• TOP

今がピーク!旬の花!『明治神宮の花菖蒲』開花中!人気スポット!

明治神宮の約150種類の花菖蒲

やっと訪れることができました!

『明治神宮の花菖蒲』

今が旬の真っ盛り~!とても盛り上がっています!

 

 

 

明治神宮にお参りに行く方も!

代々木公園に行く方も!

清正井に行かれる方は通り道ですね~!

 

明治神宮

 

大切な人と一緒に明治神宮に

行く途中に発見しました!

明治神宮の旬の人気スポット

『花菖蒲開花中』の看板

一度も行ったことのなかった

この特別な場所!

 

 

 

以前、パワースポットとして人気だった

『清正井』がある場所と同じで

500円の御苑維持協力金が求められる

特別な場所なんですね~

 

 

 

いつもこちらの前を通ると

入場待ちの列、列、列!

 

 

 

ミーハーな気持ちを抑え

いつか行こうと狙っておりました!

 

 

 

今日は特別な日に加え

朝早く、人もまばらな様子でしたので

勇んで入場~!

 

感想としては

『今日、行けてよかった~!』

本当に行けてよかったです!感動した!

人にもオススメしたい場所です!

 

 

 

ポイントは『朝早く!』です

 

 

 

もともと自然が好きな我々は

明治神宮と代々木公園を目指してました

 

代々木の杜の歴史について

 

渋谷のハチ公口、駅前広場にある

『ハチ公前花壇リニューアル、石原和幸』を拝見!

それから徒歩で原宿に向かいました

 

こちらの花壇は2015年4月18日にリニューアル完成!

セレモニーが行われました

 

すでに2020年の東京オリンピックを見越しての

渋谷区と協力してのコトだそうです

 

石原和幸の夢ブログ

 

それから原宿までは

徒歩15分ぐらいでしょうか

土曜日の朝としてはまだ早く

人もまばらな状態!なんか得した気分~

 

 

 

明治神宮の原宿口から入り

わりとすぐに御苑の入り口を発見しました!

 

やはり花菖蒲の旬の時期なのか

けっこうな人が入り口から入っていってました!

 

私達はすぐ入ることを決断!

イイ判断でしたね~

 

 

「うつせみの 代々木の里は しづかにて 都のほかの ここちこそすれ」

明治天皇がこのようにお詠みになりました御苑は

江戸時代初期以来加藤家、井伊家の下屋敷の庭園でした

明治時代に宮内省の所轄となり、代々木御苑と称され

明治天皇、昭憲皇太后にはたびたびお出ましになられた

ゆかりの深い名苑です

 

 

 

そしてすぐにこの景色!

色とりどりの睡蓮とてもカラフルで可愛い睡蓮ですね

けどちょっと遠い…

 

満開な睡蓮近くのを発見!

薄い黄色が可憐です!

 

 

 

皇后のための建物反対側は隔雲亭(かくうんてい)です

この睡蓮が浮かんだ南池を一望ですね~

 

小高い斜面の芝生の庭になっていて上に隔雲亭があります

元の隔雲亭は明治天皇のご意向により

皇后のために建てられましたが戦災により焼失しました

現在の隔雲亭は昭和33年(1958)に再建したものです

 

 

 

それから『菖蒲田』ですね

管理される方が2人でお世話してらっしゃいました

 

本日、6月20日で2899輪開花中らしいですよ!

明治神宮御苑の人気スポット

 

 

御苑の花菖蒲

 

ちゃんと数えてるんですね~

大変そうです!

 

 

 

こちらの花菖蒲は明治天皇が

昭憲皇太后のために植えさせたそうです

今では150種1500株あるそうです!

 

 

 

その奥にあるのが『清正井』

朝早くの井戸水温は四季を通じて15度前後と一定

毎分60リットルの水量があり

加藤清正が自ら掘ったとされています

 

こちらは湧き水の井戸です

この水で菖蒲が満開に育つそうです!

すごいですよね~

 

少ししか水が出ていないように感じましたが

チリも積もって菖蒲が3000輪程咲く!

 

 

 

こうして明治神宮にお参りに行きました!

とても気持ちのよい日でした!

早起きは三文の得といいますけど

まさに!

 

大切な人が誘ってくれたので

ダブルで嬉しかったです!

また行くよ!

 

 

 

 

ハートの葉っぱが可愛い!『フィカス・ウンベラータ』おしゃれ~!

 

 

第23回池坊教室!8ヶ月目!初夏のカキツバタ!5組の生花にチャレンジ!

関連記事

  1. いけばなの初夏の花材
  2. 先生のお直しが入った生花
  3. 人気庭園の日本画みたいな入り口
  4. テンションが上がる展示会港区六本木の国立新美術館で開催中の安藤忠雄展ー挑戦ー
  5. 店内の花屋さん
  6. 良いお値段がするイギリスの石
PAGE TOP