• TOP

都内で最大級の園芸店の一つ!『渋谷園芸』とても綺麗な店づくり!

都内で有名な園芸会社本店

練馬区にあります。

都内最大級の園芸店!

印象はとても綺麗なお店って感じです

都内最大級の園芸店

新鮮な苗が豊富

お花はかなり新鮮だな~って思います

苗も所狭しと、生き生きとしたものが置かれています!

 

日本でもっとも扱いが多い鉢植えの種類こちらの園芸店で、一つの大きな売りとして

『ウィッチフォードの鉢』があります

伝統工芸の衰退はイギリスでも同じで18世紀後半から進みましたが、鉢植えとしての素焼きはとても重宝されてきました。1976年、ジム・キーリングがイギリスの南部に残っていた素焼きの技術を学び、今でも手作りを守って生産していくチームを形成。今では従業員18人で運営されているチームがウィッチフォードです。

日本最大級のウィッチフォードの鉢売り場

売り場も雰囲気がでてますね!

いい感じです~こちらの扱いは日本一だそうですよ~

 

雰囲気がある鉢植えの売り場手作りですので、とてもしっかりしたつくり!

細かいところまで気が配られています!

 

広い観葉植物売り場観葉植物売り場ですが、商品がとても綺麗です!

葉っぱがとても生き生きしていますよ

 

オシャレな鉢植え売り場白を基調とした鉢植え売り場です!

大きなモノから小さなモノまで

センスを感じる品揃えです!

 

観葉植物のセール品奥の方にはセール品が置かれていました!

ちょっと大きくなっちゃった~とか、ちょっと葉っぱが傷んだ~って

感じのモノだと思いますが!

人気の観葉植物たちなので、格安で手に入れる機会です~

 

大きかったら切っちゃって、仕立て直せばイイですし

葉っぱが傷んだなら、部分的に葉っぱを残す仕立てにすれば

きっとオシャレで元気な観葉植物が出来上がりますよ~!

 

値段がスゴイんですよ~だいたい3000円とか!

驚きのお値段ですよね~

 

 

 

練馬区 『渋谷園芸・本店』

東京都練馬区豊玉中4-11-22

TEL 03-3994-8741
FAX 03-3948-6351

年中無休 元旦のみ休み(年末年始は時間短縮営業)

1月・2月 : 9時30分~17時

3月~11月 : 9時30分~18時

12月   : 9時~18時30分

(季節によって営業時間が変わります)

 

 

 

 

 

IT時代にも必要!?六本木ヒルズの麓『毛利庭園』で癒やし!あれ?

 

都内最大級と噂!練馬区『オザキフラワーパーク』に登場!激広~!

 

西武池袋本店に超人気店が~!『鶴仙園』『誠香園』『日比谷花壇』

 

なじみの三軒茶屋『GREEN FINGERS』植物から雑貨まで!

 

関連記事

  1. ガーデンライト設置したら11月なのに早くもクリスマスっぽくなった現場
  2. 千葉県稲毛市SOLSOプロデュースユニバーサル園芸社のおしゃれガーデン
  3. カシワバゴムより扱いやすい通称バンビーノ
  4. 冬のサボテン・多肉ビックバザールでゲットしたアガベ達
  5. レンガ、石、枕木の道をDIYで作るサイト画像
  6. 貝塚造園の若手のチームに参加したコンテストガーデン

特集記事

  1. 造園会社ぐりんぐりんのsns案内
  2. ウッドデッキのステップのDIYで簡単に作り方の画像
  3. オシャレな砂利5選の画像
  4. 初心者でもアンティークレンガで簡単DIY!おしゃれ花壇のつくり方の画像
  5. 国分寺の完成したナチュラルガーデンのためのパーゴラ

プロジェクト一覧

  1. 全体のバランスを重視した武蔵野市のナチュラルガーデンの全景
  2. 完成した足立区の中央本町耳鼻咽喉科の駐車場
  3. さいたま市中央区の自然石がある植物を楽しむ庭づくり
  4. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  5. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  6. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  7. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  8. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事
  9. 軒下の最小スペースを使ってお客さんが楽しむ箱庭のお庭づくり

最近の記事

  1. オーストラリア産の樹木の植栽
  2. 池坊目黒教室でいけたボケと小菊の生花
  3. 山積みになったアンティークレンガ
  4. 全部が抜根されるなか一本だけ残されたフェイジョア
  5. ご予算に合わせた世田谷区の個人邸の第二プラン
  6. 植物が自由にはえすぎているお庭
  7. 造園会社ぐりんぐりんのsns案内

お問合せ、ご相談

お庭づくりや記事に関する

 

お問合せやご相談は

 

コチラの”ご連絡フォーム”から!

PAGE TOP