横尾忠則『HANGA JANGURU展』町田市立国際版画美術館

町田市立国際版画美術館の案内板に赤い下地で『hangajungle展』と黒のゴシック体で書かれた案内ポスター TOP

 

お庭のお客様より

横尾忠則さんの版画展の招待券をいただきました!

 

高い木々の街路樹とレンガ調の歩道と道路が奥のレンガ調の建物まで続いている風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までなかなか拝見する機会がなかったりして

作品にふれることがなかったので、とても楽しみにしていました!

 

 

ガラス扉があるレンガで建てられた施設

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お庭とはちょっと離れていますが

デザインや感性といったところはとても大切ですので

良いモノはジャンルと問わず、体験しておくことです!

 

『町田市立国際版画美術館』と記されたレンガの壁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ましてやお客様からいただいたこの機会ですからね

少しでも感謝を込めて、ご紹介したいと思います!

 

大理石の床と二階への階段の壁に版画展のポスター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果から言いますと、とてもよかったです!

 

 

 

 

 

白の壁に男性のモノクロ写真が展示されている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『横尾忠則』

 

 

 

1960年代にアンダーグラウンド演劇のポスターをエロスと妖しさがただよう総天然色のデザインで制作して以来、グラフィズムによって時代の流行をつくりだし、日本文化をリードするデザイナーとして注目を浴びた。それ以後、「時の人」としてさまざまなメディアに取り上げられるが、その一方で「HANGA」の制作にも積極的に取り組んでいく。1982年に「画家宣言」を発した後も、ペインティングと併行して版画の枠を超えた作品を制作し続けている。

 

本展のキーワードは、「HANGA」と「JUNGLE」。世界的に通用する「HANGA」という英単語の使用には、伝統的イメージが付随する「版画」とは違う、「超版画」であるという意味を含ませた。また「JUNGLE」は、横尾の表現の多様性とジャングルのイメージを重ね合わせたキーワードである。直感と衝動によって森羅万象を描いた作品群は、生物の共生によって多様で複雑な生態系を形成する、原始のジャングルを想起させるだろう。

 

同展はこれら2つのキーワードに沿って、横尾忠則の「HANGA」群を「JUNGLE」のイメージで壁面を埋め尽くすように展示し、「HANGA」の群生による驚異の表現世界を出現させることを目指している。その空間からは、思考や論理を重視したモダニズムに抗う横尾の創作姿勢の今日的な意義や、現代版画の未来を予見することさえできることだろう。

 

 

 

 

 

白の壁に展示された南国で上半身裸体の女性がポーズをとっている八枚一組の絵画が色違いで二種類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左『Blue Wonderland』  右『Red Wonderland』

 

 

 

白の壁に縦二列、横六列展示されたカラフルな版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『風景No.1~No.18』

 

 

 

白を基調とした館内に展示されたカラフルな版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場の様子

 

 

 

白の壁にブッタを模したような版画が縦二列、横八列に並んでいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『聖シャンバラ』シリーズ

 

 

 

白の壁にカラフルな版画が六枚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左上『ターザンがやってくる 緑』  左下『ターザンがやってくる 青』

右『Family』シリーズ

 

 

 

白の壁にランダムに並べられたさまざまな絵画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画家宣言時代の作品

 

 

 

女性のボディビルダーがポーズをとっているカラフルな二枚の版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左 『Lisa Lyon in Izukogen, March 23, 1984-Ⅰ』

右 『Lisa Lyon in Izukogen, March 23, 1984-Ⅱ』

 

こちらはとっても力のある版画でした。

パッションといいますか、本当に『力』を感じる作品

とても圧倒されます!

 

 

 

白を基調とした館内の壁に並べられているカラフルな版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館内の様子

 

 

 

二枚の黄色と青と黒色の基調でデザインされたミロのヴィーナスが描かれた版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左 『Roger and Angelica Ⅰ』

右 『Roger and Angelica Ⅱ』

 

 

 

 

カラフルな色彩のさまざまな人物とモノがデザインされた二枚の版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラフルな色調でいろいろな人物、モノがデザインされた二枚の版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗めの色調でデザインされた二枚の版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上から5作品 『龍の器 Ⅰ~Ⅴ』

右 『あなたは幸せの準備が出来ていますか』

 

 

 

『龍の器』シリーズはとてもひきつけられる作品群です!

詳しくは分からないけど、ともかくセンスを感じますし

人を引き付ける魅力のある作品です!

 

 

 

女性と三頭の駱駝がデザインされたカラフルな版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『夢見る駱駝』

 

 

 

白い壁に展示されたポップな女性がデザインされた二枚の版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上 『古今物語 モナリザ』

下 『古今物語 よだれ』

 

 

横尾さんと言えば、この二点はよく知られていますかね。

とてもポップな作品です!

感覚が若いというか、新鮮な感性がすごい!

 

 

 

 

横尾忠則『抱擁』『親藩版・薔薇刑』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左 『抱擁』

右 『薔薇刑』

 

 

 

 

後半のコーナーは主にポスターなどでした。

 

 

 

 

私、横尾忠則さんとは仕事で何度か

お話しさせていただいたコトがありますが

普段はとても気さくな常識的な方でした。

 

 

 

 

もっと破天荒なパッションの方なのかと思っていましたが。

 

 

しかし、ご自宅はジャングルのようなお庭

そして赤とピンクの建物で

ご本人「イイ色だろ~」っておっしゃってました~!

 

 

 

今回の展示会で横尾忠則氏の作品にふれ

全てではないにしても、とても魅力的なひきつけられる作品があることを知りました。

まだまだこの世には自分の知らない、大きなモノがあるのだと再確認できました。

 

 

 

横尾忠則さんはスゴイ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料お見積り、お庭に関するお問い合わせはコチラ

03-6411-8568
年中無休 営業時間8~19時