• TOP

土間に樹脂フェンス設置!斫ってアルミ支柱|千葉県習志野市

高さや傾きが揃ったフェンスのためにたてたアルミ支柱

土間に樹脂フェンス設置!斫ってアルミ支柱|千葉県習志野市


 

前回の続きです、コンクリート土間に墨出しして、切れ込みをいれて、斫りました

それをフェンスのアルミ支柱分、11本支柱を立てますので11個穴を斫ります

 

斫り作業が終わったあとの穴

前回ご紹介した穴です

ここにフェンスのアルミ支柱を立てます!

 

フェンスを製造しているメーカーさんから

こういった寸法で基礎を作ってくださいと、キッチリ決められています

一応、その基準を守ることにしています

 

それはメーカーさんも同じですが、万が一のためなのです

最近では台風で倒壊など、大きな被害が出ることも多々あるのです

 

 

 

 

 

 


独立基礎をつかってアルミ支柱をたてる!


 

支柱を立てるためコンクリートで出来ている独立基礎

これは独立基礎というモノです

コンクリート製で中に鉄筋が入っています

 

フェンスの支柱をたてるときに使います

縦、横は20センチほど、長さは45センチあります

 

中心の穴は下に行くほど細くなっています

穴の中にアルミ支柱を立てるのですが

寸法をしっかり測って、良い位置に独立基礎を立てないとアルミ支柱を立てることができません!

 

まずは斫った穴に独立基礎を入れてみましょう!

 

 

 

 

 

斫り作業が終わったあとの穴

穴を掘ったら底に砕石を入れます!

砕石とは砕いた石ってことなんですが

ここでは、0ミリ~40ミリの大きさの砕いた石のコトを指します!

 

 

 

 

 

0ミリから40ミリの砕石

砕石です、穴に入れて基礎の下地に使います

10センチほどいれて踏み固めます

ギュッと締って硬くなります

 

その上にコンクリートなどの基礎をつくるのですが

これはどの建造物でも同じ構造で作られてます

住宅の基礎の下にも、この砕石の下地が使われているのです!

 

 

 

 

 

アルミ支柱を立てるための独立基礎の設置

砕石の上に独立基礎を置きます

高さや位置をキッチリ測って設置します!

水平、垂直、すべての寸法をキッチリ守ります!

 

 

 

 

設置された独立基礎

このような感じで独立基礎を設置しています

このままでは倒れますので、ある程度、コンクリートを流し込んで固定します!

 

 

 

 

 

アルミ支柱のための独立基礎の設置でアルミ支柱を実際たてて様子をみる

コンクリートを流し込んだら、動かせないと思ってください

施工をやり直すのはとても大変ですよね!

ですので実際にアルミ支柱をいれて確認します!

 

 

 

 

 

独立基礎の設置のためにコンクリートを流し込んだ穴

ある程度で良いと思います、が割りとギリギリいっぱいにしときたいですね!

ちょっと柔らかめで隙間まできっちりコンクリートをいれます

コンクリートは砂+セメント+砂利ですね!

 

コンクリートやセメントについてはコチラ

ホームセンターで買える材料!セメント、コンクリート、モルタルの違いと作り方

 

表面の仕上げは、また別のセメント、”ハイモル修正用”と言うのを使います

これは厚みが少ししかない場合に使えます!

ですのでこの時点ではいっぱいまで入れず、少し低めまでにしておきます

 

 

 

 

 

アルミ支柱を立てるために独立基礎をコンクリートで固定する工程

他の穴も砕石をいれて転圧、独立基礎、コンクリートで固定します

 

高さや位置を固定してアルミ支柱の立て方

支柱を差し込んで高さや傾きを整えます

フェンスの支柱は、きっちり他の支柱と高さや傾きが揃っていなければいけません

クランプなどで固定して動かないようにします

 

こんな感じのクランプがいいですね、私が使っているモノと同じです!

先端にゴムがついていて傷がつかないようになっています!

 

場合によっては安い材木で支柱に支えをつけて、しっかり固定します!

何をしてもいいので高さと傾きが揃っていればOKですよ!

水平器を使ってくださいね

長さが30センチの水平器はいろいろ使えますよ!

水平、垂直、ななめ45℃がキッチリ測れます

 

 

 

 

 

アルミ支柱を独立基礎に固定する

独立基礎とアルミ支柱の隙間には、モルタルで固定します

先ほどの独立基礎の固定にはコンクリートを使いましたが、今回はモルタルです

 

隙間が狭いところにコンクリートを流し込むと、砂利が邪魔になって隅々までコンクリートがいきわたりません

ですので砂+セメントのモルタルで隙間を埋めます

ホームセンターで買える材料!セメント、コンクリート、モルタルの違いと作り方

 

 

 

 

 ポイント 

コンクリートもモルタルも、棒や木材などで奥まで突っついて入れ込んでください!奥まで押し込む感じです!

ねっとりしたコンクリやモルタルは途中で引っ掛かって、中に空間が出来てしまいます

その空間や空気を抜きたいので、細めのしっかりした棒で突っつく必要があります

実はこの作業が非常に大切です、強度の問題にもなりますのでしっかり行いましょう!

 

 

 

 

高さや傾きが揃ったフェンスのためにたてたアルミ支柱

全部同じ要領でアルミ支柱を立てます

しっかり固定できていればOKですよ!

 

コンクリート、モルタルを使い分けて

しっかり支柱の高さや傾きに注意して

思ったより大変な作業ですので、一日仕事になりますよ!

 

 

 

 

 

次回はいよいよ樹脂フェンスを付けていきます!

まぁ長さに切ってドリルビスで固定するだけなんですが

写真でご紹介します!

 

 

 

 

 

ひとつ前の穴をあける

コンクリート土間に目隠し樹脂、アルミフェンス設置!千葉県習志野市

 

ほかの樹脂フェンス

ぐりんぐりん施工日誌001『大田区のブロック&フェンス』page.1

 

ほかのアルミフェンス

新宿区・新築個人邸『風が通り抜けるプライベートガーデン』完工です!

 

 

 

TAKUNOBU YOKOTA

自然素材をつかったナチュラルガーデンの庭づくりを提案する、造園会社ぐりんぐりん代表。今の時代に合ったモダンなナチュラルガーデン、植物とお庭があるライフスタイルをオススメしています。現在は都会の中の野菜とお庭の関係を模索中。

関連記事

  1. 都内で有名な園芸会社本店
  2. 花壇の石組みに使うおしゃれ石
  3. 世田谷区で施工した樹木と植物の植栽とディコンドラの種まき
  4. 世田谷のマンションのナチュラルガーデンの庭づくりがスタートした一日目
  5. マホニアコンヒューサのセイリュウを中心とした目隠しプランターの植栽
  6. 横浜市の個人邸の植栽工事

ぐりんぐりん代表:横田拓伸

造園会社grengrenの代表

自然素材のナチュラルガーデンの庭づくりを提案しています!外構からガーデンライフまで皆さんのご相談をお待ちしております!

特集記事

  1. トマトの苗づくりの成長過程
  2. タイルと自然石の比較とオススメの紹介
  3. レンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選画像
  4. 生産農家が語るナチュラルガーデンの芝生4種類と手入れ画像
  5. 簡単にDIYでガーデンパンをつくる世田谷区の庭づくりの実例

プロジェクト一覧

  1. 狛江市の幸せ家族のウッドデッキとウッドフェンスがあるお庭づくり
  2. 世田谷区で施工したローズガーデンの庭づくり
  3. 世田谷区の個人邸のナチュラルガーデンの庭づくり
  4. お庭と駐車場を兼ねた杉並区のナチュラルガーデンの庭づくり
  5. 武蔵野市で施工した子供たちがデッキで遊び果実を収穫できるナチュラルガーデンの庭づくり
  6. 足立区の病院で施工した石材のナチュラルなバリアフリーの駐車場づくり
  7. さいたま市で施工した造園会社ぐりんぐりんが提案するナチュラルガーデンのサンプルガーデン
  8. 目黒区で施工した10年20年後のバリアフリーでお庭を楽しめるナチュラルガーデン
  9. 木更津市で施工したレンガ花壇んと人工芝と夜でも楽しめるガーデンライトのナチュラルガーデン

最近の記事

  1. 病院の石積み花壇と古木オリーブの植栽工事でクスノキの抜根
  2. 足立区の病院でイギリスのコッツウォルズの石材を使って石積み花壇と古木オリーブの植栽
  3. 品川区で施工した人工芝と植栽の新築住宅の庭づくり
  4. 品川区の新築住宅の人工芝と植栽のナチュラルガーデンの庭づくり
  5. 品川区で施工した人工芝と植栽の庭づくり
  6. 品川区で施工した人工芝と植栽の庭づくり
  7. 春に咲く花とその花がモチーフになっている楽曲紹介

お問合せ

赤いメール印のアイコン
PAGE TOP