉っぱの先が”カギ状”になっていますので
その向きと表裏に注意して使います!

生け花の中心より右側が”陰方”といいます
向かって左側が”陽方”
太陽がある方が陽方です

正確には左後ろ45℃の位置です
そこに太陽があると考えて葉っぱや花の向きを考えます

そうなると正面から生け花を見ると
陰方のオクラレルカは裏側が見えて
陽方のオクラレルカは表が見えることになりますね

横田の生け花

池坊目黒教室に通う造園会社ぐりんぐりん横田が生けた花

生ける時間は、約40分ぐらいかかったでしょうか
我ながら丁寧に、今までの学びを活かした生け花!
いいんじゃないのかな!

造園会社ぐりんぐりん横田が生けたレースフラワーの三種生け

横から見たっていいんじゃないですかね
前後の”振り”がありますよね
奥行ってことです

ある程度ボリュームがある池坊の体のスプレーバラ

美しさもある!
このスプレーバラも可憐で素敵ですね
これぐらいの盛りがあっていいでしょう

先生のご意見

  • バラが強い
  • 花数が多い
  • バラの向きが違う
  • バラの並びが違う
  • バラの使い方
  • 花のチカラ
  • 体の高さ
  • 真のレースフラワーの向き
  • 真が弱い
  • オクラレルカの使い方
  • 真後ろの存在
  • 真後ろのオクラレルカのカタチ
  • 副のレースフラワーが面白くない
  • 副のレースフラワーの存在価値
  • 副あしらいのオクラレルカ
  • などなど

少しだけ紹介しましたが
先生のお言葉は1時間ぐらい続きましたよ
それが我が先生なのですね

お直し後

造園会社ぐりんぐりん横田の三種生けをお直ししてくださる池坊目黒教室の先生

ほぼほぼ全直しでしょうか?
そこも直します?
って感じでどんどん先生チェックが入ります

その途中で私が生けたり
また引っこ抜かれたり
この時間は忙しい!

先生の凄さは詳細に表れるような細かい作業

先生の凄さは”バランス”
そして”植物のコントロール”
先生がひとさわりすると、その植物はよく言うことを聞く!

そういった植物を知りつくしている感覚
生け花歴50年ぐらいなのかな…聞けませんがね
それなのに1時間ぐらい直している

お直ししてくださっている、その上
作品としての完成度も求めている
そのこだわり、気持ち、礼儀、役割、意気込み、集中力が素敵!

先生のお直しが入ったレースフラワーの三種生

結果、こんな完成度が高い”作品”になりました!
素晴らしいですね
スプレーバラとか、こんな花数でいいのですね

何回も同じようなお直しをいただきますが
なかなか私のモノにならないのが現実ですね
この先も同じようなご意見をいただくのでしょうね

とても良いレースフラワーの真と副のカタチの関係性

副のレースフラワーが変わりました
個性的な茎を先生は選びました
それが”面白い”のだと

オクラレルカの”なびき”もいいですね
動きがありますね

比較

レースフラワー三種生けの比較

画像の良さは”比較”
実際はひとつしかないので見比べることが出来ませんので
これはいいですね

一目瞭然ですよね
横田が生けたモノ、先生の直しが入ったもの

バランス、ボリューム、動き
すべてにおいて”違い”が発見できますよね
これは私に”完成のカタチ”が見えてないのですね

生け花は花材が渡されます
または自分で花材を選んで用意します

それはどうやって選ぶかというと
”作品の完成”をイメージ出来ているか
出来ていないと左のような生け花になるってことです

まとめ

生け花も実は”デザイン”です
はじめに完成のイメージがあって
その実現のために理想的な花材を集める

花材は自然でライブです
同じカタチは無く、まったく理想的なモノも無い

だから作品づくりは”ライブ”なんです
花材と理想と表現のため、どれだけ戦えるかなんです

戦いというと厄介な言い回しですが
花材を活かせるかどうかは、自分自身との闘い
とも言えますよね

私もまだまだ若輩者ですから
年齢や経験、立場に関係なく
正面からぶつかっていきたいですよね!

ときにはグダグダに砕けますが
この世は”経験”です
それが私たちの本当の財産なんですね

オススメ記事

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 皇居で出会った初夏の季節の花の花菖蒲
  2. 茶花に人気の白いリンドウを使った三種生
  3. オーストラリアの植物で江東区の企業さんの植栽工事
  4. 初夏の燕子花
  5. 日々の暮らしの中で花のある生活スタイルを提案する記事
  6. 世田谷区の個人邸の小さなナチュラルガーデンの庭づくり

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. ナチュラルガーデンの花壇を何でつくる?オススメ素材画像
  2. 初心者でもアンティークレンガで簡単DIY!オシャレ花壇をつくる画像
  3. ウッドデッキのステップのDIYで簡単に作り方の画像
  4. 生産農家が語るナチュラルガーデンの芝生4種類と手入れ画像
  5. ナチュラルガーデンの庭づくりでオシャレなレンガ舗装

プロジェクト一覧

  1. 夏の剪定管理を行った世田谷ガーデンの様子
  2. 杉並区で施工したナチュラルガーデンのアンティークレンガの花壇と木製ベンチ
  3. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  4. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  5. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  6. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  7. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  8. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  9. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム

最近の記事

  1. 造園会社ぐりんぐりん横田がチャレンジしている池坊のいけばなで優秀賞獲得
  2. 南側ガーデンに自然石を設置した世田谷区の個人邸
  3. アルミフェンスから誘引フェンスに設置替えした世田谷区の個人邸花壇
  4. 造園会社ぐりんぐりん求人のお知らせ
  5. 日陰の植栽プランターと世田谷区のガーデンリフォーム
  6. 植栽した世田谷マンションの月に一回のメンテナンス管理
  7. 2020年11月に施工した世田谷マンションの2ヶ月半後の様子

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP