fbpx
  • TOP

ぐりんぐりん施工日誌001『大田区のブロック&フェンス』page.2

寒い時期に行うコンクリート打設は凍結防止の不燃布をお布団にする必要がある

今回のコンクリート打設にはとても注意が必要です。

第一に”季節”!

 

一年で一番寒い時期です。水は凍結します。

当然、コンクリートの中にも水分は入っています。

それが乾かないうちに凍ってしまうと、コンクリートは割れてしまいます!

 

割れたコンクリートは十分な強度を発揮できません!

 

ですのでこの寒い時期にコンクリートの打設を行う場合は

なるだけ一日の早い時間に行って

日が暮れる前にはやく乾かすことが大切です!

 

それでもこの時期のコンクリートは乾きません!

ですので日が暮れる前に、凍結防止の不燃布をお布団代わりに使用します。

 

L字型基礎コンクリートの下部分の打設が終了した写真

こちらはL字型コンクリート基礎の下部分を打設したところです。

しっかり隅までつめて表面は軽くコテでなでたところです!

 

鉄筋が何本か見えますが、これがブロックの間に入ります!

下の基礎とブロックがこの鉄筋で連結されることになります。

そうすることで強度がしっかり保てるのですね!

 

コンクリート打設が終わった後凍結防止で不燃布をかぶせたところ

そのあと、これはお布団”凍結防止の不燃布”をかけたところです。

厚めの繊維で織り込まれたものですが、本当に毛布みたいな感じです。

 

風で飛ばないように、隙間がないようにしっかり押さえておきましょう!

 

寒い時期に行うコンクリート打設は凍結防止の不燃布をお布団にする必要がある

3日後~

 

世田谷区の他の現場に行っていたので、3日間空きました。

ですので寒いとはいえ、コンクリートはしっかり固まっていました!

割れることなく、綺麗でしたね。よかったです!

割れてしまたらやり直しですからね~。。。

 

 

次の工程は”L字型基礎の上”の部分ですね!

この部分は15センチの幅のブロックより、ちょっと広めにコンクリートを打つ予定です!

 

 

ではまたご報告します!!

 

ぐりんぐりん/grengrenではお庭全般を施工することができます!

すべての過程をノンストップで一貫して施工することで

予算を抑えることもできます!

 

東京都大田区ではこういったブロックとフェンスの施工を多数おこなっています!

 

それと同時に樹木や植物の植え込みも、デザインから行っています!

一貫して行うことで、当然ですがデザイン的にも統一感が生まれますので

完成度が高くなりますね!

 

大田区の新築のお庭では、ぐりんぐりん/grengrenのように一貫して

すべてをデザインから施工まで行える会社を選んだ方がいいですね!

 

 

次⇒ぐりんぐりん施工日誌001『大田区のブロック&フェンス』 page.3

関連記事

  1. 先生の修正が入った池坊の自由花
  2. コンテストの庭の前のデザイナー
  3. 12月の花材の連続白札の池坊自由花
  4. 杉の板の上にワイヤープランツの丸い葉っぱ
  5. センターピースとしていけられた池坊目黒教室の先生の生け花
  6. 人気の落葉樹

特集記事

  1. 造園会社ぐりんぐりんがオススメするレンガでナチュラルガーデンの庭づくり7選!の画像
  2. 造園会社ぐりんぐりんが提案オススメするナチュラルガーデンの庭づくりのサイト画像
  3. イングリッシュガーデンの原型と言われるコッツウォルズ地方の街並みを背景とした造園会社ぐりんぐりんのブログ画像

プロジェクト一覧

  1. 既存の材料を主に使いまわした施工費を抑えた庭づくり
  2. 石張りを全面に敷いた目黒区の個人邸のガーデン工事
  3. 新設で設置したガーデンライトが素敵な花壇のあるお庭
  4. お庭に出たくなるような公園風ガーデンを目指したガーデンリフォーム
  5. アルミ製のフェンスとレンガの花壇工事
  6. 軒下の最小スペースを使ってお客さんが楽しむ箱庭のお庭づくり
  7. 物語が始まりそうなナチュラルガーデン
  8. 一軒家の階段をあがり二階正面に広がるバルコニーをリゾート式のバルコニーガーデンに施工
  9. お客様のご希望で制作した花壇スペース

最新情報や更新報告のお知らせ!

最近の記事

  1. 畳敷きから床板にDIYで改装した世田谷区奥沢にあるシェア奥沢の広間
  2. 世田谷区の個人邸のシェードガーデンの植栽工事
  3. 植物が育つ固定したアンティークストーンの石畳
  4. 夏の男花展2019のための習作
  5. グランドカバーとしてのディコンドラ
  6. 東京都小金井市にある素敵な小さな山の斜面
  7. 江東区の個人邸で施工したレンガ花壇と人工芝のドックランと植栽

お問合せ、ご相談

お庭づくりや記事に関する

 

お問合せやご相談は

 

コチラの”ご連絡フォーム”から!

PAGE TOP