fbpx
  • TOP

grengren施工日誌001『大田区のブロック&フェンス』page.1

急ぎの仕事で大田区のブロック&フェンスを施工します

急に連絡がありまして、急ぎでブロック&フェンスの施工をお願いされました。

どうやら現場で上手くいかなかったらしいですね~

 

まぁとにかく何でも対応するのが,我々ぐりんぐりん/grengrenの柔軟性ですので

さっさと作業開始です!

 

 

今回の施工は3段の化粧ブロックを積みます!

そのうえに1m50cmの人工木のフェンスを施工します!

 

まずは一番大切な”基礎作り”からですね!

 

 

急ぎの仕事で大田区のブロック&フェンスを施工します

地面に砕石がバラまかれていたんですが

どうやらフェンスを立てずに、全面駐車場にしてしまう予定だったらしいですね。

ですので基礎をつくるため、砕石をどかして地面を深く掘ります!

 

 

ここで最近の問題でもあるんですが

一体、どれだけ頑丈な基礎をつくるかってことです。

写真のお隣さんのブロック&フェンスは基礎が15センチぐらいしかありません。

しかも土留めとしての機能も持ち合わせています。

見えないところで”ひかえ”を持たせているかもしれませんが…。

 

近年の基準では、まったく強度がたりません。

そのため地震や老朽化で事故が起こる場合ことも

今では普通によく聞きますね。

 

今回は強度をしっかり持たすため

L字型で深さも40センチもたせました。

そのうえにコンクリート土間ができるので

大きな地震が起こっても、やすやす倒壊することは考えにくいですね!

 

 

基礎幅を40センチもたせた強固な基礎

L字の幅も40センチとっています!

この半分はブロックがのってきますし

手前の半分は駐車場のコンクリート土間が上にできます!

 

 

L字の基礎を打つ用意ができた現場

基礎を打つしたに、砕石を15センチいれました!

あとは明日の生コン車が来るのを待つばかり

天気も晴れの予定ですので、問題ないでしょう!

 

 

次回はL字基礎の生コンクリートを打設します!

関連記事

  1. 個人宅に敷かれた人工芝
  2. 寒い時期に行うコンクリート打設は凍結防止の不燃布をお布団にする必要がある
  3. 2019年吉方とされる方向にある一の宮にある鹿島神宮
  4. 全然成長がみられないちびガジュマル
  5. 初心者が生けた生花
  6. カシワバゴムより扱いやすい通称バンビーノ
PAGE TOP