石原流、花の植栽!『その秘密は池坊にアリ!』飾らず自然のままに

石原流花の植栽 TOP

引き続き、岩手県の安比高原での仕事です!

本日はカフェの庭の植栽が中心となります

こちらでは『石原流の花の植栽』が存分に拝見できます!

 

植栽が終わった庭手前側が駐車場、奥がお店の建物です

階段で上がる感じになっていて床の高さが違うんですね

それで庭部分は石組みを行い、階段状の花壇になっています!

 

関東より南側でしたら、この石組みで乾燥系の植物をつかって

アガベとかユーフォルビアなど乾燥に強い感じで

『砂漠の庭』にしてもOKな感じですが~

 

安比高原はスキー場があるくらいで

2メートルぐらい雪が積もるらしいです!

なので当然、植物も耐寒性が強いものになってきますね

 

学びと遊びのあるリゾート APPI

 

連続するカフェの植栽同じ場所から道路側を撮ったところです~

とにかく広い!都心ではなかなか見られない広さです!

道路側は庭に通路が作られていて

ゆっくりと花などを楽しめるようになっています!

 

乱張りが素敵な庭庭への入り口です!

乱張りがいいですね~

石原流の植栽は花壇を横から見たときに

分かることもあります!

 

まず道に植物がはみ出している!

なんなら斜めに植栽されている!

 

道は真っすぐですがそのラインを消したいとのこと

石原和幸さんは真っすぐがあまりお好きではなく

なるべく曲線をつくろうとされるんですね!

 

『自然界に直線はない』ということなんですね

自然に近いお庭をつくられる方ならではです

 

多様な植物がランダムに並ぶ花壇

石組みの植栽植栽の際、他と違うポイントとして

背の高い植物が前に来る!ってこともあります

 

通常ですと花壇の奥が背の高い植物

手前は背の低い植物を植えて、階段状にして楽しむ!

ことが多いと思います、またそうなっているのを見かけます

 

ところが自然に近い植栽をする石原流ですと

将来背の高くなる樹木を、前線に植えることもあります

植物界も競争ですから、光が当たらなくて、栄養が取られて

枯れていくモノもでてきます

 

それは自然の法則なんですね、人工的な計算ではないのです

それこそが石原流なんです、自然はどうなっているのか?

それを知ることが、石原流を知ることなんですね

 

またそれは、いけばなの池坊の考え方でもあります

特に、このブログでも何度か登場している『生花(しょうか)』

お伝えしている、『出生(しゅっしょう)』をいけるってコトなんです

 

出生とはその植物がどこに、どうように生えているかってことなんです

自然の中でのその植物の在り方、なんですね!

 

いけばなの源流 池坊

 

難しいようで、とても単純な考え方だと思います

けど、いざやろうと思うとできないんですね~

つまり、自然を知らない、植物を知らない、欲、理性、常識、など

いろいろなものがシンプルな規則を、難しく考えてしまうんですね~

 

人って複雑ですね~!

修行あるのみって感じですね

 

明日の仕事、切り株周りの植栽明日は『池の入り口の植栽』から始まります!

この切り株とモミの木は、本日植えました

これが植栽によってどう変わるのか~楽しみですね!

 

 

 

途中参加です~『ホテル安比グランド』のお庭!!石原和幸デザイン!

 

石原和幸デザイン!人気スポットの緑化!『ラ・フェンテ』『テノハ』

 

第26回池坊教室!9ヶ月目!『高い花の出生をいける』変化の生花!

 

キッチリこなします!公共の剪定仕事です!本日は川崎市宮前区~!

 

無料お見積り、お庭に関するお問い合わせはコチラ

03-6411-8568
年中無休 営業時間8~19時