川辺の石でつくった小さな水たまり

TOP ガーデン 公共、他 庭園 施工実績

横浜市の幼稚園03『花壇と水たまり』小さな小さなビオトープを計画!

2017年8月7日

引き続き、横浜市の幼稚園の現場です!

本日ご紹介するのは『小さな水たまり』です

 

水道設備を使って水を循環させる池をつくるのは

とても大変です

費用もけっこうかかります

 

そこで”水たまり”をつくることになりました!

いつもキレイな水があるわけではないですが

少しの水があれば、生き物は生まれます

 

小さな生き物が生まれれば

大きな生き物が寄ってきます

植物も発生し、成長します!

 

その循環が『ビオトープ』なのです!

 

 

 

ビオトープを観察するステップ水たまりを観察できるステップを設置!

水たまりなので、カラッカラにならないよう

水を補充してあげる必要もでてきます

 

ビオトープを楽しむ仕掛けおもしろい空間ができるとイイですね~!

 

水たまりに使っている石は

実際に川辺から採取した石です

流されて角が削れ、丸くなっています!

 

それでも平らな面があるモノを、選別して使用しています

状態が良い素材を、正しい技術で施工すると

確実に良いモノができます

 

良いものは長持ちし、手直しする必要もなくなります

それが伝統になるのですね

 

今回の”水たまり”は日本の伝統です!

 

 

 

この幼稚園には”イギリスの伝統”も存在しますね~!

 

コッヅウォルズの石と石組みを使った花壇イギリスのコッヅウォルズ地方の”石”と”技術”です!

『ドライ・ストーン・ウォール』と呼ばれています

完成しましたので、土を入れて花壇の完成です~!

 

また後日、植物を植えて

仕上げていきます!

 

 

 

 

横浜市の幼稚園04『低木、花木、草花の植栽』真夏の花は希少!貴重!

 

横浜市の幼稚園02『再びのドライ・ストーン・ウォール』円形花壇!

 

横浜市の個人邸01『ドライ・ストーン・ウォール』イギリス式の石積み!

 

忙しい大人達!小さい子供達!のためのお庭!『人工芝』2日間の施工!

 

石原和幸チームに参加!イギリス・チェルシーに乗り込みます!!

 







CATEGORIES & TAGS

TOP, ガーデン, 公共、他, 庭園, 施工実績, , ,

Author:




最近のコメント